動物界にいるミグノンの友森さん。

「ランコトレ・ミグノン」のサイトはこちら

大人が現れる。

糸井 じゃあ、いちばんの資本は、はっきりと自分の腕だね。
友森 まぁ、そうですね。
あとの資産は、気持ち‥‥気持ちっていうと、
なんかちがう感じがするけど、でも、そうです。
なんだかんだいって最初の1年は、
バイトしながら店やってました。
糸井 バイトしながら?
友森 お店の定休日の木曜日に、
勤めていた広尾の病院の前、つまり、
最初に就職した病院で、
バイトさせてもらってました。
その病院は東洋医学。
食事療法とマッサージと鍼灸で、
けっこう有名な先生です。
その先生から
「開業したはいいけど、絶対食べていけないから、
 休みの日、バイトに来て、店の電気代でも稼いで帰れ」
と言われました。
糸井 そのくらいの加減って、ちょうどいいね。
友森 はい。ありがたいなぁと思いました。
「じゃあ、木曜日がお店の休みなんで木曜日に来ます。
 月に1回は、仕入れや雑用のために休みたいから
 ここに来るのは月3回でいいですか?」
と訊いたら
「いいよ」
と言うので、月3回バイトさせてもらってました。
それだけだと足りないと思ったみたいで、
原稿打ちとか、先生が書いてる本の清書とか、
「英語の資料を、ざっとでいいから和訳」
とか、そういう内職ももらいました。
糸井 大活躍じゃん。
友森 はい(笑)。
最初の頃はお店にお客さんが来なかったから、
ひまなときに店で原稿打ちしたり、
辞書引いて和訳したりしてました。
それを次のバイトのときに持って行くと、
「じゃあ、これで」とお金もらってた。
糸井 それで「ミグノン」が回っていくようになった?
友森 最初のひと月はお客さんはポツポツでしたけど、
2ヶ月目からは、
最初の月に来てくれたお客さんの紹介で
顧客が倍になって、
2ヶ月目は動物病院で働いた頃と同じお給料が
取れたんです。
「あ、これは食べていける」と思ったけど、
「まぁ、怖いから、バイトは1年続けよう」
と思ってつづけました。そして、1年で、
「ありがとうございました」しました。
糸井 雇ってくれた先生は、どう言ってた?
友森 「どうせあんたなんか、どんぶり勘定だし、
 経営できないだろうから、
 食べられなくなったら来なさい」
と言ってくれました。
「ありがとうございます」
と言って辞めました。
糸井 それが、最初に就職した東洋医学の先生なんだね。
友森 いまだにおつきあいはあります。
次の広尾の院長も、いまもなかよしです。
糸井 犬猫の東洋医学って、実績があるもんなの?
友森 最初はとんでもない病院に就職したと思いましたよ。
だって、学校で、
「皮膚病にはこういう薬を使う」とか
「癌は手術をして」とか習ったのに、
全身ボロボロの皮膚病の犬が来ると、先生は
「あぁ、もうステロイドやっちゃだめだからね、
 薬、全部捨てなさい」
とか言って、病院でシャンプーしてお灸をすえて、
「サプリメント、朝晩何粒かこれ飲んで。
 ごはんはこれにしてね。はい」
と言って何万円も取って帰しちゃうから、
「うわぁ、ヤバい」
と、勝手に詐欺だと思っていました。
だけど、大学病院でも手に負えなかった子が、
みるみる元気になっていきました。
私自身、そのときに、アトピーと喘息とで、
ステロイドと抗ヒスタミン剤を使ってたんです。
糸井 友森さんが。
友森 そう。薬が増えてきていたし、
もしかして自分は、あのボロボロになってる犬の
途中までの段階まで来てるかもと思いました。
そこではじめて
「西洋医学=唯一の選択肢、じゃないんだ」
と思いました。なぜなら、犬は、嘘つかないから。
糸井 人間だと「気のせいで治った」なんてことがあるからね。
友森 手かざしただけで
「もうこれで大丈夫ですよ」って言われたら、
そうなるかもしれないでしょう。
だけど、犬は、知らないで、ブイブイやって来て。
糸井 ブイブイ来て(笑)。
友森 お灸とかされて「アチチチ」とか言いながら
帰っていって、元気になってる。
そのときに興味を持って、
先生からすすめられた本を読んだり
セミナーに行ったりしました。

子どものときに治まってたアトピーが
動物のアレルギーがきっかけで一気に爆発して、
包帯巻かないと出掛けられないくらい、血だらけでした。
洋服が、漿液(しょうえき)でくっついちゃって
バリバリになってた。
包帯巻いてミイラ女みたいになって
専門学校に行ってました。
学校でも、
「あなた、絶対動物関係進めないから」
「ペットフード会社に就職しろ」
と言われていました。
糸井 みんな、いろいろ言ってくれるもんだね、しかし(笑)。
友森 でも、ペットショップでバイトしてたんだけど(笑)。
あまりにもひどいと思われたみたいです。
そんな状態だった私ですが、
その東洋医学の病院に就職して、
徐々に薬をやめようと思いました。
皮膚の免疫をあげるのは、
こういうサプリメントがいいとか、
食べものに気をつけるとか、ちゃんと寝るとか‥‥。
糸井 運命変わったね。
友森 あそこに就職しなかったら、危なかったかも。
糸井 友森さんの話、聞いてると、
「それをしなかったら」っていうのばっかりだよね。
「学校辞めなかったら」とかさ。
友森 そう。学校を辞めたから、大検受けて、
不思議な道入ったし。
わんわん博士が解説するのじゃ

友森さんは療養のため
1年間高校を休学し、その後復学したが
「年数がもったいないから」ということで
高校を辞めて大学検定に切り替えたのじゃ。

糸井 不思議な道、ねぇ(笑)。
友森 大検受けて、受験して浪人して、
浪人中、お金がないと困るから
長時間働かせてくれる熱帯魚屋さんで働いて、
熱帯魚屋さんのキャリアがあったから
ペットのお店でバイトができて。
糸井 あぁ、あぁ。
友森 ペットの販売の経験があったから、
動物病院ですぐ働かせてくれた。
全部つながっていってます。
失敗しても、そっちのほうが、
実はよかったってことばかり。
糸井 それから、東洋医学の病院の院長のように
ほかの人がいちいち
「そんなんじゃだめだ」
と手を差し出してくれてる。
友森 そう。周りの大人に、私はすごく恵まれています。
いろんな人が助けてくれました。

逆にいうと、そのせいで危機感がないし、
よく「甘い」と言われます。
もちろん、自分で努力はしなくちゃいけないけど、
とことん限界だっていうくらいまで、
努力しなきゃいけないけど、
もう無理だと思ったら、いつも大人が助けてくれます。
震災後に福島行ったり、シェルター借りちゃったり、
すごく無謀なことをしても、誰かが助けてくれる。だから、意外と何でもできる。

(つづきます)

東京都動物愛護相談センターってどんなところ? その3
佐竹 犬の登録頭数は、東京都も全国も、
右肩上がりで増えています。
ほぼ日 犬の登録というのは、「犬を飼ってるよ」ということを
市区町村に届け出ることですね。
佐竹 そうです。
それによって、犬の所有者が明確になります。
そんな中でもやっぱり
センターに入ってくる動物がいます。
それは、飼い主さんからの引き取り、
それから、保護した方や拾った方からの
引き取りが主です。

飼い主さんが「引き取ってくれ」と
言ったものについては
引き取った時点で所有権がなくなるわけですから、
すぐにでも新しい飼い主さんに
お譲りすることもできます。
しかし、迷い犬に関しては、飼い主さんが
探してらっしゃるかもしれないので。
ほぼ日 捨てられたのか、逃げてきたのか、わかりませんね。
佐竹 そうです。ですから、飼い主さんに戻すために
7日間という期間、我々は管理しなければいけません。
区市町村の公示、ホームページへのアップなどで
「こんな犬が収容されてます。
 飼い主さんは、早く来てください」
と呼びかけます。
飼い主さんが無事現れれば返還できますが、
7日間経った時点で、新しい飼い主さんにお譲りするか、
殺処分するかの分かれ道になります。
昔は「7日」が経過した時点で
すぐに殺処分されていたと思います。
ほぼ日 7日間で。
佐竹 すぐに。
とくに、大人の犬の譲渡なんて、
昔は一切やっていなかったんですよ。
平成9年以前はそういう状況です。
なにせ、子犬子猫がいっぱいいたので
そちらを優先してもらってもらいました。
ほぼ日 子犬もいっぱいいたんですね。
佐竹 大人の犬は、どんな癖を持ってるかわからない、
という偏見もあって、
どんなに「もらってくれ」と言ったって
希望者もいなかったです。
ほぼ日 でも(資料を見る)、センターの動物取り扱い数は
平成4年で「26438頭」だったのが
平成23年では「3295頭」になっています。
佐竹 そうなんですよ。
まず、子犬がセンターに入ってくることが
少なくなったので、
大人の犬を譲渡することが普通になりました。
もらう側の人たちの意識も変わってきて、
ある程度育ったもののほうが飼いやすいとか、
あるいは、こういったところにいた犬を
きちっと飼ってあげるのがいいことだ、
というふうに考えてくださる方も多くなってきました。

(このコラムも、つづきます)

2014-01-10-FRI

「ランコントレ・ミグノン」は
一般社団法人の動物愛護団体なのじゃ。
東京都動物愛護相談センターから犬や猫の引き取りをし、
譲渡会やイベントなどを開いているのじゃぞ。
そこには、たくさんの人たちが少しずつ参加をしておるのじゃ。
いろんな方法があるので、気になったら
下のボタンを押してみとくれな〜っっ。