いろんなメール、ご紹介します。15

ほぼにちわ。

早いもので2月も残りあと1日。
2月の東京は雪が積もる日もありましたが、
そろそろ春の気配が感じられるようになってきましたね。

そんな2月の「ほぼ日」では、
新しいコンテンツを続々とお届けしてきました。

それぞれのコンテンツにたくさんの感想のメールを
いただきましたので、本日は、そのなかから
少しずつ、ご紹介いたしますね。

まずは、博覧強記の人として知られる荒俣宏さんに、
大好きな「本」をご紹介していただいた
「荒俣宏さんにいざなわれる
 目眩く愛書家(ビブリオファイル)の世界」

にいただいたメールです。

メールアイコン まさか、ほぼ日で
荒俣さんのお話が読めるとは!
荒俣さんの著書は何冊も持っていますが、
ずっと気になっていたのが、彼の本棚。
嬉しいな〜、本の話。
自分はまだ、愛書家とは言えない、
普通の本好きですが憧れます、愛書家。
うちの本棚は廊下にあって、
重みで既に沈みかけているので
これ以上、増やせないのが残念ですが、
壁が全部、天井まで本棚で、
好きな本ばかり集めて背表紙を揃えて‥‥
夢みたいですが、やってみたい。
やっぱり本は、
紙に印刷してあるものが美しいし、
奥付を見るのが大好きです。

(だやん)



メールアイコン 新連載、荒俣先生登場!
というだけでココロ躍りました!!
もったいないから昼休みには読まずに、
仕事帰りにゆっくりじっくり。
愛書家‥‥わたしも端っこに
入れてもらえるかも‥‥
と、共感する内容でした。
だって「ジャケ買い」しますから!
希少本にはあまり興味は無いのですが、
中身はさておき、
装丁や変わったレイアウトやら
挿絵に魅せられることが多々あります。
そして、荒俣先生のおっしゃる通り、
中身をじっくり楽しむことは
少ないかもしれません。
おそらく、同じ嗜好のひとが存在する限り、
紙の本は在り続けると確信しました。

(e)



メールアイコン 荒俣さんは名前だけは
存じ上げていましたが、
初めてどういう方なのか知りました。
物としての本への愛情、
とてもよく分かります。
そして、愛ゆえに
ちょっと変な所が面白いです。
本もとても美しいものばかりで、
読み応えがあります。
応援していますので、頑張ってください!

(なつ)



メールアイコン 紹介されている本のぞっとするほどの美しさに
時に息をつめ、
また“はぁ〜”とため息をつきながら
拝読しています。
これらの本を手にした人々のほくそ笑む様子が
目に浮かぶようです。

しかし、読み進むうちに、
紹介されている本だけでなく、博覧強記以上に
何だか興味深い経験をしている荒俣宏さんに
えも言われぬ興味が沸いてきます。
まだまだ、いろいろありそうですね?

(M)



メールアイコン 愛書家の世界、深いです!
大変楽しく読ませていただきました。
中でも、
「これは、繋げていくべきもの」という
荒俣さんのお言葉が印象的でした。

電子書籍なども広まってくる中、
紙の本の存在意義は?と常々考えております。
身の回りにある本は、今回登場したような
「物としての価値を究極に高めた本」には
及びもしませんが、
ここに何か手がかりがあるような
気がしました。

(たくみ)



次にご紹介するのは、
糸井重里が街で出会ったボメラニアンの「ごまちゃん」が
「ほぼ日」に遊びに来てくれた様子をご紹介した
「ほぼ日ニュース 街のかわいこちゃん
 ごまちゃんがやってきた!」

にいただいたメールです。

乗組員同様、読者のみなさまも、
「ごまちゃん」にメロメロになってしまったようです。

メールアイコン もうまともな文章を書く自信がございません。
今日のほぼ日ニュースの「ごまちゃん」が
かわいらしすぎて頭がくらくらします!
何ですかあれは!
あんなのが街の中を歩いていて、
よく誘拐されませんね‥‥。

飼い主さんは「柴犬みたいに」って
頼んでいるとの事でしたが、
亡くなられた久世光彦さんが生前、
ポメラニアンを多頭飼いされてて
全部同じ「サマーカット」にされてました。
「うちの秘蔵っ子」という本に愛犬達とともに
写ってらっしゃいました。
それとごまちゃんはおんなじなので、
たぶんサマーカットなんですね。

しかし、老犬なんですか?!あり得ない‥‥。
本当に今日はかわいらしいものを
ありがとうございました。

(じぇりい)



メールアイコン ゴマちゃん、可愛い〜!かっわいーーー!
もう、なでまわしたい衝動に駆られます。
懐に入れて連れて歩きたーい!
うちの柴犬が子犬の頃、
よくやっていたんです。

ちっちゃくて丸っこくてふわふわで!
どうしてこんなに人を
メロメロにさせるんでしょうね〜。
ゴマちゃん自身は
「メロメロにしてやるぅ!」なんて
思ってないはずなのに。

大きいはなちゃんも、
中くらいのブイちゃんも、
もちろん可愛いですよ!
懐には入れられなくても連れ歩きたいです。
いいなぁ、犬のいる生活。

(ようこ)



つづきまして、「21世紀の『仕事!』論。パイロット篇」
にいただいたメールをご紹介します。
憧れの世界の話を聞けてうれしいといった感想を
たくさんいただきました。

メールアイコン 私は飛行機が大好きです。中で働く方々や、
もちろん整備や地上で働く方々も含めて
いろいろな役割を担って、
安全のために力を
注いでいらっしゃるのですね。

キャプテンのお話が、
とっても分かりやすくて魅力的で今すぐにでも
飛行機に乗りたくなってしまいました。

とても素敵で魅力溢れるシリーズ、
また楽しみにしております。

それにしてもキャプテンって、
やっぱりカッコイイなあ。
テレビでしか知らないので、感動ものでした。

(プニプニ♪)



メールアイコン 敦澤機長のお話、
興味深く読ませていただきました。
「お客さまの中にお医者さまが」で
脈絡なく思い出したのが義父の話。
第二次世界大戦終了間際に
パイロット訓練を受けた彼はマニア憧れ?の
メッサーシュミット操縦士でした。
そんな彼が平和な時代になってから
飛行機に乗るたび憧れるシチュエーションが
「機長が‥‥
 お客さまの中に操縦経験のある方は!」
必死のアナウンスに「それは、私です」と
背筋を伸ばして手を上げること。
かっこいい〜っ。

義父がこの機長のお話を読んだら
旅客機と戦闘機 違いはあるとはいえ
深くうなずくところが多かったと思います。

(まり)



メールアイコン 今回の仕事のパイロット編も、
大変興味深く読ませて頂きました。
それと言うのも、私が子供の頃から
コクピット大好きだったからです。
一応女子なのでお人形遊びもしましたが、
コクピットが大好きで、
エレクトーンのスイッチをそれに見立てて
よく一人遊びしていました。

紅の豚にあったような
複葉機に郷愁感があったり
見た事が無いはずの俯瞰視線の映像イメージも
脳内にあるので、
多分前世で飛行機乗りだったのだと
自分で解釈しております。
そんな私ですので、今回のお話は
大変興味深く面白いです。
続きも読ませて頂きます。

何だかとても嬉しかったので、
メールさせて頂きました。

(e-stone)



さて次は、高橋源一郎さんがTwitterで言葉を打つ姿を
5夜連続で動画中継するという「ほぼ日」初の試みとなった
「高橋源一郎『午前0時の小説ラジオ』ライブ中継」
にいただいたメールです。

深夜にもかかわらず、連日たくさんの方がご覧くださり、
また、たくさんのご感想をいただきました。

動画はその日かぎりのものでしたが、
舞台裏レポート
高橋源一郎さんのTwittterページとあわせて
みなさまからのご感想をご覧ください。

メールアイコン 小説ラジオ、楽しんでおります。
ああいう時間帯なので、自分の思考も
深く深くもぐっていくような感じがします。
何かが見えそうな気がして、
何かが開けたような気もするのですが、
眠って起きるといつもの自分です。
でも1センチずつくらいは
進んでるような気もします。

(ik)



メールアイコン 連日楽しませていただいています。
40前だし、妊娠初期で何やってるのだろう?
と思いつつも夢中になってみています。
パソコンに向かう高橋さん、
実践で戦うボクサーのようにかっこいいです。
しかも三十数ラウンド、
待ったなしの5日間勝負‥‥
すごいの一言です。

いやー、でも、高橋さんも
子育て真っ最中だからなのかもしれないですが
いつもひとりの親としてすごく大事なことを
教えていただいています。

今回の「一度だけの言葉」も
糸井さんの「見ていることが愛」も
ボディーにずしんときました。

今回参加していて、面白い事に気付きました。
高橋源一郎さんが
寡黙に小説を書いている同じ時間に
私も自分の家族の事を考え、
ツイートをして‥‥
読んでるだけじゃなかったんです。
私も確かに私のなかで
小説を書いていたんです。

いや、多分私だけじゃありません。
参加している皆さんがそれぞれの言葉で
それぞれの小説を書いていたのだと思います。

狙ってやっているのかどうか分りませんが
これって本当にすごい事なんじゃないですか?

(もんじゃ子)



メールアイコン 書く姿が人を
これほどまでに感動させるなんて‥‥

作家の方が、作品をつむぐ静かな時間とは
これほどエキサイティングなものなのかと、
少々、驚いております。

書くってカッコいい。
今回の中継でそのことを教えられました。

(ナナミン)



メールアイコン 正直眠い時間で、
でもなんだか
この「小説ラジオ」という時間を、
僕も一緒に過ごしたくて、
最初から最後まで見れてはいませんが、
この時間を少し無理やりにでも
自分の中に入れてみて、読めなかった部分の
Twitterをあとで読んでみたりもして、
何か今まで考えるのをやめてた部分とか、
自分の中のいろんな感覚を
揺さぶられるというか、
揺り起こされるような
そんな気持ちになっています。
何か今すぐ何かがわかりそうなんててことでは
もちろんありませんが、
考えることをやめないでいたいです。

(yasuhiro)



メールアイコン お話を通して、
自分と向き合う時間が持てたこと、
そして、その一見孤独な時間が、
他の人や外の世界に繋がっている感じを
味わえたこと、
それがなんともうれしかったです。
(響きあうっていう感じでしょうか。)

この5日間はふとしたときに
繰り返し思い浮かぶ、
忘れられない時間になりそうです。

高橋さん、そしてほぼ日のみなさん、
あたらめまして、
素晴らしい時間をありがとうございました。

(ボックル)



本日最後にご紹介するのは、
社員全員がターンができる会社って、すてきじゃない?
という社長・糸井重里の思いつきから、
「ほぼ日」乗組員全員がパパイヤ鈴木さんに
ターンを習うという「世界が楽しくなるターン。
パパイヤ鈴木さん教えてください。」

にいただいたメールです。

「私も回ってみました!」という方が続出中です。
お見苦しいところもありますが、ぜひご覧いただき、
まだターンしていない方は、ターンしてみてくださいね。

メールアイコン なんだかわからないけど
本当に楽しくなりそうな企画がはじまって
うれしいです。更新楽しみにしてます。

(h)



メールアイコン やってみました、ターン。
これが、なかなか難しいものなんですね。
失礼ですが、皆さんの動画を見て
「私、もう少し上手にきっと回れるわ!」と、
実際やってみると、同じでした。
全人類ターン!実現に向けて
クル→クル→→クルッ→→

(かよ)



メールアイコン こんにちは!いや、こんばんは!!
いつも楽しく拝見しています。
今日は、ターン、あまりになんだか楽しくて、
メールしてしまいました。
ダンスを見るのは好きだけれども、
やった事は皆無、そんな私ですが
ターンの前のポーズをやっただけで、
テンションがうなぎのぼりに
あがってしまいました。その勢いのまま、
感想メールを送ってしまおうと思います!
いやぁ、ダンスって、いいですねぇ!!

(w)



メールアイコン 今日、ターンしちゃいました!!
しかも職場のフローリングで。
フローリングがここしかなくて
ターンしたい気持ちを抑えきれずつい‥‥。
すごーく気分良かったです♪
ターン、くせになりそう。

(どみぃの)



メールアイコン 動画を見つつ、コンテンツを読みつつ、
自分もTRY!!してみました。
皆さんの楽しげ且つ疲労度が
そのまま身にしみました(笑)

あぁ〜私にもまわれた!!!!!!!!!!!

気分だけダンサーのつもりで
音楽にあわせられた(?)
←気がしてるだけでしょう‥‥

これから毎夜毎夜、家でまわってそうです。
パパイヤさんの教え方もうまい!
YouTubeを見ながら繰り返し繰り返し‥‥

なんだか楽しくなってきました。
またワクワクを待ってます。

(sugizou)



メールアイコン ほぼ日の皆さん、パパイヤさん、
よかったです。楽しかったです。
ありがとうございました。
きめ顔、じやなかった、どや顔、
上げ調子とか、あきらめないとか、集中とか、
私に必要な事が含まれていたので、
学びました。

で、気持ちがぶれないと、ターンも、
ぶれにくいことに、気が付きました。
(どや顔にも含まれる。持って行き方とか)
楽しいって、素晴らしいですね。

(m)



たくさんのメールをありがとうございました。
こちらでご紹介した感想メールとあわせて、
あらためてコンテンツをお読みいただけたらうれしいです。

本日ご紹介しきれなかったコンテンツもありますので、
「ほぼ日」トップページ右上の「ここ1週間のほぼ日」や
「コンテンツ一覧」からご覧ください。

そして、いつでもお気軽に感想をお聞かせくださいね。
それでは、また。


2011-02-27-SUN

postman@1101.com宛てのメールは、
乗組員みんなで読んでいます。
これからもご意見、ご感想をお寄せください。
アクセスの数字の後ろに「人」の姿が見えると、
乗組員一同、なによりの励みになるのです。

postman@1101.com 宛に送ってもらったメールは、
このコーナーで紹介させていただくかもしれません。
なのでぜひハンドルネームを記入してくださいね。
また、掲載されては困るメールには、
「載せちゃイヤ!」と書き添えてください。

ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等の著作権は
翻案権を含んでほぼ日に譲渡されたものとします。
ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等は、
使用する場合に
編集等をすることがあるかもしれません 。

最新のページへ