Hobo Nikkan Itoi Shinbun × Nintendo 零 ~眞紅(しんく)の蝶~ みんなできもだめし!

こんにちは‥‥。
ほぼ日の怪談」担当のりかです。

なぜこんな場所(失礼)に出てきたかというと、
それは、身の毛もよだつ、
恐ろしいできごと
があったからなのでした‥‥。
‥‥きゃー!

ある日のことでした。
「樹の上の秘密基地」担当のひとりである永田
わたしの後ろに、
背後霊のように立って、言いました。

「りかさん、もうすぐ8月だし、
 またやるんでしょう? あれを。
 だーい好きな、怪談を」

‥‥なぜわざわざそんなことを言いに来たのでしょう。
わたしが、一日のうちほとんどの時間、
忘れたいと思っていることを。
嫌がらせでしょうか。

「そんな目で睨んでも、無駄です。
 読者からの、『こわかったですぅ★』ってメールを
 ニヤニヤしながら読んでいるのを、知っているんですよ?

 そんなりかさんに、いい話があるんです。
 いま発売されている任天堂のゲームが、ホラー系で」

わたしのびびりアンテナが即座に反応しましたので、
永田を遮って言いました。

「やりませんよ」

耳の尖った永田は、聞いちゃいません。

「ちょっとだけゲームして、紹介すれば、
 『樹の上』の読者がみんな、
 『怪談』も読みに行きますよ。
 ふふふ。うれしいでしょう?」

その親切、いらなーーーーーい!!

いつの間にか、
もうひとりの「樹の上」担当ニシダが、
地縛霊のように床からわいて出ていました。

「りかさん、大丈夫です。
 この『零』っていうゲーム、
 カバーはこんな恐ろしげですけど、
 実は大爆笑ゲームだって、うわさですよ。
 くっくっく‥‥」

嘘だ。嘘に違いない。

だいたいニシダの目は、黒目がちでかわいい★と
思っている人がいますが、
ほんとうは、
底のない穴のように真っ黒なのです。

洞窟のような目でニシダがペラペラと言います。

「いえ、もう、企画は通して、
 スケジュールもおさえました。
 計14名がシフトにそってゲームをして、
 その様子を撮影します。
 原稿をりかさんが書いてください。
 ‥‥『ほぼ日の怪談』、勧め放題ですよ?」

なんだ、そんなにいるなら
わたしはゲームやらなくていいじゃないですか。
じゃ、収録終わったら連絡くださーい。
お先にーおつかれさまー。

と、塗り壁のように永田が行く手を遮って。

「何言ってるんですか。
 やらなきゃ、分からないじゃないですか。」

なんで!! なんでーーー!!
ちょろっと資料見て書いて、
『ほぼ日の怪談』をリンクすればいいんでしょー。

「やってもみずに書いた原稿を、
 ほぼ日読者に読ませるわけにはいきません」

きーーっ。
鬼!! でべそ!!

‥‥‥茫然自失のまま時は過ぎ去り、
ふと気づくと、私は真っ暗な部屋で、
ゲームのコントローラーを
握りしめていたのでした。

きゃああ~~~。

‥‥この『零 ~眞紅(しんく)の蝶~』は、
とある村の呪われた伝説をモチーフとした
アドベンチャーゲームで、
その操作はWiiリモコンの特長を活かしたものと
なっております‥‥。

ゲームの説明は怖いからこれくらいにして、
そのおもしろさは、実際のゲーム画面ではなく
「このゲームをする人々」の表情で、
みなさんに感じていただきましょう。

映像は、3つに分かれております。
ゲーム画面は写っておりませんので、ご安心ください。

怯え、叫び、そして震え‥‥
「ほぼ日」乗組員の阿鼻叫喚をとくとご覧ください。

(1)うるさい人達(3分35秒)

・かしまし関西人ペア(スガノちょう
・先輩後輩ペア(シブヤりか
・なかよし同期ペア(タナカおーた

(2)静かな人達(4分57秒)

・無口ペア(おっくん元木
・小芝居ペア(山下シェフ
・体育会系ペア(オトヤいさわ

(3)おまけのドッキリ(5分41秒)

おろおろペア(ゆーないとコウノ

‥‥楽しめましたか?

とくにおまけのドッキリには
「樹の上」担当の永田とニシダの恐ろしさが
詰まっております。

わたしが上に書いたようなことが
決して嘘ではなかったのだと
信じていただけること、請け合いです。

そして以降、ふたりに逆らうものはおりません‥‥。

きゃああああ~~!

怖いものがお好きな方、
ぜひ『零 ~眞紅(しんく)の蝶~』をお楽しみください。
そしてよろしければ、「ほぼ日の怪談」もごひいきに‥‥。

2012-08-01-WED