「ほぼ日」には、まいにちたくさんのメールが届きます。
みんなで読んで、
「この感想はうれしいなぁ」とか、
「なるほどこういうご意見も」とか、
「このばかばかしさは素晴らしい!」なーんて、
しょっちゅう、よろこんだり、びっくりしたりしています。

「これ、乗組員だけで読んでるのはもったいないよねぇ」
というようなお便りは、
ときどきここでご紹介していきますね!

今日のダーリン「夢に手足を。」(2)

 

こんにちは。です。
前回に引き続き、
1月27日(水)、28日(木)に
「今日のダーリン」に書かれた言葉
「夢に手足を。」について
寄せられたメールをご紹介します。

夢を追っている人、
夢を追う人のそばにいる人、
夢と言われてもピンと来ない人。
いろいろな立場から、
もったいないほど率直に書かれたメールを
ぜひお読みください。

前回に続き、
二日間の「今日のダーリン」を掲載し、
続けてみなさんからのメールをご紹介します。

・「ほぼ日」って、なにをしている会社なんですか。
 そう言われたときの、なにかいい答え方を考えていた。
 ずっと考えていた。あえて言えば17年以上。
 それをことばで言えたほうがいいだろうとは思っていた。

 「Only is not Lonely」が、
 「ほぼ日」をスタートさせたときのことばだ。
 なにをしている会社なのかは言ってないけれど、
 そういう思いで、インターネットの新聞をはじめた。
 しばらくして、必要にあわせてとりあえず、
 「ゴキゲンを創造する中くらいのメディア」と記した。
 まったくまちがっていないし、十分とも言えることばだ
 ‥‥ただ、おもしろくない。
 陰影がないというか、寸法が合いすぎている。
 いつまでも「ゴキゲンを創造する中くらいのメディア」
 なのか、というと、そういうことでもないように思う。
 だから、いつしか、このことばは前に出されなくなった。

 やがて、「やさしく、つよく、おもしろく」
 というぼくらの姿勢を言うことばができた。
 あくまでも、やさしく、つよく、おもしろく、
 という順でないといけない。
 人格はやさしくで、お役に立つにはつよくが必要で、
 価値を生み稼ぐにはおもしろくなくてはならない。
 この姿勢を表すことばは、しばらく使っているけれど、
 なかなか朽ちないので、このままいけそうだと思う。
 しかし、これでは「なにをやる会社なの?」
 という質問に答えられてはいない。
 
 あんまりぴったりのことばがあったら、
 それは、きっと鋳型として役に立つとは思うのだ。
 おそらく流通や保存には便利になるだろうけれど、
 もっとやわらかな、じぶんの頭をつかう余地のある
 そういう「うちは、こういう会社です」がほしかった。
 ない答えを探しているような気持ちで、十数年経った。
 そして、昨日、これだと思う答えが見つかった。
 夢に手足を。
 これが、ほぼ日刊イトイ新聞をつくっている
 株式会社東京糸井重里事務所のやることです。 
 
今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
社内の人たちに話すことを、先にここで文字に書きました。

 (2016年1月27日「今日のダーリン」より)



・昨日のこの場所で、
 株式会社東京糸井重里事務所が
 どういうことを考えて、
 どういうことをしていく会社なのか、
 やっとことばになったということをお知らせしました。
 そしたら、ずいぶん反響がありました。
 唐突に生まれたことばに、
 たくさんの拍手をもらったようで、
 とても、うれしかったです。
 
 実は、あのことばには、もう少し続きがありました。
 たった五文字のことばの、余韻のように書いたものです。
 社内で配ったその続きについても、
 ここでお分けしておこうと思いました。 
 
夢に手足を。

 夢には翼しかついていない。
 足をつけて、
 歩き出させよう。
 手をつけて、
 なにかをこしらえたり、
 つなぎあったりさせよう。
 やがて、目が見開き、
 耳が音を聞きはじめ、
 口は話したり歌ったりしはじめる。

 夢においしいものを食べさせよう。
 いろんなものを見せたり、
 たくさんのことばや歌を聞かせよう。
 そして、森を駆けたり、
 海を泳いだりもさせてやろう。

 夢は、ぼくたちの姿に似てくるだろう。
 そして、ぼくらは、夢に似ていく。
 夢に手足を。
 そして、手足には夢を。

・手足を持てぬままの夢は消えていくし、
 夢を持てぬままの手足は、切ないです。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
感想をください。みんなが、とても読みたがっています。

 (2016年1月28日「今日のダーリン」より)



メールアイコン 私は介護が8年つづいています。
終わったらやりたいこと、
行きたい所など、
ノートに綴っています。

自由に解放されるのが私の夢です。
具体的にどうなるのかというのは、
施設の順番が回ってくることなのです。

私は我慢強く、
一人っ子なので分け合う人がいなくて、
主人には自分の親なので
遠慮しています。
唯一社会福祉協議会のデイサービスや、
ショートステイが救いの手です。

いつか、私の夢‥‥
解放された暁には、
と、飛行機雲を見る度に、
いつかあの飛行機雲みたいに、自由に
と見上げます。

夢はひょっとしたら
見えない儚いものかなと
実感していました。

夢で終わるのかな、
私の方がダメになるのかな、
夢はしぼむのかなと。

でも、夢に手足があるのなら、
きっと動き出す。
回り出す。歩き出す。

そういう具体的な夢に近づくことを
実感できる気がしてきました。
(D)



メールアイコン 私の働くデイサービスに通う
100歳のお年寄りの夢は、
5年後の東京オリンピックを見る事と、
開通したリニアモーターカーに
乗る事です。

そのために、
ウォーキングマシーンで歩いたり、
トレーニングマシーンで腕を鍛えたり‥‥。

ちょっと前の私は、
そういう100歳が
思いもつかなかったんですが、
今のお年寄りってみんな元気ですね。

私も5年後に105歳のお年寄りと
オリンピックの話をするのが
楽しみになりました。

5年後のほぼ日もほぼ日の皆さんも、
どんな面白い事を
しでかしてくれているか、
楽しみでもありますね。

(♪ゆづまま♪)



メールアイコン 私は、ものごとの理解に
時間がかかる人間なので
まだまだ糸井さんの想いを
自分の中で完全に理解できていません。
ただその中で、
この2行が自分の心に刺さりました。

 ・手足を持てぬままの夢は消えていくし、
  夢を持てぬままの手足は、切ないです。

あぁ自分のことだ。と思いました。

自分にも、
大なり小なりいろんな夢があります。
が、その夢に手足を持たせることを
何一つしていない。

一方で、自分の手足は夢を持たぬまま
日々をこなすことに、
いっぱいいっぱいになっている。
もっと言えば、日々の中に
夢が隠れているかもしれないのに
見逃している(見つけようともしていない)。

「どうせどうせ」と
言っている人のところに
夢は降りてこないし
「どうせどうせ」と
言っている人が抱く夢は
「妄想」の域を飛び出すことはない。

当たり前のことに
気付かせて頂いた気がします。

自分の夢に小さくても
手足をつけられるよう考え、工夫し、
自分の手元足元に
隠れているかもしれない夢は見逃さず。

今日も一日がんばります。

(H)



メールアイコン 私は、中学校の教員をしていて、
3年生の担任をしています。
生徒はいま、入試の真っただ中。

進路選択の時期になると、
生徒たちはいわゆる
「現実」を見つめます。

自分の学力、家庭の経済的な状況、
大学進学率、模試の偏差値‥‥
どれも人の力を捉えるものとしては、
ほんの一部でしかないけれど、
「そんなの意味がない」と
断言することもできず。
生徒によっては、
これまで自由な発想で
思い描いていた夢を、
無理矢理に現実と
折り合いをつけたりしています。

夢と現実、
この2つは対立しているようで、
生徒たちに
「自分の夢について
 どう考えると良いか」
その伝え方にいつも迷います。

そんな時に、昨日のほぼ日で
「夢に手足を」という言葉を見ました。

「夢に手足を」もたせていく過程は、
夢物語を追うのとも違うし、
現実のために夢をあらめることでもない。
自分の中でストンとおちた気がしました。

私も「夢に手足を」もたせるお手伝いが
できるように、
生徒と関わっていきたいと思います。

(おくはら)



メールアイコン 『夢に手足を。』

いいですね。
お恥ずかしい話、
私にはこれといった夢はありません。

漠然とこうなったらいいな‥‥
みたいなことはありますが
妄想の域を出ません。

家事と仕事と子育てで
時間に追われてるからかもしれません。

でも少し考えてみようかと思いました。
今年50歳になる私に
夢は持てるのか、
手足をつけられるのか‥‥

『夢に手足を。』ほぼ日刊イトイ新聞。

ゴロがいいと思いました(^^)

(エレマム♪)



メールアイコン 「夢に手足を。」
素敵な言葉ですね
今、受験勉強真っ只中なのですが、
志望校に入れるかどうか
不安でいっぱいでした。

寝不足もあり、
少し不安定になっていましたが、

「心配しているばかりでは
 何も始まらない、
 自分で夢を歩かせろ!」

と叱咤激励されたように感じます。

相変わらず状況は厳しいのですが、
まずは勉強して
夢につけるための手足を
作っていこうかなと思います。
(m)



メールアイコン 弟の話なんですが、
聞いてください。

私の52歳の弟は
難病で体がうまく動きません。

そのうちに、薬も効かなくなります。

弟の夢は、病気を治すことでした。

いろいろと試みていたようですが、
ある日出会った一人の人が、
彼の夢に手と足をつけてくれました。

彼は今、その手足で、
ベットの上で
半分諦めかけていた夢に向かって、
手を動かし、立って歩き、
惨めな思いをしたり、感動しながら、
絶望の日々から明るいほうに向かって、
一歩前に進んでいます。

夢に手足を。

夢だけでも、行動だけでも
楽しさは味わえない、
それを繋ぐもの、誠実だったり、
確かなものだったりが大切なんだなぁと、
しみじみ思っていたところに
糸井さんのこの言葉。

わたしも大切にしていきますね。
ありがとう、糸井さん。

(宇治のくみちゃん)



ありがとうございました。

みなさんのメールを読んで感じたことも、
ぜひお送りください。

2016-02-02-TUE

postman@1101.com宛てのメールは、
乗組員みんなで読んでいます。
これからもご意見、ご感想をお寄せください。
アクセスの数字の後ろに「人」の姿が見えると、
乗組員一同、なによりの励みになるのです。

postman@1101.com宛に送ってもらったメールは、
このコーナーで紹介させていただくかもしれません。
なのでぜひハンドルネームを記入してくださいね。
また、掲載されては困るメールには、
「載せちゃイヤ!」と書き添えてください。

ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等の著作権は
翻案権を含んでほぼ日に譲渡されたものとします。
ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等は、
使用する場合に
編集等をすることがあるかもしれません 。

これまでの「postman@1101.comから」