「ほぼ日」には、まいにちたくさんのメールが届きます。
みんなで読んで、
「この感想はうれしいなぁ」とか、
「なるほどこういうご意見も」とか、
「このばかばかしさは素晴らしい!」なーんて、
しょっちゅう、よろこんだり、びっくりしたりしています。

「これ、乗組員だけで読んでるのはもったいないよねぇ」
というようなお便りは、
ときどきここでご紹介していきますね!

いろんなメール、ご紹介します。17


ほぼにちわ。

さて今回も、いろんなコンテンツへいただいたメールを
ご紹介いたします。
6月から7月にかけての「ほぼ日」は
話題となった対談あり、読者参加型の投稿ものあり、
ライブの生中継あり、人気ブランドとの
コラボレーションありと、にぎやかでした。

ではまず、映画監督の周防正行さんと
女優の草刈民代さんご夫婦をお招きしての、
糸井重里との鼎談
「かっこいい、草刈さんと周防さん。」へのメールです。

厳しい状況でのクリエイティブや、
鍛錬のいる仕事への取り組みなど、
ほんとうに「かっこいい!」お話しが続きました。

メールアイコン 毎日お昼休みに
「かっこいい草刈さんと周防さん」を
読んでいました。
2歳しか違わない草刈さんの生き方が
とってもかっこよくって
同性ながらほれぼれします。(笑)
仕事はなかなか思うようにはいかないし、
かっこ悪いことの方が多いけれど、
せめて生き方は草刈さんのように
潔くかっこよく生きたいと思いました。
お話の中で共感できる事も多く、
自分の生き方に自信が持てました。
かっこいい草刈さん、周防さん、ありがとう!
(n)



メールアイコン ちょっと前に、草刈さんの本の広告を読んで
「このお方でも悩む事があるんだな」
と思った事がありました。
美しいのに、バレエを極めて、
一体何が不満? 悩み? と思ったんです。
どんな人でも、同じように悩みがあるんだと
改めて思いました。
アッコちゃんの歌にあったように、
【幸せそうに見えたんだ。
 だけど、そうでもなかった】、
本当にあるんだな、と。
昨日のお話が、イイなと思いました。
お金の話。
好きな事をやっていれば、いいでしょ?
じゃないですよね。
そんな苦労を感じさせない、
(バレエしかやってこなかったの)の雰囲気。
素敵です。
(36)


次は、「言いまつがい」のスピンオフ企画、
みなさんのさまざまな「かんつがい」を
投稿していただき、掲載する
「カブトムシがオスでクワガタがメス。」
へのメールです。

自分にはかんつがいは無いと思っていても、
コンテンツを読んでいたら
この方のように思い出した、
ということはありそうです。

もっといえば、まだかんつがいだと
気づいていなかったことを
実はかんつがいだったと
気づかされるかもしれませんよ?

メールアイコン 毎日楽しい編集、ありがとうございます。
実はこの企画、自分は全く
参加できないと思っていました。
面白いかんつがいなんてないしなぁ‥‥と。

でも、今日の「ヒグマ」で思い出しました。
私は小学生くらいのとき、
「ヒグマ」=「メスのクマ」だと
思っていました。
「ひごい(緋鯉)」=「お母さん鯉」という
二重のかんつがいから生まれたようです。
(花実幸)



次に、大橋歩さんと編集者の田中真理子さん、
糸井重里の、ファッションにまつわる対談
「『ふつう』のおしゃれ。」へのメールです。
このたび大橋さんのブランド「a.」と
「ほぼ日」がコラボしたお洋服が販売になり、
それに先駆けてのコンテンツでした。

メールアイコン わぁ〜待ち遠しいです。
母にプレゼントします。

いなかに住む母。
昔はデパートでお洋服買ったりしてたけど、
いなかに住むようになって、
楽な服が多くなった。
家庭菜園してるので、
Tシャツにパンツばっかり。

でも、おしゃれは好き。
母のセンスは私が小さいときから好きでした。

たまに出かけるとき「服がない」と悲しみます。
私は買えばいいじゃんっと言うけど‥‥
そう、欲しい服・イメージ通りの服に
出会わない。
だから、母はよくすねる。

・ロングスカートが欲しい。
 (少しは女性らしく)

あ〜その言葉を思い出しました。
(みほ)



メールアイコン すごく共感しました。
ぷかぷかに着てもタイトに着てもいい
許容範囲のある服。
すごくいいデザインの洋服は
その着てる人の個性を生かせるんじゃないかと
思っています。
大橋さんのお洋服も
そのような感じなんですねぇ‥‥。
この人には似合う似合わない、
ってのがある洋服よりも、
どの人にもその人なりの良さがあると
思わせてくれるお洋服は魅かれます。
それがどういうものかも知りたい。
出会いたい。
イッセーミヤケさんがつくるものや、
ヨージヤマモトのお洋服がそういうお洋服で
高価なものだけになるほどなと
今まで思っていました。
こういうシンプルな服の中にそれがあることは
発見です。おもしろいです!
ブランドを主張しすぎることなく
つくられている部分はとても興味深いです。
(r)



メールアイコン おしゃれの話し、楽しいですね! 大好きです。
洋服好きの母と私、
一番好きなのはコムデギャルソンで、
よくおしゃれについて長々と話すんですが、
特にギャルソンには熱いです。

それで、ギャルソンて着物っぽくない?
そうだ着物だ。平面の組み合わせで
立体になってたり、襟の見せかたや帯で
着物一枚が何通りものおしゃれになる着物、
ああ〜そうだ着物だ!

って話しになったことがありました。

大橋さんの服にも日本を感じますよね。
ギャルソン以外に、ちょっとなかった感じでは?
まわりは私の世代もおばおば服になってきて‥‥
いや、もっと若い世代も
おばおばなファッションな人が増えてませんか?
おばおば服親子とか!
そんな中、大橋さんの服、
ほぼ日さんでもということで、とっても嬉しいです。
(30代、母60代)


さて、
「ほぼ日」で最近人気コンテンツとなっているのが、
「ほぼ日」おすすめのミュージシャンをお招きして
会議室でライブをしてもらい、
インターネットの生中継をするシリーズです。
ここに7月7日の七夕の夜、登場してくださったのが、
二階堂和美さん。
ものすごく魅力ある歌声で、
はじめて知りましたがもうファンになりました、
という感想をいくつもいただきました。
コンテンツ「二階堂和美のすすめ。」
プロモーションビデオがありますので、
ぜひそれも視聴してみてくださいね。

メールアイコン はじめまして。福田と申します。
二階堂さんが取り上げられていたので、
思わずメールをしてしまいました。

二階堂さんは私の大学の(研修室の)先輩で、
仲良くしてもらっていました。

ほぼ日さんを見ていて、漠然と
ニッキーさんと雰囲気があうような‥‥
なんて思っていた所に、この企画で、
びっくり嬉しくなりました。

大学のときからずっと歌をやっておられて
(絵画専攻でしたが)、ずっと続けている、
という事にすごく感動します。
継続する事が一番難しいと
つくづく自分でも感じますので‥‥。

同じ研究室の仲間の結婚式なんかでも
歌ってもらって(愛の賛歌とか。
これが物凄く鳥肌が立つほど良いんです!)
あのころの大学のみんなとのつながりとか、
出来事とか、ニッキーさんの歌で思い出します。
たぶん、他の人もそうだと思います。
合宿をしたところの想い出の歌もあって、
風景が浮かびます。
(m)



メールアイコン とうとうニカさんがほぼ日に!

昨日「にじみ」を買って、今聞いてます。
私がニカさんの歌を初めて聞いたのは
ライブだったので、
「CDじゃ、あの感動は味わえないよなあ」
と思ってましたが、
すみません。やっぱり感動してしまいました。

私が見に行ったライブは、
3つのアーティストが出演していて、
ニカさんの出番はいちばん始めでした。

会場は日比谷野外音楽堂。
黄昏空の下、ライブは始まりました。

観客全員がニカさんを知っていたわけでは
ありません(自分もそうでした)。
飲み物を買ったり、談笑したり、
三々五々のんびりムードが漂う中で
ニカさんが歌い出した瞬間、
明らかに場の空気が変わりました。

その歌声から、身体から、
二階堂和美という存在から発される
力」の洪水に、私たち観客は圧倒され、
うっかりすると押し流されそうでした。
夕日を浴びて気持ちよさそうに歌うニカさんに、
後光が射しているようでもありました。

観客をなぎ倒しかねない、
あの力が忘れられません。
気圧されるって、こういうことか、
と実感しました。

そんなニカさんのライブを
タダで見られるなんて!
企画してくださってありがとうございます。
たくさんの人が、
ニカさんに圧倒されればいいと思います。
(よしは)



メールアイコン びっくりしました。

こんなに素敵な人、今まで知らなかったなんて。
是非生で見てみたい!
生で聴きたい!
心から思いました。

一曲一曲、短編のお芝居を見ているような
ほんとうにうっとりするすてきな感覚。
うまくいえなくて、もどかしいのですが
すごく感動しました!

七夕に素敵なライブをありがとうございました!
(すー)


最後にご紹介しますのは、
7月7日、1日限定で行った、
七夕ならではのコンテンツへのメールです。
「願い事をツイッターから投稿して、
 『ほぼ日』でランダムに表示する」
というものです。
見ていると切なくなったり、ホンワカしたり。
ただいま、見ることはできますので、ぜひどうぞ。
「今宵、七夕ツイート。」

メールアイコン たのしい企画をありがとうございます。
みなさんのお願いごとをみると
今年はいつも以上に、被災地の復興や
みんなの安心・安全を祈るものが
多いという印象です。
もちろん例年通りの個人的なささやかな、
でもだいじなお願いごともたくさんありました。
わたしのねがいは、
まずはなんでもない毎日が続くこと、
そして自分が家族の拠り所となる
「肝っ玉かあちゃん」になれますように、です。
なにがあっても動じなくて、
いつも笑顔で家族を安心させられる
マンマへの道は長く遠いですが‥‥

横浜上空の星はみえそうにありませんが、
全国のあちこちで
年に一度の再会が実現しますように。
みんなの願いと祈りが星にとどきますように。

そういえば、さっき届いた夕刊に
陸前高田の星空のもとの
一本松の写真が載っていました。
被災地では今年はいつもにまして天の川が、
あかるくきれいにみえるのだなあと
気がつきました。

(のりす)



メールアイコン 今日の「今宵、七夕ツイート」、
私も参加したかったのですが、
残念ながらツイッターのアカウントもないので、
みなさんのお願いごとの短冊を
読ませていただくだけですが、
読みながら涙でました。

震災からの復興を祈ったり、
たいせつな人たちの幸せを願ったり、
ねこちゃんがマグロを食べたいといっていたり、
ドアラのバック転の成功を祈る人がいたり‥‥

純粋に、みんなのお願いごとが
叶うといいなと思います。
誰かのために、自分のために、
雲の上の星空に向かってみんなが祈ってる、
すてきな夜ですね。

ツイートできないですけど、
私のお願いごとも
ここに書かせてもらっていいですか?

あと2、3年のうちに結婚できますように!
(なつ)



メールアイコン うーん‥‥
ほぼ日の七夕の短冊にツイート送りたい!

が、しかし。
音信不通の遠距離ケンカ?中の彼に
ツイートは見られたくないから送れない。

スミマセンね。ここに書かせてもらいますね。

どうかハッピーエンドにしてください☆☆☆

2011年雨の七夕。雲をかきわけ、
織り姫さんと彦星さんはあえますように。
私たちも仲直りできますように。
(N)


みなさんの願いが、叶いますように。

いつもメールをありがとうございます。
それでは、また。


2011-07-10-SUN

postman@1101.com宛てのメールは、
乗組員みんなで読んでいます。
これからもご意見、ご感想をお寄せください。
アクセスの数字の後ろに「人」の姿が見えると、
乗組員一同、なによりの励みになるのです。

postman@1101.com宛に送ってもらったメールは、
このコーナーで紹介させていただくかもしれません。
なのでぜひハンドルネームを記入してくださいね。
また、掲載されては困るメールには、
「載せちゃイヤ!」と書き添えてください。

ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等の著作権は
翻案権を含んでほぼ日に譲渡されたものとします。
ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等は、
使用する場合に
編集等をすることがあるかもしれません 。