乗組員もハマってしまう‥‥。大好評です、ほぼ日のアプリ。

こんにちは、ほぼ日のです。

6月にリリースされた「ほぼ日のアプリ」が、
うれしいことに、大好評です。

毎日、メールやツイッターで、
たくさんの感想を、いただいています。

このアプリの特徴を一言で申し上げますと‥‥

「ほぼ日の過去19年のアーカイブを、
 どんどん、ザクザク、まいにち、いくつも、
 ご紹介していくアプリ」

といった感じ。

とにかく、
思いもかけないコンテンツに出会えると
好評をいただいているアプリなんです。

アイコンは、おなじみ、おさるのマーク。





電車の移動時間や、
ちょっとした待ち時間などにはもちろん、
腰を据えて何か読みたいな、
という休日などにも、たいへん便利です。

ニュースサイトをチラ見する感覚で、
ほぼ日の過去のアーカイブからのオススメを、
チェックすることができますよ。

とくに何のコンテンツなのか敢えて明示せず、
写真だけでズラズラっと紹介していく
「ランダム」コーナーにハマってしまう人が、
多いみたい。



気になる写真をクリックすると、
予想もしなかったような企画・コンテンツに、
めぐりあえることも‥‥。

(担当のは、
 これ、なんだろう‥‥と思って
 クリックした先の「意外性」もねらって
 写真を選んでいたりするようです)

つい最近も、検索とかでは
たぶん、たどりつくことのできない
「野球とガンダム」
という、2007年の名作コンテンツが
アプリによって掘り返され、
ちょっとした話題になっていました。



また「人気」のタブに並んでいるのは、
最近のコンテンツを中心として、
「掲載時、この連載はとくに人気だったから、
 ぜひ読んでほしい」という
編集部おすすめの記事。

さらに毎朝午前11時(土日祝は午前9時)の
ほぼ日の更新時刻をはじめ、
プッシュ通知でおしらせも受け取れるので、
「読み逃しがなくなりました」
というお声も、たくさんいただいています。



とにかく、19年ぶんのアーカイブを、
たっぷり楽しんでいただける、このアプリ。

「え、こんなコンテンツあったんだ!」
「あー、この連載、昔読んだなあ‥‥」
という、「ほぼ日」本体とは、
また別の楽しみかたをしていただけます。

ぼくたちとしては、
アーカイブの山に埋もれてしまっていた
名作コンテンツを、
改めて読んでもらえるのが、うれしいです。

読者のみなさんだけでなく、
乗組員もハマってしまう、ほぼ日のアプリ。
ぜひ、ダウンロードしてみてくださいね。

App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう
(推奨環境 iOS9.0以上 Android5.0以上 ※2017.5.31時点)

 

それでは以下に、
ユーザーのみなさんからいただいた感想の一部を、
掲載させていただきますね。




















「ほぼ日のアプリ」をはじめ、
「ドコノコ」や「生活のたのしみ展アプリ」など
ほぼ日発のアプリについては
こちらのページで、まとめてご紹介しています。

2017-07-04-TUE