「ほぼ日」には、まいにちたくさんのメールが届きます。
みんなで読んで、
「この感想はうれしいなぁ」とか、
「なるほどこういうご意見も」とか、
「このばかばかしさは素晴らしい!」なーんて、
しょっちゅう、よろこんだり、びっくりしたりしています。

「これ、乗組員だけで読んでるのはもったいないよねぇ」
というようなお便りは、
ときどきここでご紹介していきますね!

今日のダーリン「夢に手足を。」

 

おひさしぶりです。です。

1月27日(水)、28日(木)に
「今日のダーリン」に書かれた言葉
「夢に手足を。」へ、
「ほぼ日」史上、何本の指に入るか、というほど
たくさんの、強い反響がありました。

そのことばは、翌日、ページにも残されました

その二日間の「今日のダーリン」を掲載し、
本日より何回かに分けて、
みなさんからのメールをご紹介します。

・「ほぼ日」って、なにをしている会社なんですか。
 そう言われたときの、なにかいい答え方を考えていた。
 ずっと考えていた。あえて言えば17年以上。
 それをことばで言えたほうがいいだろうとは思っていた。

 「Only is not Lonely」が、
 「ほぼ日」をスタートさせたときのことばだ。
 なにをしている会社なのかは言ってないけれど、
 そういう思いで、インターネットの新聞をはじめた。
 しばらくして、必要にあわせてとりあえず、
 「ゴキゲンを創造する中くらいのメディア」と記した。
 まったくまちがっていないし、十分とも言えることばだ
 ‥‥ただ、おもしろくない。
 陰影がないというか、寸法が合いすぎている。
 いつまでも「ゴキゲンを創造する中くらいのメディア」
 なのか、というと、そういうことでもないように思う。
 だから、いつしか、このことばは前に出されなくなった。

 やがて、「やさしく、つよく、おもしろく」
 というぼくらの姿勢を言うことばができた。
 あくまでも、やさしく、つよく、おもしろく、
 という順でないといけない。
 人格はやさしくで、お役に立つにはつよくが必要で、
 価値を生み稼ぐにはおもしろくなくてはならない。
 この姿勢を表すことばは、しばらく使っているけれど、
 なかなか朽ちないので、このままいけそうだと思う。
 しかし、これでは「なにをやる会社なの?」
 という質問に答えられてはいない。
 
 あんまりぴったりのことばがあったら、
 それは、きっと鋳型として役に立つとは思うのだ。
 おそらく流通や保存には便利になるだろうけれど、
 もっとやわらかな、じぶんの頭をつかう余地のある
 そういう「うちは、こういう会社です」がほしかった。
 ない答えを探しているような気持ちで、十数年経った。
 そして、昨日、これだと思う答えが見つかった。
 夢に手足を。
 これが、ほぼ日刊イトイ新聞をつくっている
 株式会社東京糸井重里事務所のやることです。 
 
今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
社内の人たちに話すことを、先にここで文字に書きました。

 (2016年1月27日「今日のダーリン」より)



・昨日のこの場所で、
 株式会社東京糸井重里事務所が
 どういうことを考えて、
 どういうことをしていく会社なのか、
 やっとことばになったということをお知らせしました。
 そしたら、ずいぶん反響がありました。
 唐突に生まれたことばに、
 たくさんの拍手をもらったようで、
 とても、うれしかったです。
 
 実は、あのことばには、もう少し続きがありました。
 たった五文字のことばの、余韻のように書いたものです。
 社内で配ったその続きについても、
 ここでお分けしておこうと思いました。 
 
夢に手足を。

 夢には翼しかついていない。
 足をつけて、
 歩き出させよう。
 手をつけて、
 なにかをこしらえたり、
 つなぎあったりさせよう。
 やがて、目が見開き、
 耳が音を聞きはじめ、
 口は話したり歌ったりしはじめる。

 夢においしいものを食べさせよう。
 いろんなものを見せたり、
 たくさんのことばや歌を聞かせよう。
 そして、森を駆けたり、
 海を泳いだりもさせてやろう。

 夢は、ぼくたちの姿に似てくるだろう。
 そして、ぼくらは、夢に似ていく。
 夢に手足を。
 そして、手足には夢を。

・手足を持てぬままの夢は消えていくし、
 夢を持てぬままの手足は、切ないです。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
感想をください。みんなが、とても読みたがっています。

 (2016年1月28日「今日のダーリン」より)



メールアイコン 仕事帰りの電車の中で
涙が出てきてしまって、途中下車しました。

これはどういう涙だろう、
と考えながらメールを打っています。

たぶんですが、
人生において積極的、能動的に、
何かを手に入れようとか、
成し遂げようとしてこれなかった、
これまでの自分の来し方に対する後悔と、

そんなに叶いそうもないような
難しい夢なんだろうか、
ささやかな、ごく平凡な夢なんだけどな、
上手に生きてはこれなかったけど、
まあまあ真面目にやってきた
つもりなんだけどな、という
ここまで来てもまだどこか
風まかせ運まかせでいるような
ふわふわした自分に半ば呆れる気持ちと、

今からでも私の夢に
手足をつけてあげられるだろうか、

いつか見たいと思ってきた景色を、
私の夢に見せてあげられるだろうかと、

そんな思いが混じりあって
涙があふれてくるのかな、と思います。

とにかく、鼻かんで帰ります。
そして、これまでしてこなかったことを、
始めます。

(40代、雑草)



メールアイコン 夢は、ぼくたちの姿に似てくるだろう。
そして、ぼくらは、夢に似ていく。

この言葉に、勇気が湧いてきました。

夢を叶えるって、
すごく難しいと思っていました。
すごく遠いところにあるものだと
思っていました。

でも、夢に足をつけて、手をつけて、
目が開き、耳が聞こえ、
口が話したり歌ったりする。
気付けば、夢と自分の姿が互いに近づいてくる。

一歩一歩、近づく努力をしていけば、
いつか夢は知らない内に
叶っているかもしれない。
逆に、努力をしなければ、
夢は遠ざかっていく。

少しずつ、段階を経て、自分を高めていく。
一気には無理な夢も、いつかは届く日がくる。
そんな風に思えました。頑張ろうと思えました。

私は今、夫の夢を2人の夢として、
頑張っています。
希望を、ありがとうございました。

これからもずっと、ほぼ日のファンです。
(もつ)



メールアイコン 毎日、今日のダーリンを読みながら
ランチタイムするのが日課です。
今日は泣きそうになりました。

社会人になって、もうすぐ丸4年。
就活のときに思い描いた夢や希望はどこへやら。
目の前の仕事をこなしていく日々に磨耗して、
あっという間の4年でした。

今日は久しぶりに
面接で言った志望動機を思い出しました。
夢に手足を。
手足にはおいしいものを食べさせて。
そして手足のある私には夢を。
(うれこ 26歳女)



メールアイコン 昨日「夢に手足を」という言葉を見たときには
正直そこまで何とも思わなかったんです。
なんとなくいいなー、というそういう感じ。

でも、その続きの言葉を読んで、
泣きそうになってしまいました。
しかも職場で休憩中に読んだので
職場で危うく泣くところでした。

私は3月から転職予定です。
今の仕事は「趣味のためにお金を稼ぐ」と
割り切って始めました。
仕事内容はそんなに難しくはないし、
そこそこうまくやれていると
思っていたんですが
上司や同僚との人間関係に
少し疲れてしまっていました。
何気ない一言に泣きそうになって、
トイレで泣いたこともあります。
そこまでしてこの仕事を続ける意味って
あるのかな? と思ったときに
転職することを決めました。

元々人見知りをしなくて、
人と話すのが好きな私は
今までのアルバイト先の人や家族から
接客業が向いてると言われていました。
だから、次の仕事は
接客業にしようと思って転職活動をして
縁があって3月から働くことになりました。

私は「おかん気質」なので、
世話を焼くのが好きです。
誰かのために働くことがそこまで苦ではないし
私のしたことでみんなが
喜んでくれたらいいなあって思っています。
それは夢と言うほど壮大ではないけれど、
夢のようなものなのかなあと思っています。

小さい頃はもっともっと夢がありました。
でも大人になって、現実を見て、
夢の存在を見ないフリをしています。
きっとそれは私だけではなく
みんなそうなんだろうけど。

「・手足を持てぬままの夢は消えていくし、
 夢を持てぬままの手足は、切ないです。」

今まで見ないフリをしてきた夢は
消えてしまって、
その夢のために存在していたかもしれない
手足は
どこかで泣いているんだろうか、なんて。
そんなことを思ってしまいました。

今の私の夢は次の仕事を精一杯頑張ることと、
最近入った合唱団で
みんなで楽しく歌って演奏会をすることです。
(すぱにょん。)



メールアイコン 私はもうすぐ卒業を控えた大学生です。
「将来やりたいこと」とか
「どう成長していきたいか」といったことが
全くと言っていいほど見つけられず、
社会人になることに対して
恐怖に近いものを抱き続けています。

でも、私にもひとつだけ
「夢」と言えるものがありました。

しかしその夢が叶えられる会社には、
書類選考で落とされてしまいました。

そのとき
「ああ、わたしにはやっぱり
 叶えられないんだ」と思った夢。
もう完全に諦めかけていました。

そして昨日、
「夢に手足を」という言葉に出会いました。
夢というのは、
「絶対に叶えようと思うこと」
「その気持ちを持ち続けること」が
とてもむずかしいものだと思うんです。

だからたくさんの人が諦めてしまう。
でも、手足を生やして、
いいものを食べさせて、
少しずつ、少しずつ、
形にしていけばいいんだな、とわかりました。

同じ形のまま持ち続けなくてもいい、
諦めなきゃいけない理由なんてない。
「会社が何をするか」という話に戻れば、
そうやって、
夢に向き合い続ける会社というのは、
ほんとうに素敵だなと心から思います。

わたしも4月から、
「夢に手足を」少しずつでもあげられるように、
仕事をしていけたらいいな。
(m)



メールアイコン 私は手足です。
これになりたい、という夢はありません。
それがコンプレックスでもあります。
ありがとうと言われたいために、
アシスタントとして働く毎日です。

トップがいて、大枠があって、
その枠からはみ出すかはみ出さないか、
くらいの加減で、
楽しみながら社内の方をサポートする役割、
が私には合っているみたいです。
それは夢とは違うみたいですが。

いつかなりたいものに出会ったときに、
きっと役に立つ経験だろうと思って、
いまできることを続けていくのみです。
(ひよりみ36)



メールアイコン 私は妊娠3カ月の妊婦です。
妊娠がわかってから、
まわりからたくさん
お祝いの言葉をもらっても、
私自身は喜びというよりも、
戸惑いの方が大きくて、
自分の身体の変化に気持ちがついていかず、
こんなことを言っては
いけないのかもしれませんが、
これから好きなことが
どんどんできなくなってしまうような
想像をしてしまい、
変わっていくことが
切なくてたまりませんでした。
そんなときに今日の“今日のダーリン”の中の、

 夢においしいものを食べさせよう。
 いろんなものを見せたり、
 たくさんのことばや歌を聞かせよう。
 そして、森を駆けたり、
 海を泳いだりもさせてやろう。

を読んで、
“私、これ全部、子供にやってあげたい”
と思えて、涙が出そうになりました。

自分に子供ができることを
どう受け止めていいかわからなかったところに、
私、子供にやってあげたいこと、
こんなにあったんだ、と。
今だけ子供を夢と言い換えてもいいのかな。
自分が今まで夢を大事にしてきたように、
これから子供を
大事にしようと思えばいいのかな。
と。何かすっきりしたのです。

産まれてきたらいろんなものを見せてあげる。
それまでは私が美味しいものを食べて
栄養を渡してあげる。
いろんな言葉や歌を聞かせてあげる。
そう、素直に思えたことがうれしくて、
お礼を言いたくて、
思わずメールをしてしまいました。
(純里)



メールアイコン このたび15年勤めた会社を
辞めることにしました。

入社してすぐに合わないと感じながら
夢というものを持たない人間だったので
なんとかそこで生きていこうと
もがいてきました。

自分の夢と言えそうなものに出会ったのは
30歳を過ぎたときでした。

でも夢なんて持ったこともなかったので
最初はどう付き合っていいのか分からず
中に入りすぎたり、疑ってみたり
でも捨てることができないまま
10年近い時間が過ぎてしまいました。

40歳を目前にして、ようやく自分の夢を
形にしていく決心をすることができました。

夢を持ったものの、浮かれてばかりで
でも現実にはなかなかどうにもならず
から回ってばかりいた私ですが

糸井さんをはじめ、ほぼ日で紹介されている
たくさんの人の生き方や考え方から
夢を育てるってどういうことなのか
夢に手足をつけることの大事さを
少しずつ勉強させてもらったように思います。

今、自分の夢にはよちよちの足と
小さな手のひらしかありませんが
いろんな人に会い、いろんなことをして
しっかり大地を踏みしめて
いろんなことができるように
成長させていきたいなと思います。
(C)



ありがとうございました。
まだまだメールを、お待ちしています。

2016-01-31-SUN

postman@1101.com宛てのメールは、
乗組員みんなで読んでいます。
これからもご意見、ご感想をお寄せください。
アクセスの数字の後ろに「人」の姿が見えると、
乗組員一同、なによりの励みになるのです。

postman@1101.com宛に送ってもらったメールは、
このコーナーで紹介させていただくかもしれません。
なのでぜひハンドルネームを記入してくださいね。
また、掲載されては困るメールには、
「載せちゃイヤ!」と書き添えてください。

ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等の著作権は
翻案権を含んでほぼ日に譲渡されたものとします。
ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等は、
使用する場合に
編集等をすることがあるかもしれません 。

これまでの「postman@1101.comから」