ミグノンプラン できることをできるぶんだけ、たのしく。

「ミグノンプラン」は動物病院とペットサロン、
保護動物のいるシェルターがひとつになった場所です。
場所は東京の北参道。
「ほぼ日」となかよしの友森玲子さんが代表です。
このページで、ときどき
ミグノンプランの活動のようすを伝えていこうと思います。
動物が好きで関心があっても
「愛護活動は気軽にできない」
「かえって迷惑をかけるから見守るだけがいいのかも」と
思っているみなさん、「ほぼ日」といっしょに
自分たちもたのしみながら助けたり手伝ったりして
ミグノンプランを応援しましょう。






  • 行きかた(ミグノンプランに行く前に)
  • オリジナルグッズ
  • 「ほぼ日」の関連コンテンツやミグノンの活動を知ることができるWEBサイト
  • お手伝いできること
いまのミグノンプラン

前へ 最初から見る
 







 
2016/11/17 20:21
ミグノン展
はじまっています。

代官山のALギャラリーで、
ミグノン展開催中です。

今回は、
「保護動物の街を作りたい」
ということで、
お家の形が並んでいて、
その中に、保護動物の
写真や、作家さんによる作品が
展示されています。

今回の卒業生コーナーは、
ギャラリーの真ん中に、
ツリーを模したオブジェがあり、
そこに、みなさんが持ってきた
写真を貼ったオーナメントを
吊るしていく形です。

展示されている作家さんの作品は
オークション形式になっていて、
現地で入札できるようになっています。
参加作家さんは、
ほぼ日でもおなじみの方の
お顔もちらほら。
鹿児島睦さんや、塩川いづみさん、
池田晶紀さんも。
さらには、TOBICHIにも
来てくれている
の作品もあります。
ぜひ、会場に遊びに行ってみて
ください。


くわしくはこちらからどうぞ。

------------------
mignon展2016
〜保護動物たちの街をつくってみたい〜
【会期】2016.11.15(火)-11.23(水・祝)
12:00-20:00 最終日23日は14:00close
【会場】AL 1F main space
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17

 



 
2016/11/12 20:48
ミグノン展はじまります!

代官山にあるALギャラリーにて
「mignon展2016
〜保護動物たちの街をつくってみたい〜」
がはじまります。

保護動物のことを
色んな人に知ってもらおうと
ミグノンさんが企画したものです。
いつものように、
ミグノンに保護されているどうぶつたちの
写真はもちろん、
イラストレーターさんなどが
保護動物をモチーフに作った
作品も展示、販売されます。
(展示会場にて、
 オークションで販売される予定です)
わたしも少しお手伝いしております。
よろしければみなさま、
遊びに行ってみてくださいー。



【会期】2016.11.15(火)-11.23(水・祝)
※14日(月) 開催前夜18:30より
 有料ライブあり
12:00-20:00
最終日23日は14:00まで
入場無料


【会場】AL 1F main space
東京都渋谷区恵比寿南3-7-17
www.al-tokyo.jp

【会期中イベント】(★印は要予約)
★11.14(月)18:30-19:30
坂本美雨×akiko Live
gt.友森昭一
前売2000円/当日2500円

★11.18(金) 18:30-19:30
町田康x友森玲子
トークショー
「動物愛護法の文学的解釈」
前売1000円/当日1500円

★11.19(土) 16:00-18:00
ゆーないと画伯の似顔絵バッジ
ゆーないと画伯がその場で
動物の似顔絵を描き
オリジナルのバッジにします。
描いて欲しい動物の写真をお持ちください。
1個1,000円

●11.20(日) 14:00-16:00
ネコの譲渡会 入場無料。
家庭環境についてアンケートを
ご記入いただき、
ご家族と合う保護動物をご紹介します。

★11.22(火)18:30-19:30
近藤研二 Live 前売1500円/当日2000円

★11.23 (水・祝日)14:00-16:00
動物行動学講習会「犬の老齢化」
水越美奈 前売3000円/当日3500円

上記有料イベント(★印)は
お問合せフォームより
事前にご予約ください。

 




 
2016/10/29 16:32
青山まつり

青山まつりで
ドコノコブースの中に
ミグノングッズも置いています。
チャリティグッズや、
手芸部のみなさんの作品たち。
ミグノンの動物たちのために
使われます。

本日は20時まで。
明日は17時までやっています!

 


 
2016/10/28 15:51
青山まつりに
チャリティグッズ。

今週末には、
ドコノコが青山まつりに参加するので、
ミグノンのチャリティグッズも
販売します!

いぬねこなかまフェスで完売してしまった
トートバッグや、
手芸部のおもちゃや、
ガチャガチャもあります。
ぜひ遊びにいらしてください!

・トートバッグ
・Tシャツ
・ステッカー
・ミグノン手芸部の犬猫用おもちゃ
・缶バッジ
・ミグノン×奇譚クラブ ガチャガチャ
・壁掛けカレンダー(2017)
・卓上カレンダー
・犬猫用おやつ

‥‥など
※クレジットカードはお使いいただけません。
 ご了承くださいませ。
-------------------

[ドコノコオフ会in青山まつり]


日程:
10月29日(土) 午前11時〜午後8時
10月30日(日) 午前11時〜午後5時
※小雨決行(当日朝7時に決定後、
ドコノコツイッターにてお知らせいたします)

会場:
神宮外苑「いちょう並木」街路樹下

 



 
2016/10/05 16:35
署名を集めています
(再掲)

いまミグノンでは、
「動物の愛護及び管理に関する法律」
見直しにむけて、
要望をまとめて、
賛同していただけるみなさまからの
署名をつのっています。

要望する項目は下記のとおりです。
1 犬猫免許の導入
2 飼育数の規制の導入
3 「拾得者等からの犬及び猫の引取り」条項(動物愛護法35 条3 項)の削除
4 遺棄行為の厳罰化と警察に捜査を義務づける手続的保障の創設
5 飼育禁止命令制度の創設
6 販売業の規制強化
7 第二種動物取扱業の規制強化

署名用紙と、くわしい内容は下記URLで
ダウンロードいただけます。
http://xfs.jp/2Mv4qV

締め切りは2017年2月末です。
用紙に書いてある住所までお送りいただければ
ありがたいです。

 


 
2016/09/24 00:22
おまけ映像です

それでは、
本日の講演のテキスト中継の
はじめのほうでお約束していた
町田康さんによる
「場内アナウンス」の動画を
お届けして、
本日の〆にしたいと思います。

ありがとうございました!

(杉並区
動物愛護週間講演会テキスト中継
おしまいです)



 






 
2016/09/24 00:13
ごはん。

閉店間際の、
洋食屋さんへおじゃましました。
昭和のかほりがぷんぷんで、
いいムードです。
いただきまーす。

おいしくいただき、
帰りの電車待ちのホームで
社長と電車待ちをしておりましたところ、
「ぼくはこっちで」
と別れたはずの町田さんが
ちょっと照れ臭そうに登場しました。
「あっちでと思ったんだけど、
 電車もこないし、こっちでした」
そうだったんですか。
きっとこっちだろうと思ってたけど、
あちらに行かれたので、
なにかご事情があるのかと
思ってたんですよ。

途中でおなかがいっぱいになって、
残ったごはんを持ち帰りにした町田さんは、
帰りは手ぶらでなく、
袋を下げて、お帰りになりました。

 




 
2016/09/24 00:00
おつかれさまでしたー

講演は無事終了!
おつかれさまでしたー。

おなかへったー!
と、ごはんをたべに行くことにしました。

え、町田さん、手ぶらですか?
「そうですよ」
え、お家から?
「いえ、都内からです」
ねこと犬たちのことを考えて、
地方に住んでらっしゃるのですが、
今日は都内からいらっしゃったようです。

「あ、ほら、ハンカチ持ってますよ!
(ピラピラ)」
ハンカチを、ポッケから出して、
ピラピラ見せてくださいました。

さ、ごはんたべにいきましょう。

 




 
2016/09/23 23:50
杉並区の講演会
中継を終わります

本日は、会場が地下だったため
電波状況が悪く、
なかなかリアルタイムのご報告ができず
ゆるゆるとした更新になってしまい、
すみませんでした。

これで、本日の
「杉並区講演会」の
テキスト中継を終了します。

もう少し中継続けて、
最後におまけがあります。

 



 
2016/09/23 23:44
ほこりある活動に

糸井
「動物のために活動できたよろこびを
もっと味わってもらえるといいと思います」

友森さん
「そうですね。
杉並区で話し合ったり、
動物愛護にもっと先進的な
地域の人にお話をうかがったりするのですが
いま困っていることを伝えても
『どこもそうですよ』という話になります。
でも、人はいっぱいいるのに活動できない問題を
突破するしくみがないといけないですね」

町田さん
「それって、理念というより
日常性の問題だと思う。
動物との暮らしは、
毎日おなじことのくりかえしで、
しかも終わりがない。
腹も減りよるし、糞もします。
一時的に気分がもりあがってやるぜ、
いうことではだめで、
日常の延長でしか成り立ちません。
ですから、杉並区なら杉並区の中で
家の近所でできる人とか、
そういう日常のつながりではじめたほうが
つづくと思います」

友森さん
「自分がなにができるかを
シミュレーションをしてもらうといいのかなぁ?」

糸井さん
「でも、やったことない人には思いつかないと思う」

町田さん
「ぼくは詰将棋が得意なんだけど、
という人はどうしたらいいんですか?」

水越先生
「私がアメリカでみた例なんですが、
アメリカにも、野良猫に餌を分別なくやる
餌やりのおばさんがいるんです。
そういう人に
シェルターに来てエサやりません?
と言ってきてもらったりしていましたよ。

また、犬好きのおじいさんがいて、
散歩したいっていうんだけど、
体力的に無理だからお断りしました。
でも、そのおじいさんにビスケットを持ってもらって、
犬舎を歩いて一匹ずつにあげる仕事を
おまかせしたんです。

ワンワンいってた保護犬が
みんなおりこうそうに待つようになったそうです。
そうやって、おひとりおひとりに
できることを与えて、
すごいなぁと思った経験がありました」

糸井
「それを考えた人がすごいんだなぁ。
ボランティアがちゃんと
ほこりある活動になれればいいんだね」

友森さん
「そうですね。
今日のお話でいっぱい気づくことがありました。
みなさん、ありがとうございました」

前へ 最初から見る

 

ほぼ日ホームへ