動物界にいるミグノンの友森さん。

「ランコトレ・ミグノン」のサイトはこちら

第1回 おばあちゃん。

糸井 お店にはいま
成犬が2匹、子犬が3匹、
猫も3匹、ケージに入っていますね。
友森 この子は「おばあちゃん」です。
糸井 名前が、おばあちゃんなんですか?
友森 名前が、おばあちゃんです。
糸井 おばあちゃん、かわいいね。さわがないね。
友森 最初は吠えてたんですけど、
ここにきて、気持ちが安定すると
吠えなくなりました。
日本犬は、あまりむだ吠えしないんですよ。
愛護センターにいたときは、
センターの中をぐるぐる徘徊してたけど、
いまは回らなくなったし、
毛もフワフワになってきました。
糸井 ちょっとゼエゼエしてるね。
友森 肺に、癌が転移してるんです。

おばあちゃんは、友森さんが2013年6月に
東京動物愛護相談センターより引き取ったのじゃ。
フィラリア陽性で、
炎症性乳癌であることが判明。
肺まで転移していたので手術はしないことにした。

<友森さんのTwitterより>

「長くないだろうから、美味しいもの食べさして、
 高いサプリメントをたくさんやって、
 人の手は怖くないのを教えよう」
「おばあちゃん爆睡。
 乳癌だけど、誰かもらってくれないかな。
 肺転移してても元気だし」

糸井 年は、わかってるの?
友森 わかんないです。
放浪していたところを2月に収容されたんですが、
あきらかに大きい乳腺腫瘍がぶらさがっていました。
そのとき店で老犬を3〜4頭保護していたので
うちの引き取りは無理だったのです。
「いまはこの子を出せないし、
 ほかの団体もだめだったら、処分なんだろうな」
と思っていました。
「ごめんなさい」と手を合わせてた。
センターに入ると、ふつうは1週間で殺処分だから、
翌週、いなくなってるはずなのに、
行ったらまだグルグル回ってて。
糸井 まだいたんだ。
友森 センターの人に
「あれ? いつ処分だっけ?」
と訊いたら、
「あぁ、あの乳腺腫瘍の子ですよね。
 あの子、広場に出すと
 ずっと回ってて、機嫌がいいんですよ」
糸井 機嫌が(笑)。
友森 「どうするの? あれ」
と、さらに訊くと、センターの人は、
「ほら、ミグノンの老犬枠が
 いずれは空くじゃないですか」
と。
糸井 そんな枠‥‥。
友森 「それまで、センターで飼っておきます。
 いつでもいいですから来てくださいね」
と言われました。
糸井 センターとミグノンは
つねに手を読み合ってる気がするなぁ。
友森 そんなふうにして
センターの人たちは、この「おばあさん」を
みんなでかわいがってたんです。
そうこうしているうちに、
うちにいた老犬が2頭、続けて亡くなっちゃって、
「場所が空いたな」ということになり、
迎えに行って、ここにいます。
糸井 ミグノンのホームページに紹介されてて、
引き取りのおためしをした
「よしだただし君」はどうなったの?

よしだただし君

友森 中野新橋のシェルターにいます。
この前のトライアルは結局成立しませんでした。
そのあとも申し込みがあったんですが、
10kgを超えるペットを飼えないマンションに
住んでいらっしゃることがわかって
その話も流れてしまいました。
よしだ、幸せになってほしいんだけどな。
糸井 うちのカミさんが、よしだのこと、
いつも気にしてるんだよ。
友森 「ほぼ日」の事務所の入口の
ゴリラ人形の横でよしだを飼うのはどう?
よしだはあんまり動かないし。
糸井 木とか壁を食べちゃうとかいう噂が‥‥
友森 あの子、まだ1歳だから、歯が痒いみたい。
糸井 でも、訓練すれば大丈夫なんですよね?
なぜ1歳ってわかったの?
友森 捨てた人が判明したから、
誕生日がわかったんです。
糸井 捨てた人?
友森 捨てたのはブリーダーでした。
お店でよしだが売れ残って、
いっしょに住む家族を募集してたところを
見に行ったお客さんがいたんです。
その人が、うちの譲渡会にいたよしだに
わざわざ会いに来てくれました。
「この犬が家族募集に出てるのを見たんだけど
 もらわなかったんです。
 ミグノンさんは、どうしてこの犬を
 保護したんですか?」
と訊かれました。
「捨てられてて、
 センターで期限切れしてたから引き取った」
と言ったら、その方、
「あぁあ」とおっしゃって、
そのときの写真を見せてくださいました。
まぎれもなく、よしだでした。
「右目逆さまつ毛だし、間違いない」(笑)。
糸井 ほんとうに捨てたの?
センターに持ち込んだんじゃなくて?
友森 うん。
よしだは道で保護されたんです。
糸井 あんな特徴的な顔なのに‥‥。
友森 他県から東京まで捨てに来たみたい。
動物の遺棄は、犯罪になるんですよ。
糸井 かわいそうに。
友森 まぁ、訴えることもできるかもしれないけど、
そういうのも、なんだか嫌でしょう。
相手方を訴えて、証拠を集めて、
ガーガーガーガーやって
それに動物とボランティアさんが
巻き込まれていく。
糸井 そうだよね。
友森 愛護団体だから、
ほんとうはそういうことも
やるべきなのかもしれません。
みんなにはこう説明しました。
「今回は、黙ってよう。
 あまりにも、似たような犬が
 次々捨てられるようだったら、訴えよう。
 よしだで1回こっきりだったら、
 知らなかったことにしよう」
糸井 なんで「よしだ」っていうの?
友森 愛護センターで、
「よしだ、よしだ」って呼ばれてたんです。
愛護センターの職員のみなさんも
おもしろい人が多くて、
「よしだ」と呼んで、かわいがっていました。
もともと、ああいう犬種を好きな愛護団体がいて、
12月にお取り置きを申し出たらしいんですけど、
それが春になっても迎えに来なかった。
センターの人たちは3ヶ月ものあいだ、
よしだを養っていました。
で「年度末だし」ということで私が引き取りました。
糸井 そうだったんだ。
友森 よしだ君ね、すごくおとなしいんです。
糸井 怖がりで、散歩とかできないんだよね。
友森 散歩したことがないから、外の世界が怖い。

シェルターにいた、よしだ君。

糸井 何kgあるんですか?
友森 25kg。
よしだは怖くて外を歩かないことはわかってたから、
犬のケージにいれて「よいしょ」と運んだら、
「あ、腰やばい」となりました(笑)。

よしだ君は、あたらしい家族が見つかったのじゃ。
ほんまに、よかったのぅ。

(つづきます)
2014-01-06-MON

ワンワン博士が教えます ミグノンのお手伝い、いろいろ方法があるのじゃぞ

「ランコントレ・ミグノン」は
一般社団法人の動物愛護団体なのじゃ。
東京都動物愛護相談センターから犬や猫の引き取りをし、
譲渡会やイベントなどを開いているのじゃぞ。
そこには、たくさんの人たちが少しずつ参加をしておるのじゃ。
いろんな方法があるので、気になったら
下のボタンを押してみとくれな〜っっ。

もくじ