気仙沼のほぼ日便り

こんにちは!サユミです。
気仙沼のほぼ日を
ご覧下さってありがとうございます。
今日(5月8日)の「沼のハナヨメ。」
にも書いたとおり、
たいへん個人的なことになりますが、
私のこどもが産まれました。

もちろん、突然産まれたわけではなく、
4月から産休には入っていまして、
長く入院していたため、
最新の気仙沼情報もお伝えできて
いなかったのです‥‥。

この期間には、
仮設商店街の
南町紫市場の営業が終了になったり、
海の市に、ホヤぼーやショップと
氷の水族館ができたり、
気仙沼クルーシップの記者発表があったり、
あさひ鮨さんが本設店舗をオープンしたり、
唐桑で牡蠣まつりがあったり‥‥
いろいろニュースがあったんですよ。
そう‥‥あったんです‥‥。
せっかくの新しい気仙沼情報を
お伝えできなかったのが
悔やまれますが、
今も、いろんな動きがあります!
というのだけは、
ここに書いておきたかったのでした。
今後しばらく、気仙沼情報は、
気仙沼のともだちからの
情報提供を元に、
お伝えしていきたいと思います。

そして漫画「沼のハナヨメ。」ですが、
まだどうなるかわかりませんが、
こちらもしばらくは
「月曜日更新」でなく、
「できるかぎり更新」という風に
していきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします!

気仙沼の新しい取り組み
気仙沼クルーシップ」がはじまりました!

5月1日更新の「沼ハナ」でも
すこし紹介しましたが、
簡単に言うと、
誰でも無料で発行できる
「気仙沼クルーカード」という
ポイントカードの取り組みです。

気仙沼の加盟店や、
ネットショッピングでポイントがたまり、
ポイントは気仙沼で使うことができ、
ポイントを失効しても、それが
気仙沼の社会活動に寄付される‥‥
というものなのです。

このカードを持つことで、
気仙沼の役にたったり、
気仙沼をもっと楽しめたりするような
ものになったらいいな、と
私も思います。

詳しくはこちらのサイト
ご覧ください。
(私は、沼ハナのイラストを
書かせていただいています!)

申込は直接加盟店でなら即日発行でき、
発行まで少し時間はかかりますが
インターネットからも
お申し込みができますよ。

ぜひ、カードを持って
気仙沼に遊びにきてくださいね。

4月も後半!ということで、
気仙沼も桜はかなり散ってしまいました。
あっという間に春になって、
あっという間に桜が咲いたので、
写真は「目黒のさんま祭実行委員会」
などで、なにかとお世話になっている、
かずえさん」からご提供いただきました。
ありがとうございます!

これ、気仙沼の宝鏡寺という
ところの桜なんだそうです。
こんなところがあるなんて、
知らなかったー!

どちらかというと、ここは
海からは離れたところですが、
気仙沼市内、山のほうも、
きれいな場所がたくさんあるので、
そういう場所もご紹介していきたいです。

春といえばこの季節、
冬よりも栄養価が高くて味が濃くなると
言われている「春牡蠣」も
おいしいんですよ〜。
人気ラーメン店の「まるき」さんでは
この春牡蠣がごろっと入った
「春牡蠣の白湯そば2017」
という期間限定ラーメンも!
1日数量限定なので、
食べられたら、ラッキーですよ。

復興屋台村気仙沼横丁
3月20日で営業を終えることになり、
18日には「閉村式」という
セレモニーが行われました。

気仙沼横丁は、
2011年の11月から港のそばで
営業を続けてきた復興商店街です。
別のお店のメニューが注文できたり、
隣のお店に足りなくなったお酒を
借りに来たり、と
長屋の付き合いのような雰囲気が魅力でした。

営業最終日となる20日には、
さまざまな年代のひとや、
全国各地からのお客さんが訪れて、
大賑わいでした。
どのお客さんも、
この場所が最後になるのを、
笑って飲みながら、
惜しんでいる感じがしました。

このあと、ここにあったお店は
どうなるのかというと、
別の場所に移転するお店もありますが、
再建のめどがたっていないお店や、
やむをえず休業するお店もあり、
明るい「卒業」とばかりは
いかないところもありますが、
それぞれのお店が、またどこかで
新しいスタートを切れたら
いいなと願っています。

今年の3月11日は、
テキスト中継でもお伝えした通り、
気仙沼、相馬のいろんな方にお会いして、
秋に予定している「さんま寄席」の
打ち合わせをしたのでした。

どんなことをやるのかは、
これから話を詰めていきますが、
気仙沼のみんなで相馬に行くってことは
決定しています!
道中も盛り上がりそうだし、
いまから楽しみになってきました。

そして、いつもながら
打ち合わせの合間合間に
食べたごはんはどれもおいしかったです。
おいしいものと、楽しい打ち合わせって
セットなのかもしれない、
と、思いました。

ちなみに、
お昼は斉吉商店さんの
「ぱっぱの台所」、
夜は「宮登」でいただきました。
鍋のダシが身体にしみたな〜。