tree

「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の情報・産地直送!
宮本茂を核にしてまとまったゼルダチームは、
あきれるようなしつこさで64のゼルダをつくった!
そのしつこさの一端を、
しつこくインタビューしてきました。
そのインタビューを少しずつ編集して
「ほぼ日の近くの大きな樹の上から」
お伝えしましょう。


(第1回の6)
今度のゼルダの敵
「ガノンドロフは
 ワルでもイイオトコ」らしい。

bicycleガノンについては、
まず、なぜああいうガノンだったのかを考えました。


ぼくが最初に考えたガノンは、
すごい歪んだ、コンプレックスを抱いている盗賊で、
卑屈な人間だ、というイメージを持っていて、
だからそういう設定にして持っていったんだけれども、
キャラクターデザインチームや
スクリプト担当の大澤さんは「そうではない」と。
今回のガノンはかなりいいオトコや、と。
『北斗の拳』でいうと、ラオウみたいなもんや。
もっといいおニイさんで、しかもカリスマ的大物っぷりを
発揮させたい、というので、それで作り直しました。


最初のガノンドロフと、7年後に長髪になっているのと、
最後のガノン、3形態を作りました。
ガノンドロフには、いちおう、モデルがいるんですよ。
クリストファー・ランバートのイメージを
頭のなかに置いてて・・・。
でも、かなり違っちゃいましたけれどもね。

ゼルダでガノン、といえば、前作はブタだったんだけど、
今回話し合ったのは「ブタじゃないだろう」と。
「ブタにはしたくない」ってのがありました。
でも最後はやっぱりブタにすべきかどうか、ということで、
自分もかなり悩んでました。
宮本さんがどう思ってるのか、
ずっと知りたかったんですけど、
宮本さんにはそういうこだわりはないということが
最後になってわかったので、じゃあ、もう自由にやろうかな、
っていう気持ちになりましたね。

今回のストーリーは本当のオリジナルではなくって、
前作のスーパーファミコン版に出てきた
「七賢者の封印戦争」を扱っているんだ、という、
いわば「裏」の認識があったんで、
いちおう前作のブタっぽさを、
ちょっとでも残しておくのが正解かなと思って、
「ブタの感じ」を入れた獣にしました。

だから、その意味じゃやっぱり「ブタはブタ」ですね。
変身するときに顔面のアップになると、
隠しきれないブタの感じが残っていますね。
ただ、スタッフのあいだでは、風邪薬の「改源」って
あるじゃないですか、
あの「カゼの神さま」ってキャラクターね、
あれだって呼ばれてます(笑)。
「カゼひいてまんねん」やね、って。
       (キャラクターデザイン・滝澤 智さん)

 

bicycle今回は、ところどころに声が入っているんですが、
最初にあの画面をみたガノン担当の声優さんが、
ガノンのことを、すごい悪党の感じでイメージされていて、
いかにも悪そうな男の声にしたんです。
それを聞いたあとで、声優さんには
そういうんじゃなくて、ワルはワルでもかっこいい、
シブいワルの声にしてくれ、とお願いしました。
      (シネマシーンディレクター・森 直樹さん)

 


bicycle ガノンの「最終形態のいっこ前」の
マントの動き
とかって、すごい(笑)。
けっこうリアルですよ。
すっごくよく出来てると思います。
         (プログラマー・岩脇敏夫さん)

bicycleガノンの演出は、だいたいぼくです。
もちろん、大もとは宮本さんなんですけど。

宮本さんは、「映画的であるかどうか」というよりも、
気分とか雰囲気を大事にされる方ですから。

例えば、ゼルダが最初にガノンに会うところ。
ゼルダ姫は「ガノンは悪いヤツだ」というお告げを
受けるんです。で、そのことをまわりの人たちに
一生懸命訴えるんだけれども、大人にはまともに
相手にしてもらえなくって、
父親からも、何を言ってるんだって無視されて、
しかたないなって
窓から外を覗いてる、と。
そういうシークエンスを考えられたのは、
宮本さんです。
ほんとにちょっとしたことなんですけれども
宮本さんのものの考えかたがすごく出ている場面です。


もっとも、あそこはさいしょ「窓」じゃなかったんです。
「覗き穴」だったんです。
でも、なんでお城の中庭に「覗き穴」があるんだ?って
ことになってね、最終的には窓になったんですよ。

覗き穴から窓に変えるっていうだけで、
マッパーには泣いてもらった(笑)。
ひとつのことを変更するのに、5人、10人の手を
わずらわせることが多かったんですが、
やらないとダメだっていうところで
彼らにはやっていただいて。
そんなもんだから、途中の作業量は、
もうほんとに多かったですね。
                  (森さん)

というところで、(第1回の6)
「今度のゼルダの敵
『ガノンドロフはワルでもイイオトコ』らしい」は終り。
これから、さらに加速度つけて進んでいきますから、
新しい更新をこまめにチェックしてください。

 


1998-11-26-THU


戻る