イメージ

イメージ

「ドンキーコング64」
 シリーズ最新作の熟成に迫る
 第3回 日本初!レア社スタッフ
 直撃インタビューまだまだあります。

イメージ
 
前回につづいて、「ドンキーコング64」を開発した
イギリスにあるレア社のスタッフにお話を聞きました。
前回の分を読んでいない人は、
ぜひ、そちらから読んでみてください。
今回はもう少しレア社のようすを語ってもらいました。

 
イメージ
 
私たちレア社のスタッフが、
ゲームを創るときにいちばん大切にしていることは、
あたりまえかもしれませんが、
どのゲームでも“遊んでみてとにかく楽しめるもの”に
仕上げようと心掛けることです。
楽しいゲームを創ることが
レア社の哲学そのものなんですね。
 
レア社があるのは
イギリス内陸部の都市バーミンガムの北東にある
"Twycross"という小さな村です。
ものすごい田舎なんですよ。
まわりには牧草地が広がっています。
「その土地でオススメのスポットはなんですか?」と
ときどき聞かれるのですが、
牧草地で牛の群れが牧草を食べているのを
ゆったりと見ている以外は、
それほどすることはないんですよ。
イメージ
これといったオススメのスポットがないかわりに、
都会の喧騒から離れたとても静かな環境なので、
インスピレーションを感じたり、
構想をまとめたりするためには
最高の場所だと思いますよ。
そういった静かな村にあるおかげで、
私たちの職場は、ゲームの開発をするのに、
素晴らしい環境にあると思います。
イメージ
会社内のどの部署をとってみても、
多くの才能とクリエイティビティをもった
スタッフが集まっていると思います。
優れたクリエィティビティは
社内の各部署に連鎖的に広まっていて、
スタッフのみんなが、多くの人に楽しんでもらえる
ヒットゲームを開発したいと思っています。
 
静かな村でのどかにゲーム開発をしているかというと、
そういうことでもありません。
みんながいいゲームを創りたいと思うからこそ、
レア社はスタッフ間の競争意識が
非常に高い職場でもあるんですよ。
どの開発チームもヒット作を作ろうと
しのぎを削っています。
独創性といい意味での競争意識があることが
レア社をすばらしい職場にしているんでしょうね。
ちょっとホメすぎかな(笑)。
 
「ドンキーコング64」の開発が終わった今、
これから先の計画はとくに決まっていませんが、
ドンキーコング以外のゲームもぜひ作ってみたいですね。
近いうちにまた別の作品に取り掛かることになりそうです。
いいゲームを創り続けることが私たちの仕事ですからね。
イメージ
レア社のスタッフである私が、
ゲーム業界で働こうと思ったきっかけは、
いちばん最初にやったゲームにあるかもしれません。
初めてプレイしたテレビゲームが
「スペースインベーダー」だったんですね。
初めて遊んだゲームが「スペースインベーダー」だという
人ってけっこういるんじゃないでしょうか。
そういうわけで、子供の頃にゲームを好きになって、
多くの人達と同じだと思うのですが、
ずっとテレビゲームで遊んでいましたね。
そのうち、いつの日か自分の手で
ゲームを作れればいいなと
しょっちゅう夢見るようになっていました。
 
人生の多くのことと同じで、
もし自分が何かを欲しいとか、
こういうことをしてみたいと心底望めば
それを実現する道は見つかるのではないでしょうか。
私はテレビゲーム制作に携わりたいと強く思いつづけて、
どういう形であれゲーム業界に関わっていたいという
一心だけで、やれることは何でもやってきました。
その結果、今こうしてテレビゲームの創作に
より深く関わるチャンスを手にすることができたのです。
イメージ
日本で作られたゲームでもよく遊びますよ。
私は多くの日本のゲームの趣向や構成が気に入ってます。
どのゲームがいちばん好きかというと……、
好きなゲームがものすごく多いので、
とても全部はあげきれませんよ。
 
今回は、私が働いているレア社について
お話してきましたが、個人的な希望として、
こんどは、ぜひ、任天堂を見学してみたいですね。
実はまだ行ったことがないんですよ。
京都という歴史ある有名な街にあるんですよね。
任天堂のスタッフがどのようにして
ゲームを開発しているのか、この目で見てみたいし、
スタッフといろいろ話をしてみたいですね。
 
宮本茂プロデューサー
 
宮本茂プロデューサーに会えるといいなぁ。
ゲーム業界のいたるところで
宮本氏の非常にいい評判を耳にしますからね。
なんでイギリスで働いているスタッフが
宮本氏の評判を耳にするかというと、
その理由はとても簡単なことなんです。
彼はみんなが楽しめる不朽の名作を
これまでいくつも手がけてきたからですね。
レア社のスタッフはみんな
彼の才能、ゲーム創りへの姿勢、
そして彼のもっているビジョンをすごく尊敬しています。
宮本氏が次世代ゲーム機「ドルフィン(仮称)」のために
どんなゲームを開発しているのかはわかりませんが、
それがどんなゲームであれ、非常に楽しめるものに
仕上がると確信しています。
きっとすごいゲームができるんですよ。
(註:「ドルフィン(仮称)」とは、
 「Nintendo64」の次世代機に相当するゲーム機。
 現在開発中です)。
イメージ
日本でもドンキーコングシリーズは
本当に人気がありますね。
「ドンキーコング64」も好評で、
スタッフの努力が報われてうれしいです。
レア社で製作したスーパードンキーコングシリーズも含め、
日本での大ヒットを見ても、
「ドンキーコングは名作ゲームの主役をはってきた
 素晴らしいゲームキャラクターである」と、
世界の人々が思ってくれていることを感じます。
私たちレア社スタッフ一同は、
ドンキーコングシリーズの日本での
これまでの成功をとてもうれしく思っていますよ。
 
イメージ
シリーズのひとつ「スーパードンキーコング」
1994年にリリースされた
 
開発チームが楽しみながら
「ドンキーコング64」を作ったように、
日本のすべてのドンキーコングファンが
「ドンキーコング64」を楽しく遊んでくれたらと
レア社スタッフ一同で願っています。
またいつか、ほぼ日のこのコーナーで
お会いできるかもしれませんね。
そのときは、また自信作を紹介しますよ。
イメージ
 
レア社スタッフへの直撃インタビュー、
いかがでしたでしょうか?
「ドンキーコング64」をプレイするときに
開発スタッフの姿を想像したりすると、
スタッフのアイデアや工夫が
ゲームのあちこちに見えるかもしれませんね。

 
さて、3回にわたって掲載してきた
「ドンキーコング64」の記事は今回が最終回です。
次回からはまた別なゲームの話題が登場しますよ。
お楽しみに!


(C)1999 Nintendo. Game by Rare.
Rareware logo is a trademark of Rare.

(C)1994 Nintendo.

イメージ


2000-1-13-THU

BACK
閉じる