「今日のダーリン」東北のチームが、日本一に。


ほぼにちわ。です。

2013年11月3日、プロ野球日本シリーズで
東北楽天イーグルスが読売巨人軍に勝ち、
みごと、日本一となりました。

楽天イーグルス球団創設9年にして、初めての日本一。
それももちろんすばらしいのですが、
この優勝は、東北という場所や
多くの人々を勇気づけるものになりました。

そしてこの最後の大きな勝負の相手、
巨人軍の長年のファンである糸井重里は
「今日のダーリン」にそのことを書き、掲載しました。

楽天ファンから、巨人ファンから、
東北から、全国各地から。
その『今日のダーリン」に
たくさんの感想が届きましたので、
ご紹介いたします。
最後は泣けてきた、というかた、
多かったみたいです。

・楽天ゴールデンイーグルスが、日本シリーズに勝った。
 その瞬間から、東北の人たちのよりこびの表情が、
 いくつもいくつも、何度も何度もくりかえし
 放送されるようになった。
 どれだけこのときを待っていただろうか。
 そう考えると、ほんとうによかったと思う。

 東北のチームが、日本一に、ギリギリまで肉薄して、
 やっぱり敗れ去ったなんていうドラマは、
 それはそれで夢への道のりの困難さを
 教えてくれるかもしれないけれど、
 「来年があるさ」と歯を食いしばりながら待つなんて、
 東北の人たちにさせるのは、ちょっと辛すぎる。

 ぼくは野球ファンでもあるし、東北の応援もしているが、
 それよりも巨人ファンだったりする。
 だから、当然のように巨人を応援しながら、
 日本シリーズを観戦していた。
 たぶん、なのだけれど、今年のこのシリーズに関しては、
 巨人ファン以外の人たちは、
 ぜんぶ楽天を応援していたのだろうと思う。
 ぼく自身のなかにさえ、その要素があった。
 だからといって、手加減するようなこともできないし、
 原監督がよく言うように「胸と胸をつきあわせて」
 戦うことしかできない。
 巨人が勝つことを願って試合をたのしみ、
 日本シリーズ優勝の瞬間をこころから待っていた。

 しかし、第七戦まで戦って敗れたから言えるのだけれど、
 これは勝てない試合だったなぁと、思うのだ。
 野球を超えて、勝ちたさの次元がちがっていた。
 いや、勝ちたさが勝っていれば勝つというわけではない。
 でも、あれほどの大舞台で、若い選手も多くて初出場で、
 あんなに怖いもの知らずに振る舞っていたチームが、
 これまでにあったろうかと思えば、わかる。
 まさしく、ミッションを感じさせる戦いぶりだった。

 いやぁ、見事だったなぁ、おもしろくて口惜しかったな。
 巨人ファンとしては、最高の引き立て役ができたことで、
 来年もがんばろう、と思うのでありました。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
イーグルスに励まされた分だけでも、東北、力つけたいね!

 (2013年11月5日「今日のダーリン」より)



メールアイコン 今日のダーリン、すごく胸にしみました。
糸井さんの、もし、楽天が負けて
「来年があるさと歯をくしばって
 来年を待つのは東北の人には辛すぎる」
の文章には、読んでいて泣けました。

糸井さんの優しい気持ち、そうかといって、
でも手加減はしないスタンスに
じーんときました。

私は福島に住んでいますが、今年の楽天には
たくさん元気をいただきました。
日本一になってほしいと思いつつも、
そこまでは、難しいかと思い、
ここまでこれたことに感謝していました。

しかし、7戦までもつれて、
最後の最後にあのマー君が登場したのには驚き、
そして、ただ涙があふれるばかりでした。
このとき、初めてどんな手を使っても勝ちたい、
と心の奥底で願いました。

マー君が三振をとったときは、
家族全員泣きました。
勝ちたいの次元が違うと言われた
糸井さんの通り、東北は何が何でも
勝ちたかったのです。

今日生きるために明日生きるために
勝ちたかったのです。

自分の考えてることを
糸井さんに言ってもらえて
なんかすっきりしました。
ありがとうございました。
(みなこ)



メールアイコン 福岡在住でカープファン
時々ソフトバンクファンの者です。
今年の野球は
ほんとうに胸を熱くさせられました。

カープファンとしては、
クライマックスシリーズで
巨人にあっさり負けた悔しさもあり、
日本シリーズではしぜんと
イーグルスを応援する側に回りました。

日本シリーズが終わって、
糸井さんのコラムを読んで、
胸の中に立ちあがってきた想いは、
カープもイーグルスも、
相手がジャイアンツでよかった、
お陰さまで気持ちのよいゲームを
見せてもらったという感謝の様な気持ちです。

私は「紳士」が好きですが、
ジャイアンツの戦い方は
どちらのチームとの勝負においても
紳士と呼ぶにふさわしかったなあ‥‥
と思うのです。

これまでの人生、
アンチ巨人で送ってきましたが
来シーズンは違う見方で
ジャイアンツを見てみたいと思います。
(かすてら)



メールアイコン 楽天イーグルスの優勝、
東北にとっては本当に
いい励みになったと思います!

私たちボストンも、
先日ワールドシリーズ優勝した
レッドソックスに
本当に元気づけられたから。

春にボストンマラソンで
爆破事件があって、
街を踏みにじられたような気分になっていた
私たちにとって、
地元のスポーツチームの存在は励みでした。

あんな事件があって、
人がたくさん集まることなんてあるのかなぁ、
という気分になっていたところに、
スポーツの試合があって
「テロになんて負けてられへんぞ!」って
皆が試合を見に行って集まって。
アイスホッケーチームのブルーインズは
夏に優勝間近で逆転負け、それでも
「ボストンの皆のために頑張りたい」と
本当に頑張ってくれて、
そして、今度はレッドソックス。

昨日は新聞に「この優勝は、
あなたたちのものだよ。ボストン!」
というメッセージが。
別にスポーツそのものが具体的な支援に
なるわけじゃないのに、頑張ってくれるだけで
本当に気持ちが救われる。
そして、「何にも負けへんぞ!」
っていう気分になれる。
スポーツってそういう存在なんですよね。
Boston Strong。そして、Tohoku Strong。
(ゆ)



メールアイコン 日本シリーズ。
普段は野球を観ないわたしですが、
最終戦はTVで観ました。

東北の方々の「思い」ということを
ほとんど意識せずに、また、イーグルスが
この一年どのような形、気持ちで
東北の方々を応援してきたのかも
知らないままでのTV観戦でしたが、
8回からアツイものがこみ上げて、
驚くほどに目から心の汗があふれてきました。
「人生も8回表をどのように戦うかだな!」
と独り言いいながら。

東北の方々のイーグルス優勝に対する
期待や希望を、後になってから
わずかでも知り、あらためて
その優勝の意味について
ぼんやりと考えています。

「イーグルスの励まし」の前に
「イーグルスを励ました」東北が
あったんですよね。
きっと。

その土地で必死に前を向いている人々の姿を
みてきたチームだったからこその
優勝だったのかなと思いました。
(札幌市在住:i)



メールアイコン 今日のダーリン、多分巨人ファンの多くが
抱いた気持ちなんだと思います。
負けたことはとてもくやしいし、
負け試合なんか見たくもない。
いい試合はしたけど、なんというか、
気分的には完敗だと思った。

東北が元気になったのは、ほんとに嬉しい。
でも、やっぱり、悔しいものはくやしい!

消化不良な日々は
今しばらく続くと思いますが、
糸井さんが私の気持ちを
纏めてくださった気がして、
少しスッとしました。
(よしこ)



メールアイコン 野球なんか興味ない、ルール知らない、
球団の名称も2個くらいしか知らない、
そんな人間が初めて積極的に観戦しました。
観戦といっても、胸が苦しくなるのがイヤで
テレビの音は消してPC開いたまま。

ベタですが、ベタすぎますが、
田中投手が出てきたときの観客の様子が
テレビ画面に大写しになったときは
涙が出ました。
田中さんに譲った若い投手の気持ちにも
泣けました。

昨日のことがあるからダメかも‥‥
いや、昨日のことがあって出てくるんだから
大丈夫なんじゃないか‥‥
でも今の巨人の凄みはなんか怖いな‥‥
田中さん、顔が違うな、大丈夫かな‥‥
ド素人がグズグズ考えんな、ただ観ろ!

終わった瞬間は、ただただホッとしました。
なーーーーんも関係ないのに。
ちょびっとだけですが、
野球の魅力らしきものを触った気がしました。
(m)



メールアイコン 今日の「今日のダーリン」を読んで、
すごく気持ちが楽になって、
思わずメールしました。

私は東北に住んでいますが、
巨人ファンなので、日本シリーズは
とても悔しい気持ちでいっぱいでした。

楽天の日本一も素直に祝福出来ず、
自分は何て性格が悪いんだろうと、
自己嫌悪に陥るほどでした。

でも、今日の「今日のダーリン」を読んで、
よし!! 来年も野球を楽しんで、
一生懸命応援するぞ!!
と気持ちを切り換える事が出来ました。
来年も野球が盛り上がりますように。
(S)



このほかにも、
たくさんのメールをありがとうございました。

応援すること、がんばること、
どちらもいいな。
いつもどちらかでいたいな。
と、思いました。

それでは、これからもお気軽に
「ほぼ日」へメールをお送りくださいね。

2013-11-08-FRI

postman@1101.com宛てのメールは、
乗組員みんなで読んでいます。
これからもご意見、ご感想をお寄せください。
アクセスの数字の後ろに「人」の姿が見えると、
乗組員一同、なによりの励みになるのです。

postman@1101.com 宛に送ってもらったメールは、
このコーナーで紹介させていただくかもしれません。
なのでぜひハンドルネームを記入してくださいね。
また、掲載されては困るメールには、
「載せちゃイヤ!」と書き添えてください。

ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等の著作権は
翻案権を含んでほぼ日に譲渡されたものとします。
ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等は、
使用する場合に
編集等をすることがあるかもしれません 。

最新のページへ