ミグノンプラン できることをできるぶんだけ、たのしく。

「ミグノンプラン」は動物病院とペットサロン、
保護動物のいるシェルターがひとつになった場所です。
場所は東京の北参道。
「ほぼ日」となかよしの友森玲子さんが代表です。
このページで、ときどき
ミグノンプランの活動のようすを
伝えていこうと思います。
動物が好きで関心があっても
「愛護活動は気軽にできない」
「かえって迷惑をかけるから見守るだけがいいのかも」
と思っているみなさん、「ほぼ日」といっしょに
自分たちもたのしみながら助けたり手伝ったりして
ミグノンプランを応援しましょう。







  • 行きかた(ミグノンプランに行く前に)
  • オリジナルグッズ
  • 「ほぼ日」の関連コンテンツやミグノンの活動を知ることができるWEBサイト
  • お手伝いできること



いまのミグノンプラン

前へ 最初から見る
 



 
2017/08/17 10:28
TOBICHI明日から!

明日8月18日(金)〜20日(日)まで、
南青山のTOBICHIの「4畳間」で
ミグノン夏祭りと
ミニ譲渡会を行います。
あらためて、詳細をここでお伝えいたします。

ミグノンのTOBICHI夏祭り
とき
2017年8月18日(金)〜20日(日)
11:00〜19:00
ところ
TOBICHI
東京都港区南青山4-25-14

ほぼ日のTOBICHIで
ミグノンの夏祭りを開催します。
毎回好評の写真展も予定していますし、
9月18日(月祝)開催の
「いぬねこなかまフェス」のチケットを
特典つきで販売いたします。
(席を選んで購入できますよ!)
ミグノンのかわいくて味わいぶかい
チャリティーグッズも並びます。
また、犬猫のおもちゃも販売いたします。
viviさんによるミグノンの看板犬「とつこ」の
原画も販売したり、もりだくさん! 

また、今回のコンテンツの主人公「鳥男」と
モルモットの「守本わけめ」、
ねこ2ひきほどが参加する
ミニ譲渡会も開きます。
ミニ譲渡会の日時は
8月19日(土)17時〜19時です。
(状況によって動物に負担がかかりそうなときは
時間を短縮したり休憩することがあります)

ぜひ、お出かけください!

 


 
2017/08/16 21:03
いぬねこなかまフェス
追加出演者!

9月18日に行われる
いぬねこなかまフェス。
先日、小泉今日子さんの出演発表が
ありましたが、
鈴木杏さんの出演も
決定したそうです!
前回は、朗読で参加の杏さんでした。
今回は、どんな参加なのでしょうか?

とにかく、犬猫が好きで、
「何か助けになりたい」
と思ってくださっている方々が
ステージ上に登場し、
客席にももちろんそういう方々ばかり。
あたたかくて、おもしろい、
ちょっとめずらしいイベントです。
ぜひぜひ、ご参加くださーい!


--------------
いぬねこなかまフェス 2017
〜動物愛護週間に集まろう〜

2017年9月18日(月・祝)
昭和女子大学人見記念講堂
16:00開場 17:00開演
全席指定 ¥4,320(税込)

【出演】
akiko、小泉今日子、坂本美雨、
清水ミチコ、スティーヴ エトウ、
椿鬼奴、富樫春生、友森昭一、
町田康、 水越美奈(動物行動学)、
矢野顕子、渡辺眞子、友森玲子 ほか

お問い合わせ
DISK GARAGE:
050-5533-0888 (平日12:00〜19:00)

【お申込み】
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/inuneko/
ローソンチケット http://l-tike.com/inuneko
イープラス http://eplus.jp/inunekofes/
--------------

--------------
ここでチケット売ってます!
ミグノンのTOBICHI夏祭り
2017年8月18日(金)〜20日(日)
11:00〜19:00
TOBICHI
東京都港区南青山4-25-14
--------------

 


 
2017/08/16 08:34
にわとりのはなし

ミグノンに保護されているにわとりの
鳥男についての全5回の連載
ごらんいただけましたでしょうか。

ほぼ日あてに、
たくさんの感想をいただきました。
そして、思った以上に多くのみなさまが
にわとりライフを送っていらっしゃることを
知りました。
いくつかご紹介いたします。


私も小学生の時に雄鶏を飼っていました。
きっかけは母が街中で
ヒヨコから少し大きくなったくらいの鶏を
捕まえて来たから。
動物好きだった私も、
最初はあまり「可愛い」とは
思えずにいましたが、
ロージィ(姉が名付けました)が
徐々に成長するにつれて愛着が湧いていき、
学校から帰ると
毎日一緒に遊ぶようになりました。
ケージからロージィを出すと
草を食べてみたり
土を掘って虫を探したりするのですが、
塀や柵のない我が家の庭でも逃げる事はなく、
私のそばから離れませんでした。
思いついたように私を追いかけ回して、
ふくらはぎの辺りを
クチバシでつまんだりする事もありましたが、
あれはなんだったのでしょう。
友森さんと同じように
私も彼を思い切り放り投げて、
どこまで飛べるか試しましたが、
その甲斐あってか、
野良猫が近寄って来た時に
一人で物干竿の上に飛び乗る事が出来ました。
私は鍵っ子だったので、
たまに寂しい時は彼を膝に抱き、
撫でながら小声で話しかけていました。
そんな時は暴れもせず、じっと座っていました。
我が家にやって来てから10年は経たずに
亡くなりましたが、
特に調子が悪い様子もなく、
ある日突然冷たくなっていました。

今でも外側の羽の
少し油分を含んだしっとりとした感触や、
その下の本当に柔らかな羽の気持ちよさ、
頭を撫ぜるときに目を閉じる様子などが
リアルに思い出されます。
鳥男が愛情深い飼い主の方に巡り会えることを
お祈りしています。
(M)




ほぼ日スタッフの
コッコちゃんというにわとりを
飼っていたそうです。
そういえば
チャボを飼っていたと言っていたなぁ。

写真は、星野が子どものころ、
通りがかりの道で見かけたにわとりを
撮ったものです。
木の上にいる、ということは、
この子たちも自分のちからで木にのぼれる
能力者だったんでしょうね。


小学生の頃、ひよこから育てた
にわとりがいました。
にわとりはほんとにかしこいと思います。
人の話がわかってる感じもするし、
とても懐いてました。
狭い路地沿いの家だったのですが、
大通りに出るまで朝は見送ってくれたし、
帰りは私の声を聞いて庭から出てきて
お出迎えしてくれてました。

ある日の朝、にわとり小屋の金網が破られて、
無残な姿になっていました。
近所の犬の仕業でした。
悲しくて悲しくて。
今思い出しても涙が出るくらい
悲しい思い出です。

中学生のある日、
庭に立派なおんどりが迷い込んできました。
うちの庭が気に入ったようで
いついてしまいました。
酉年で縁起がいいからと飼うか、と父が言い、
またにわとりとの生活が始まりました。
伊藤若冲の絵に登場するような
姿形の美しいにわとりでした。

その後、またにわとりが増えました。
烏骨鶏という種類です。
おそらく父が買ってきたと思います。
烏骨鶏は目がすごくかわいいんです。
黒目でくりくりしていて。
ふわふわの羽根もかわいかった。
卵もとってもおいしいんです!

結局小学生の頃から
高校生くらいまでにわとりと暮らしていました。
色々思い出してとても懐かしかったです。
どうか鳥男が
いい人にもらわれるよう祈っております!
(かや)




おお、そんなにもにわとり経験の豊富な方が!
そして、そんなにもなついて、
かわいいのか‥‥。
鳥男もがんばっていい人にめぐりあってほしい。



私は小学生のときにミグノンさんと同じ状況で
オンドリを保護したことがあります。
名前はココ。
頭もとても良かったです。
近隣5軒が階段を共有していたのですが
我が家の誰かが外出するときには
敷地から出て、階段最上段で仁王立ちお見送り
(またはお出迎え)してくれてました。
(お見送りは人間の姿が見えなくなるまで)
母の観察によるとお見送り・お出迎えは
我が家の人間のみ、よそのおうちの人には
お出迎えサービスなど一切なし。
足音を聞き分けているのか予知能力なのか、
ココが階段に立つと誰かが帰ってくる、
という塩梅だったそうです。
網戸をつついちゃダメ!も、すぐ覚えました。
早朝に鳴くのは仕方ないことでしたが、
大きく1、2発鳴けば終わるので近所から
苦情は出ませんでした。
首筋を撫でてウットリしたところを
背後からそっと抱いて膝に乗せると
大人しくしてて可愛かったです。
途中で白色の雌鶏(名:クク)を飼いましたら
ココはそれはそれは優しく、
水や餌はクク優先、
猫が来たらククを守って闘い、
凄く格好良かったです。
我が家は海外転勤となってしまったため
連れていくことが出来ず、
ココとククを某動物園の鶏放牧舎に
入れてもらうことにしました。
その後も元気にしていたようです。
(あっちっち)




にわとりとの生活を
たのしんでいた方が
こんなにもいらっしゃったなんて。
このほかにもたくさんの
こころあたたまるメールをいただきました。
にわとりかわいい! 
ありがとうございました。

8月19日(土)17時〜19時には、
TOBICHIでミニ譲渡会を行います。
もちろん「鳥男」もやってきますし、
モルモットの「守本わけめ」、
ねこ2ひきほどが参加する予定。
(状況によって、時間を短縮したり、
鳥男たちが休憩することがあります)
鳥男を家族にできそうな方、
ぜひお越しください。お待ちしています!

 



 
2017/08/15 08:15
いぬねこなかまフェスに、
小泉今日子さん出演決定!

2017年9月18日、
東京の人見記念講堂で
毎年恒例の「いぬねこなかまフェス」を
行います。

各方面から集まってくださる
出演者のみなさまの講演やステージが
中心のイベントです。
かなり豪華でめずらしい顔合わせですが、
さらにそこに、
昨年も出演してくださった小泉今日子さんが
参加してくださることが決まりました。

いぬねこなかまフェスは、
各プレイガイドでもチケットを販売中ですが、
8月18日(金)からTOBICHI
3日間限定で行う
ミグノン夏祭りでお求めになるのが
いまいちばんおすすめです。
特典つきで、席を選べるからです!

--------------
ミグノンのTOBICHI夏祭り
2017年8月18日(金)〜20日(日)
11:00〜19:00
TOBICHI
東京都港区南青山4-25-14
--------------

--------------
いぬねこなかまフェス 2017
〜動物愛護週間に集まろう〜

2017年9月18日(月・祝)
昭和女子大学人見記念講堂
16:00開場 17:00開演
全席指定 ¥4,320(税込)

【出演】
akiko、小泉今日子、坂本美雨、
清水ミチコ、スティーヴ エトウ、
椿鬼奴、富樫春生、友森昭一、
町田康、 水越美奈(動物行動学)、
矢野顕子、渡辺眞子、友森玲子 ほか

お問い合わせ
DISK GARAGE:
050-5533-0888 (平日12:00〜19:00)

【お申込み】
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/inuneko/
ローソンチケット http://l-tike.com/inuneko
イープラス http://eplus.jp/inunekofes/

 





 
2017/08/10 12:45
ミグノン夏祭り&ミニ譲渡会
@TOBICHI すてきな4畳間

TOBICHIでイベントがあります!

ミグノンの夏祭りです!
毎回好評の保護動物の写真展や、
ミグノンのカレンダーのイラストを描く
viviさんによる絵の展示販売、
9月18日(月祝)開催の
「いぬねこなかまフェス」のチケットを
特典つきで販売いたします。
(席を選んで購入できますよ!)
その他、ミグノンのかわいくて味わいぶかい
チャリティーグッズや、犬猫のおもちゃなども。

8月19日(土)17時〜19時には、
ミニ譲渡会を行います。
「鳥男」と
モルモットの「守本わけめ」、
ねこ2ひきほどが参加する予定。
(状況によって動物に負担がかかりそうなときは
時間を短縮したり休憩することがあります)
ぜひ、お出かけください。

「鳥男」のコンテンツも
現在やっております。
鳥男のことが、
好きになることまちがいなし!

 




 
2017/07/09 16:37
新宿伊勢丹でミグノンコーナー

先日より、新宿伊勢丹の二階センターパークで、
アクセサリーブランド「チャンルー」さんの
イベントの中に、
ミグノンコーナーが出現しています。

卒業犬と、飼い主さんのポートレートが
壁に貼られています。
あと、家族募集中の子たちも、
たくさん展示されています。

チャリティグッズもありますので、
ぜひお立ち寄りくださーい。
11日、火曜日まででーす。

 






 
2017/06/07 16:47
鳥男(とりお)
劇場

いぬねこなかまフェスの
チケットの発売もはじまり、
出演者も発表されましたが、
今年も豪華です。
いい意味で、
こんなごちゃごちゃだけど、
ためにもなるイベントは
なかなかないんじゃないでしょうか。

さきほど「ただいま製作中!」で 触れた
かわいいかわい鳥男の写真を
たくさんアップしちゃおう。

エレベーターで2階にあがったら、
ベンチで仁王立ちをして、
外を見ていたのが、鳥男。
ほら、かっこいいでしょう。
張り込み中の刑事(デカ)のようです。

でも、友森さんに抱っこされると
すっかりあまえんぼう。

みんな、はじめは遠巻きに
ぎょっとします
(写真4枚目!)が、
どんどん鳥男の魅力に、
ひきこまれていくのです。
いっしょに打ち合わせをしました。
友森さんの腕の中でうとうとしたり
(そのときは、
まぶたが、下から上に閉じます)
ときどき羽ばたいたり。

目が離せません。
もちろん、家族募集中!

==============

いぬねこなかまフェス 2017
〜動物愛護週間に集まろう〜


2017年9月18日(月・祝)
昭和女子大学人見記念講堂
16:00開場 17:00開演
全席指定 ¥4,320(税込)

【出演】
akiko、坂本美雨、清水ミチコ、
スティーヴ エトウ、椿鬼奴、
富樫春生、友森昭一、
町田康、 水越美奈(動物行動学)、
矢野顕子、渡辺眞子、友森玲子 ほか

お問い合わせ
DISK GARAGE:
050-5533-0888 (平日12:00〜19:00)

【お申込み】
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/inuneko/
ローソンチケット http://l-tike.com/inuneko
イープラス http://eplus.jp/inunekofes/

 








 
2017/06/03 08:54
いぬねこなかまフェス
チケット一般販売開始です!

いぬねこなかまフェス、
本日からチケットの一般販売が開始されました。

今年も出演するみなさんが
豪華ですよ。
こういった方々が一堂に会するステージ、
しかも、テーマはいぬねこなかま!
ぜひみなさま、会場におはこびください。

チケットの収益は
ミグノンの動物の保護費用に役立てられます。

いぬねこなかまフェス 2017
〜動物愛護週間に集まろう〜


2017年9月18日(月・祝)
昭和女子大学人見記念講堂
16:00開場 17:00開演
全席指定 ¥4,320(税込)

【出演】
akiko、坂本美雨、清水ミチコ、
スティーヴ エトウ、椿鬼奴、
富樫春生、友森昭一、
町田康、 水越美奈(動物行動学)、
矢野顕子、渡辺眞子、友森玲子 ほか

お問い合わせ
DISK GARAGE:
050-5533-0888 (平日12:00〜19:00)

【お申込み】
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/inuneko/
ローソンチケット http://l-tike.com/inuneko
イープラス http://eplus.jp/inunekofes/

 






 
2017/06/02 10:45
ミグノンのねこシェルターが
引っ越ししました!

ミグノンのねこを保護しているシェルターが、
ミグノンプランのある北参道の近くに
引っ越しました。
原宿駅、北参道駅から近く、
とても便利な場所です。
これを機会に、シェルターボランティアを
やってみたい方は、ぜひ
ぜひ連絡をしてみてください。

いま、ここに写っているのは
ほとんどが熊本からやってきたねこたちです。
ここで手あてを受けたり
ごはんを食べて英気を養いながら
あたらしい家族と会えるのを待っています。

いま、ミグノンの保護ねこは
120匹ほどいます。
月2回行われる譲渡会には
毎回30匹ほどしか出られません。
保護動物一覧(ねこ)を見て、
気になるねこがいたら、
「問い合わせ」をすると
譲渡会に優先的に連れてきてくれるそうです。
会ってみたいねこがいたら、
問い合わせをしてみてください。

ひところ前までは、東京都では
子ねこの殺処分がまだ多いとのことでしたが、
最近はどうなのでしょう?
ミグノン代表の友森さんにうかがってみました。

「じつはこの時期、私は
子ねこを打ち合わせに連れてって
ミルクを飲ませるのが常だったのですが、
最近はそこまでではないんです。
乳飲み子の時期の子ねこを
愛護センターから引き出すことが
かなり少なくなったんですよ。

それは、ねこの避妊が
ある程度いきとどいたこと、
また、ねこを拾っても
センターに預けずに
自力でお医者さんに連れて行ったり
自分で保護しようとする人が
増えたからではないかと思っています」

ああ、それはすごいことですね。
さまざまな動物愛護の活動や考えが
少しずつ私たちに
行き渡りつつあるのかもしれません。
もしそうだとしたら、とてもうれしいです。

今年も、動物愛護週間をテーマにした
ユニークでたのしいイベント
「いぬねこなかまフェス」が開催されます。
チケットの一般発売は、
明日6月3日(土)10時からです。
もしご興味あれば明日、
いまごらんのページを
もういちどのぞいてみてください。

ーーーーーーーーーーーー

いぬねこなかまフェス 2017
〜動物愛護週間に集まろう〜


2017年9月18日(月祝)
昭和女子大学人見記念講堂
16:00開場 17:00開演
全席指定 ¥4,320(税込)

【出演】
akiko、坂本美雨、清水ミチコ、
スティーヴ エトウ、富樫春生、友森昭一、
町田康、 水越美奈(動物行動学)、
矢野顕子、渡辺眞子、友森玲子 ほか

お問い合わせ
DISK GARAGE:
050-5533-0888 (平日12:00〜19:00)

【お申込み】
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/inuneko/
ローソンチケット http://l-tike.com/inuneko
イープラス http://eplus.jp/inunekofes/

ーーーーーーーーーーーー

 





 
2017/05/25 20:04
キールズ×坂本美雨さん

アメリカの老舗化粧品メーカー
キールズが、あたらしい試みで
坂本美雨さんとコラボした商品を
発表するということで、
発表会へ行ってきました。

この商品は
イラストレーターの前田ひさえさんが、
おなじみ美雨さんの愛猫サバ美と、
ミグノンの看板犬とつこをモチーフに
描いたそうです。
この商品の売上の利益はすべて
ランコントレ・ミグノンへ
寄付されるそうです。
これは、レアレースマスクという、
クレンジングマスク。
パッケージがかわいくて、
うれしくなります。

こうやって色んな人が、
こういう動きをすることで、
多くの人の関心につながりそうで
うれしいです。
ご興味あるかたは、ぜひ
お店に遊びに行ってみてください〜。

前へ 最初から見る

 

ほぼ日ホームへ