下のタブをクリックするとページが切り替わります
  • 『マリオカート7』ってどんなゲーム?
  • コミュニティがおもしろい
  • ほぼ日のコミュニティ
  • コメントを残す
  • みんなのコメントを見る
  • レース中継
最新のみんなのコメント
みんなのコメントをもっと見る。

ニンテンドー3DS用ソフト
マリオカート7

2011年12月1日発売
4,800円(税込)
プレイ人数1人(通信プレイ時2〜8人)
©2011 Nintendo

通算7作目の『マリオカート』は 陸、海、そして空を駆け巡る。

マリオたちがカートでレースを競い合う
『マリオカート』シリーズの最新作が
ニンテンドー3DSでが登場しました。
その名も『マリオカート7』。
1992年に発売された1作目である
『スーパーマリオカート』から数えて7作目。
だから『マリオカート7』です。

これまでは、ずっとコースは陸地だけでしたが、
今回は違います。
ときには海中を走ったり、
カートからグライダーを出して大空を飛んだりするんです。

また、フレーム、タイヤ、グライダーの
3つのパーツを組み合わせて、
自分でカスタマイズしたカートで走ることもできます。

ほかにもニンテンドー3DSの性能を活かした
要素も盛りだくさん。
ハンドルのように本体を傾けることで操作できたり
すれちがい通信で他のプレイヤーとの
やりとりをおこなったり、なんてこともできちゃいます。

もっと詳しく知りたい、という方は
ぜひ任天堂の公式ページをご覧くださいませ。
すごく丁寧でわかりやすいですよ。
しかも、Q&Aのコーナーがあったり、
レースで役立つ、
ちょっとしたテクニックまで載ってます。

今度の3DS版『マリオカート』は 「コミュニティ」がおもしろい。

今回の『マリオカート7』に追加されたものに
「コミュニティ」という仕組みがあります。
インターネットを使った通信対戦の仕組みなんですけど、
これがね、おもしろいんですよ。
キチンと説明するとなると
難解な言葉が並ぶことになってしまうので、
ここではザックリとした説明をします。

・コミュニティとは、
「パスワードでロックがかけられた部屋」のことです。
部屋の中では
『マリオカート7』の対戦がおこなわれています。
その部屋に行くにはニンテンドー3DSが
インターネットに繋がっている必要があります。

・パスワードでロックがかかっているので、
パスワードを知っている人しか入れませんが、
逆に言うと、パスワードを知っていれば誰でも入れます。

・部屋は誰でも作ることができ、
その中でおこなわれている『マリオカート7』のルールは
部屋を作った人が決めることができます。

▲「コミュニティをつくる」を選べば誰でも
コミュニティを作ることができます。

ザックリとおわかりいただけましたでしょうか。
コミュニティを部屋として考えるとわかりやすいと思います。

で、ここで大事なのがパスワード。
まず、コミュニティを作った時点でパスワードが表示されます。
作った人はそのパスワードを知り合いに教えます。
そうすることで、その人と知り合い同士が
コミュニティで対戦できる、というわけです。
14桁の数字なので、
メールに書いて送れば、あっという間に
知り合いに伝えることができますよ。

▲マリオの下に表示されている数字がパスワードです。

ほぼ日のコミュニティを作りました。 しかも2種類あります。

「パスワードでロックがかかった
 対戦のための部屋」であるコミュニティは、
気心の知れた複数の知り合いとレースをするときには
とっても便利な機能です。

そんなわけで、
気心の知れた仲ではありませんが、
ほぼ日読者でレースをするのは
ちょっとおもしろいかも、と思い
ほぼ日でもコミュニティを作りました。
しかも2種類。

なぜ2種類かと言いますと、
腕前に差が開きすぎると、
存分に楽しめないと思いましたので
『マリオカート』に慣れていない人向けのコミュニティと
それなりに慣れている人向けのコミュニティを
分けて用意しました。

 ほぼ日のコミュニティKAME

 ほぼ日のコミュニティUSAGI

KAMEは慣れていない人向け、
USAGIはそれなりに慣れている人向け、です。

もちろん、厳密に分けるつもりはありません。
ご自身の判断にお任せいたします。
が、判断の指針となるような、
ほぼ日が考える「こんな人は慣れていない!」
のサンプルをご用意いたしました。

●これまでのシリーズをプレイしたことがない。
●昔やったことがあるが苦手だったことしか思い出せない。
●とにかくまっすぐ走れない。
●どうしてもカーブがうまく曲がれない。
●闇雲に壁に激突する。
●十中八九、崖から落ちる。
●未来永劫、コースを覚えられる気がしない。

これにいくつも当てはまる方は
間違いなく慣れていない人かと思われます。
堂々と「ほぼにちのコミュニティKAME」へどうぞ。

これに当てはまらない人、
あなたは間違いなく慣れている人です。
「ほぼにちのコミュニティUSAGI」へどうぞ。

ちなみにルールは
KAMEは50ccグランプリ、USAGIは100ccグランプリで
どちらもアイテムは「すべてあり」です。

「なんのこと?」とお思いの方はあんまり気にせずに。
それでは、KAMEとUSAGIのパスワードを
お知らせいたしましょう。

ほぼにちのコミュニティKAME 12-0344-9948-0990

ほぼにちのコミュニティUSAGI 38-2295-0501-9427

入力のしかたは以下のとおりです。
※ニンテンドー3DSがインターネットに
 接続されている必要があります。

▲タイトル画面から「インターネットで」を選択。

▲「コミュニティで」を選択。

▲メニュー画面から「番号でさがす」を選択。

▲参加するほうのコミュニティ番号を入力しましょう。

▲コミュニティ名に間違いがなければ「はい」を。
 コミュニティの登録はここで終了。
 このあとは、レースへと進んでいきます。

▲レース前には、あらかじめ用意されているコメントで
 ほかのプレイヤーとのコミュニケーションを
 とることができます。
 誰かが「さあ はじめよう!」を選んでから10秒後に
 レースは始まります。

▲操作するキャラを選んだら、カートのパーツをセットしましょう。

▲選択項目、最後はコースです。
 参加者が選んだコースからランダムで決定されます。
 さぁ、コースが決まればレース開始です。

▲コミュニティ番号は一度入力すれば
 「お気に入り」の項目に追加されます。
 再び入力する必要はありません。

各コミュニティには、 ほぼ日乗組員が参戦します。

KAMEとUSAGIには
ほぼ日乗組員も参戦いたします。
もちろん弩級の初心者の乗組員をKAMEに、
そこそこの腕前を持つ乗組員をUSAGIに送り込みます。
レースに参加するメンバーは、
コミュニティに参加しているプレイヤーの中から
ランダムに決まるので、ひょっとしたら
彼らとレースをすることになるかもしれません。
そのときはお手柔らかにお願いします。

ちなみに、このコミュニティが存在する期間は
本日から1月14日(土)の午前11時まで。
最終日には、USTREAMによる中継もあります。
乗組員が実際にコミュニティに参加し、
レースをしている様子を生中継でお届けします。

楽しかったレースのあとは、 楽しいコメントで。

登録した名前と生年月日を入力し、
レース後のコメントを残しましょう。
コメントはひとりひとつまで。
残すたびに以前のコメントに上書きされていきます。
30文字まで入力できます。

名前
ひらがな、カタカナ、英数字で10文字まで。
例:ほぼにちタロウ、HOBONICHI、HOBO0606
生年月日
数字のみ 例:19920827、20111201
コメント
30文字まで入力することができます。
例:HOBONICHIさん、さっきのレースでは完敗でした。次こそは!
コメントを残す

ほぼ日のコミュニティは、 レース後もコメントで楽しめます。

せっかくコミュニティを作ったんだから、
レースの感想を書き込めるページがあったら
レース中もレース後も楽しいはず。
そう思って、まさに
「レースの感想を残せるページ」を用意しました。
じゃんじゃん書きこんでくださいね。

※コメントはひとり1つしか残せません。

コメントを残すには、事前の登録が必要です。 登録ページはこちら!

みんなのコメント

キャラ 参加コミュニティ 名前 コメント

KAME、USAGI大繁盛記念。 ほぼ日のコミュニティ生中継!

昨年の年末にオープンし、
絶えず誰かが対戦をしている大繁盛状態だった
ほぼ日のコミュニティ、KAMEとUSAGI。
ほぼ日乗組員がプレイヤーとして参加するレースを
USTREAMで生中継。
1月13日(金)の18時くらいからポツポツ始まり、
21時くらいになったら終了です。

【中継の日、特別ルール】1月13日の中継の日は、KAME、USAGIともに ひとつだけ特別ルールを適応させていただきます。「コース選択は「おまかせ」を選ぶ」これだとコースはランダムで決定されます。 たくさんのコースをいろいろ走ったほうが 絶対に楽しいのでぜひ守ってくださいね。
※ハッシュタグは「#hobo_event
このコンテンツについてツイートする場合は、
文末にハッシュタグ「#hobo_event」を入れてツイートしてみてください。
#hobo_eventをツイートする
上にある「コメントを残す」タブからレースの感想などもぜひ!
ほぼ日のコミュニティKAMEとUSAGIは 1月14日を持って終了いたします。 たくさんのご参加、ありがとうございました。
2012-01-12-THU