女性のみなさん、口紅持ってます?


ほぼにちわ。

世の中の変化や自分の変化に
ふと気づく瞬間って、ありますよね。

これはめずらしい例外かも?
または自分だけかも? と思っていたら、
あんがいそういう人が多いことを
何かのきっかけで、知ったり。

いったい世の中や自分たちになにが起こったのか?
考えてみたり、友だちとおしゃべりするのは
楽しいものです。

今回は、「今日のダーリン」の
「女性の口紅人口が減っていることに気づいた」
という話に、たくさん、たくさんメールが届きました。

女性も男性も、気になるテーマだったようですので、
特集しますね。

まずはその日の「今日のダーリン」を再掲載し、
続いてみなさんのメールをご紹介します。

・社内の雑談に参加していたら、
 「わたし、口紅、持ってない」という発言に遭遇した。
 え、昔から口紅といえば、
 最低限の化粧だったのではないかと、
 びっくりしました。
 その乗組員は、むろん女性で、おしゃれも大好きです。
 「まったく持ってないのか?」「ない」。

 その話を帰ってから家人に話したら、
 「ああ、わたしのスタイリストさんとメイクさんも、
  口紅は塗ってないから、
  わりとふつうのことかも‥‥」
 と、あんまり驚いてない様子でした。

 で、翌日、他の会社の女性たちと、
 弊社の他の女性たちがいるところで、その話をしたら、
 そこにいた5人のうち、
 4人が口紅をつけないと言います。
 さらに、「持ってないかもしれない」とも。
 そして、同席した男性たちは、
 「いつのまに、そんなことになっていたのだ」と、
 世の常識の大転換に驚くばかりでした。

 口紅は、女性の象徴でもありました。
 流行歌の歌詞のなかに、
 どれだけ口紅や、それを塗った唇を表わす
 「ルージュ(赤)」ということばが登場したことか。
 春の化粧品会社の広告は、口紅の新色がテーマで、
 そのイメージソングがたくさん流れていました。
 男たちは、人間の婚姻色ともいうべき唇の赤に、
 胸をときめかせた、はずでした。

 しかし、「わたし口紅持ってない」女たちがぞろぞろ。
 そして、そうやって口紅人口が減っていたことに、
 異性である男たちは、ほとんど気づいていなかった。
 そういうことになります。

 その気づいてなかった男たちが、
 「これからの女性の市場は‥‥」なんて、
 わかったような顔して会議をしてたりするんですから、
 そりゃあ、とんちんかんにもなろうってわけですよ。
 (じぶんを棚に上げて)男の皆さん、どうなのよ?

 (2011年10月5日「今日のダーリン」より)



メールアイコン なぜ、口紅をつけなくなったのか?
実を言うと私(女)も、ここ2〜3年くらい、
積極的(?)に口紅をつけていないです。

もともと、コスメとかファッョンは
わりと好きで、昔から、化粧はするが
特に化粧直しに興味はない、
めんどくさがり屋?! もあると思いますが、
私の場合、気分的に本当はあんまりつけたくない
という気持ちがあったんだと思います。

が、仕事上きっちり感?を演出するために、
つけているの感はありましたが、

無意識に、つけないといけないという感じは
気持ち的に負担があったかもしれません。

それと、口紅をつけないのに積極的?
になったのは、
意外と口紅をつけなくてもいいという人が
いるということも大きいです。

できれば化粧をしてほしくないという
(彼氏)の意見もありました、
その心はおばさんっぽいから嫌だそうです。

私も自分で化粧や口紅に対して
意識が変わったと思っていたところだったので
感想を書かせていただきました。
今後、個人的にも調査したいです。

(みかん犬)



メールアイコン わたしも十年単位で口紅を買ってません。
古いものは処分してるし、
「口紅持ってない女子」のひとりですね、
気付かなかったけど。

ついったでのイトイさんの
この件のつぶやきを見た時、
「わりと普通のことじゃない?」と思いました。
今、口紅をきっちりひくことは、
老けて見えるリスクがある、とも感じます。

ただ、ちまたの口紅持ってない女子も、
グロスは持ってるはずです!
わたしもグロスならかなりの本数持ってます。
薄めの色で、ほんのりで、ツヤツヤ。
つまりメイクの流行が
そういう風に変わってきた、てことかと。
そのうち歴史が繰り返し、
一世を風靡した
「今井美樹さんの真っ赤な口紅」的な
流行りも、目にするかもしれませんね。
おばちゃんは、こういう2周目は、
昔を知っているので気恥ずかしくて
のりきれませんが。

(みほぞう)



メールアイコン 口紅はうちの奥さんもほとんど使いません。
が、しかし、リップクリームは
必需品のようです。
そういう女性が増えたということかも
しれないですね。

艶もあるし、
色も完全無色透明ばかりではないようなので、
正直、私にはパッと見で区別がつきません。
男の目からは、ナチュラルカラーの口紅と
何が違うのという感じです。

(O)



メールアイコン 昔、化粧品会社で
商品開発の仕事をしていました。
当時は必須アイテムでしたが、
ナチュラル志向(タール系色素への不安)や
ヌーディなカラーの流行などを経て
変わってきているのでしょうね。

近年、アイメイクや
まつげのエクステンションなどで
目元を強調する傾向があるから
その分口元は引き算になるのかな
と思いますし、
女性の意識の変化も
反映されているのかもしれないと
今日の記事を拝見して感じました。

男性方が気付いていないというのが
面白いですね。
かくいう私は、何かしらつけていないと
落ち着かない世代ですが(笑)。

(YAKO)



メールアイコン 昨今の女の子が、初めて買う化粧品の一位は
「マスカラ」であると、
どこぞの化粧品メーカーの調査にありました。
確かに今の化粧品のCMは口紅と同じくらい、
マスカラのCMもやってますね。
おそらく、マスカラのほうが
「劇的に変わる」という度合いが
高いからだと思います
(私はあまり化粧をしませんが)。

裏を返せば、女子がいかに苦労して
メイクしたところで、
男性は口紅ぐらいにしか目が行かない、
ということなのでしょうか‥‥
(口紅以外にも色々塗ってるんですけどねぇ)。

たとえば就職活動のときなどは
マスカラは控えめにして
口紅を塗れと言われますので、
口紅というものは公的なもの、
社会的な理由で塗るものなのかもしれません。

(むら)



メールアイコン 口紅は私もここ10年くらい、つけていません。
20才くらいに「大人にならなくちゃ」と
つけてみて「やっぱり無理だー」と
やめて以来です。

結婚式に出席する時のために1本、
家に置いてありますが
結婚式の時にもつけ忘れています。

自分は大人になりきれていない、という
負い目みたいなものがあったのですが、
なぁんだーみんなつけてないんだー♪
とホッとした「今日のダーリン」でした。

ちなみに、ヒール靴についても
同じように感じるのですが‥‥。
履いてる女性、減っていませんか?
私は5年ほど前から、履いていません。

口紅もヒールも、
心地悪いものでして。
最近はそれ無しでもカワイく見える
メイクや服が増えてきて嬉しいです。

(33才、2人の子持ち)



メールアイコン 唇って唯一、皆にさらけ出している粘膜って
気がするんですよね。
だから素のままだと自分の身体を
さらけ出しているようで私は苦手です。

今は昔と違って、口紅はしなくても
眉毛の手入れをして
マスカラはつけるみたいです。
自分より若い世代と一緒の職場で働いた時、
派手ではないタイプの人たから
「なんでマスカラつけないの?
 すごく可愛くなるのに‥‥」
って言われました。
「ファンデと口紅くらいしか
 あまりしないし‥‥」って応えると
「エーッ!? 何をしなくても
 ビューラー&マスカラ&
 アイブロウだけはするよね」って
共通の意見だったようです。
そっかー彼女らは私を
同世代と思っていたみたいなのですが
そんな所で世代が判ってしまうんだと
感じました(私は百恵さん世代です)。

御社の女性達、ナチュラルに見えますが
マスカラは持ってのかな? 興味あります。

(A)



メールアイコン ひぇ〜!!! です!
わたくし、昭和40年生まれのオバチャンですが、
もしかしたら気がつかないうちに
オッチャン化していたのか‥‥
口紅を持たない女性だなんて、
いつの間にそんなことになっていたのか?!
まさに糸井さんと同じく、
衝撃を受けております。

そういえば娘(二十歳)も、顔を塗り
眉毛だのアイメイクにぬかりありませんが、
口紅は塗っていませんでした!
時間がないから口紅は塗らないで
出かけるのだろう、と、
それこそトンチンカンな解釈をしておりました。
口紅は塗らないか薄めにしないと、これはヤバい、
昭和の化石のように
見られてしまいますね。

(デイジー母より)



メールアイコン アラサー女性です。
考えてみたら、ここ10年くらい春の新色、
秋の新色と言えば、
まずはアイシャドウですね‥‥。

90年代、子どもだった私にとって
お化粧品のCMは楽しさやワクワクが
たくさん詰まっていました。
まだバブルの余韻が
残っていたのかもしれません、
キラキラしたCMが多かった。

その中でも資生堂のCMが大好きで、
熱心に見ていたことを思い出します。
口紅だとレシェンテのりょうちゃん、
はなちゃん、ドリカムのみわちゃん。
みんなキラキラかっこよくてかわいくて、
大人になったらレシェンテ買うんだ!
って思ったりして。

そんな私も大人になり、
自分で口紅を買えるようになりました。
大変めんどくさいと思っていたお化粧ですが、
憧れていた頃の気持ちを思い出すと
疎かにはできませんね(笑)。

明るくない話題の多い昨今、
ゴタゴタもあって気持ちが
ささくれかけてました。
「今日のダーリン」で、当時のワクワクや
ドキドキを思い出して、キュンキュンしました。
なんだかわからないけど、
ちょっと元気になってきたぞー!

(みうら)



メールアイコン 今日の「今日のダーリン」を読んで
びっくりしてしまって、勢いで、
初めてメールを書き始めたのですが‥‥。

口紅を持ってないおんなの人たちは、
他のお化粧もしてないのでしょうか。

私(36歳女)は、これまで
ほぼ化粧をせずに暮らしてきました。
多少の後ろめたさを伴いながらも。

だから、口紅持ってない女のひとが、
わさっといることに
軽く興奮してしまいました。

でも、もしかしたら、口紅持ってないけど
ファンデーションは塗ってるわよ、とか
目元だけは欠かせない、とか、
そういう状態なのでしょうか。

雑誌ではコスメ情報が毎度取り上げられ、
化粧品売り場ではシーズンごとに
はなばなしく新色が
PRされているような感じですし、
これが世間一般だ、と思っていたのですが。

世の化粧事情は、どうなっているのでしょう。

(よね)



メールアイコン 近ごろは「ナチュラルメイク」が流行りらしく、
口紅を持たない女性が多いのかもしれませんね。

私もリップクリームやグロスを使っていても、
紅をさすのはよほどきっちりした時だけで、
ここ数年は新しいものを購入していません
(34歳、×1、婚約者有り)。

彼にも「口紅やマスカラばっちりよりも
素顔が好き」と言われるので、最近はますます
ばっちりメイクから遠退いていますよ。

そんな彼も、武井咲ちゃんの口紅のCMは
気になる様子で、男心って不思議だと思います。

これからは化粧品の販売キャンペーンも、
パートナーを意識していかないと
難しい市場になるのでしょうか。
おもしろいモノですね。

(ユキヲ。)



メールアイコン 今日のダーリンを読んで衝撃を受けております。

口紅人口の減少に全く気付いていなかった私は、
しっかり女です。
化粧品のCMソングが
ヒット曲となっていた世代の私は、
化粧はしなくても
口紅だけでも塗らなくては‥‥との思いで
口紅を塗らないという選択肢は
ありませんでした。

でも本当は口紅は嫌いなんですよね。
カップに色がついちゃうし、
はげちゃうとみっともないし、
うっかり触って書類についちゃったり。

そうかぁ。付けなければいいんですねぇ。
ホント、考えてもみませんでした。

そこで、乗組員の、口紅を塗っていない
おしゃれな方に聞いてみたいことがあります。
口には何も塗らないのでしょうか。
口紅は塗らないけど、
何かリップクリームみたいなものでも
塗っているとかありませんか?

実は私には問題点があって、
唇の色が悪くて、そのままでは
すごく不健康そうに見えちゃうんです。
口紅に変わる何か良いものがあれば‥‥という
すごく身勝手な要求なのですが。

お忙しいところにわがままなお願いですが、
聞かせてもらえたらうれしいです。

(ユキ)



メールアイコン いつも読んでます。
元気づけられたり、
そうだよなーと関心させられたり。

今回、そうだけど違うよ、糸井さん!
今、口紅を使う人は減りました。特に若い女性。
でも、リップメイクを
してないってわけじゃないんです。
みんなグロス、グロスを使ってるんですよ。

ためしに、口紅はなくてもグロスは使う?
って聞いてみてください。
ほぼほぼ、みんな使うって答えるはずです。

グロスは、ほんのりの色と艶を表現する、
つやっつやするリップクリームの親戚です。
口紅は、色がしっかりつくし、
お化粧している感が出るので、
最近、脇に追いやられています。

(r)



メールアイコン 昔、女は結婚しないと
食べていけない、生きていけませんでした。

だから男を得るために
男に向かって化粧しました。
赤い唇で。

今は男に向かって化粧しなくてもいい時代に
なりました。
赤い唇のフェロモンは必要なくなりました。

あと余談ですが
男とふたりきり、孤島に流されて
持っていけるとして
口紅とまゆ墨のどちらか、という選択のとき、
圧倒的に多いのは、まゆ墨だそうです。

(M)



メールアイコン 私は愛知県在住の20代女子です。
口紅について、
私の中ですごくタイムリーなお話だったので
ついメールしてしまいました。

私も以前まで口紅はつけてなかったのですが、
最近接客やイベントで
人前に出る仕事に転職をし
「口紅はマスト!」と上司から言われ
渋々つけだしました。

が、つけてビックリしました!
口紅をするだけで
顔がはっきりとし明るくなります。

今ではペンシルで唇をしっかり囲い、
口紅をつけ、グロスをするという徹底ぶりです!

口紅をした自分の顔は、見慣れないと
お母さんの口紅で遊んでいる子供みたいに
ちぐはぐで、似合わないと感じていましたが、
見慣れると口紅なしでは物足りません。
そして塗るだけでいい女になった‥‥
気分になれます(笑)。

またメイクに関して、
私も最近意外な異性のおもいに
きづいたのですが、
女性が必死に目を大きく見せようと使用する
「つけまつげ」は、男性からは
すごく不評なのですね。
すっぴんに近いナチュラルな目がいい
という意見に驚きました。

例外的に、バブルを経験しているおじさま方には
好評のようなのですが。

思い込みには気を付けようと
しみじみ思いました。

(e)



メールアイコン 実は、私の通う看護学校でも口紅を使う人、
ほぼゼロ! なんですよ。

今はね、とにかくアイメイクなんです。
付け睫(ツケマー)、睫毛パーマ(マツパー)、
ツケマーを進化させたエクステ。
こういった物を駆使して、
女子たちは瞳を少女マンガのように
「デカ目」にすることに余念がありません。
今はマスカラが
口紅からその座を奪い取ったのです。

不思議でしょう?
宮崎あおいちゃんや、井上まおちゃんなど、
すっぴんに近いナチュラルメイクなのに、
どんなタレントもしていないような
盛りメイクが庶民の間では流行っているのです。

確かに、ツケマーを施した女の子は、
一重瞼もクッキリしますし、可愛くなります。
多分、あの変貌の快感を知ってしまったら、
止められないんだと思います。

ちなみに私は蒼白い顔立ちなので
口紅は手放せません。
幸い、目鼻立ちがハッキリしてるので
ツケマー要らずなんです。

でも確かに口紅が消えたのは不思議。
ツケマーブームが続く限り、
ルージュの輝きはカムバックしないのかも
しれませんねー。

(s)


メールをありがとうございました。

「ほぼ日スタッフはいかがですか?」という
問いかけをいくつかいただいたのですが、
メール全体から感じられるとおり、
しっかりメークをするひと、
とにかくすっぴんのひと、それぞれ存在しつつ、
多いのは、「メークはするけどアイメークが中心で
口紅はグロスか、リップクリーム」派のようです。

またとにかく、
リップグロスの進化(つやっとしてぷるっ!)および
マスカラなどまつげまわりのアイテムの進化
(びっとあがってふさふさ!)が
近年著しい、と評判でした。

男性はどう感じられているのでしょうか。
ご意見をもっと聞いてみたいところですね。
よろしければいつでも、postman@1101.comまで
メールをお送りください。

それでは、また。

2011-10-09-SUN

postman@1101.com宛てのメールは、
乗組員みんなで読んでいます。
これからもご意見、ご感想をお寄せください。
アクセスの数字の後ろに「人」の姿が見えると、
乗組員一同、なによりの励みになるのです。

postman@1101.com 宛に送ってもらったメールは、
このコーナーで紹介させていただくかもしれません。
なのでぜひハンドルネームを記入してくださいね。
また、掲載されては困るメールには、
「載せちゃイヤ!」と書き添えてください。

ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等の著作権は
翻案権を含んでほぼ日に譲渡されたものとします。
ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等は、
使用する場合に
編集等をすることがあるかもしれません 。

最新のページへ