対談 大橋歩さんと鹿児島睦さん。ひとりでつづけるものづくり。 対談 大橋歩さんと鹿児島睦さん。ひとりでつづけるものづくり。

2018年春の「やさしいタオル」で
いっしょに「ほぼ日」に登場した、
イラストレーターの大橋歩さんと陶芸作家の鹿児島睦さん。
「いちどもお会いしたことがない」
というふたりを引き合わせたくて、こんな機会をつくりました。
大先輩を前に最初は緊張していた鹿児島さんでしたが、
「おんなじだ!」「ぜんぜんちがう‥‥」という発見が、
どんどん距離をちぢめてゆきました。
雑談めいたぶぶんも含めて、そのようすを
全6回でおとどけします。



わたしは鹿児島さんの陶芸作品を
実際に拝見したことがないのですけれど、
本を見て、すごいな! と。
陶器の質感。土を焼いた感じ。
こういう質感がとても好きです。
──
「ほぼ日」では今回はタオルだったり、
イラストレーションやプロダクトデザインで
おつきあいいただいているんですが、
鹿児島さんの本業は陶芸ですものね。
本業が陶芸──、というよりも、
ぼくはじぶんの仕事を、
サービス業に近いと思っているんです。
あら、わたしも自分の仕事を
サービス業だと思ってる。
そうなんですか!
もともとはサラリーマンだったんです。
大学を卒業した後、
12年半ぐらい会社に勤めました。
陶芸を始めてからは、
まだ15年経つか経たないかです。
学校時代に陶芸の勉強をしたんですけれど、
もうほんとに劣等生で、
なんとか卒業したという感じなんです。
学生時代は
どういうことをなさっていたんですか。
美術の大学で工芸科に進みました。
そのときの学長が阿部公正という先生で、
バウハウス*のご研究やデザイン史、
建築史の第一人者でした。

*バウハウスは、1919年ワイマールに生まれ、デッサウ時代を経て、1933年にベルリンで閉校した、建築・デザイン・写真・工芸の学校。合理的で機能的な様式を生み出し、20世紀芸術に大きな影響を与えた。グロピウス、カンディンスキー、ミース・ファン・デル・ローエ、クレー、イッテン、モホリ=ナジ、シュレンマー、モンドリアン、ブロイヤーなど、そうそうたる芸術家たちがかかわった。

バウハウスをメインに授業をしてくださったのですが、指導者としてのグロピウスや
カンディンスキーの仕事ついて詳しく話してくださったり、
パウル・クレーの葉脈だけ見せて
これに葉っぱをデザインしなさい、
というような授業のお話もしてくださいました。
阿部先生はもうお亡くなりになりましたけれど、
すごく面白かったです。
そして今は福岡に。
まわりにも陶芸作家が多くいらっしゃるでしょう?
いえ、九州ということなら、
佐賀、長崎、熊本あたりは
比較的多いかもしれませんが、
福岡ってそういう意味では
文化の不毛地帯なんですよ。
え、そうなんですか。
ギャラリーや美術館、少ないですよ。
県立美術館や市立美術館など
公(おおやけ)の美術館が3つあるんですが、
購入予算がビックリするほど少ないんです。
そんななか今、太宰府天満宮の
権宮司さんが
一所懸命頑張っておられて、
アートのプログラムをされていますけれど。
不思議。
市民・県民はアートやデザインが大好きで
意識も高いのにとても残念なところなんです。
そんなことないですよ。
憧れている人、いっぱいいると思いますよ。
わたしたちの感覚として、福岡っていいですよ。
男の人も女の人もすごくオシャレでしょう?
たしかに民間はすごく頑張っています。
ほぼ民間の力で何とか成り立っているのかも。
──
福岡の人って、お酒が好きで宵っ張りで、
居酒屋で聞くともなく聞いていると、
福岡をどうしたらよくなるかという話を、
若い人がみんなでしていませんか?
してます!
若い人だけじゃなく、
おじいちゃんおばあちゃん達まで皆さん
『こうしたら福岡は良くなるのに!』って話してます。
え、そうなの?
──
だからかな、面白いお店が多いですよね。
インテリアショップにしてもそうですし。
福岡って、そういう気質があるのか、
二番煎じを許されないところなんです。
例えば何か面白いお店を作ろうとしても、
すでに似たお店があったら絶対作れないし、
別ジャンルを開拓しないといけない。
北欧だったら北欧のものを扱っているお店はここ、
南仏ならここ、アメリカの雑貨だったらここ、
というふうに、みんな分かれています。
もし新規参入で義理を通さずに
似たようなことをやったら、まったく通用しない。
だから面白いお店が、
もう突出して面白いんでしょうね。
飲食はまた別ですが、
みんなほんとに頑張って、
面白いことをやっていますよ。
そうなのね。すごくオシャレないい町って
ずっと思っているんですよ。
──
お話を聞いていると、
鹿児島さんは拠点が福岡ですが、
どうも福岡に「こだわっている」わけでは
なさそうですよね。
全然こだわってないです。
もうまったく。
いいよと言われれば
どこでも行くつもりでいるんですが、
誰からも呼ばれないんです(笑)。
ぼくはもう普通に誰でも買える土と、
誰でも買える顔料を使って、
普通の電気窯で焚いてるので、
場所のこだわりは一切ないんです。
東京のマンションでも
カリフォルニアの山の中でも
ロンドンの田園でも全然大丈夫。
うわ、すごい。
もし目隠しをされて、
山の中にポンと捨てられても、
土と水と火があれば、
器をつくって物々交換をして、
なんとか生きていけると思います。
技法もごくシンプルな基本的なことですし。
ほんとうのことを言えば、
何を作っているんだ、
という意識があんまりないんです。
──
「お皿」では?
それが「お皿」であるということは、
ぼくが最初につくった逃げ道なんですよ。
お皿というものには用途がある。
だからどんな変なものを作っても
これはお皿だよと言えちゃうでしょう?
お皿というのは道具ですから。
ぼくは家では白い器を使いますが、
こういうのがポンと1個あったら楽しいかもね、
ぐらいの感じなんです。
だからそういう楽しんで頂くための道具として、
作っている感じです。
だけどあんまり「道具だ、道具だ」って
ぼくが最近言っているものだから、
海外の人たちがすごく嫌がるんです。
え、どうしてですか。
コレクターの方たちは、
「バリューが下がるからやめてくれ」って。
「道具だと言いたいのはわかるし、
それが日本の考え方かもしれないけど、
俺たちはアートだと思って買っている。
だからアートだって言ってくれないと、
俺たち、ちょっと立つ瀬がない」
みたいなことをおっしゃるんです。
──
作者がちゃんとアートですと言ってくれよと。
だから最近ジレンマがあるんです。
陶芸って、用途から生まれた芸術という面は
たしかにありますし、
いろんな立ち位置があるんですけどね。
ぼくの仕事も国境の上を
ずっと歩いていくような仕事だなと
思ってはいるんですけど。
──
アートと実用の境界線を歩いて、
ご自身は実用の側に立ちつつ、
アート側からこっち来いよって引っ張られて。
そうなんです。引っ張られることもあれば、
自分からそっちに逃げ込むこともあります。
サラリーマンを10何年やり、陶芸にうつり、
でも仕事としては同じことをやっている、
というイメージなんです。
そんなに陶芸が特別ではない。
──
それはたとえば、こういうことでしょうか。
サラリーマン時代は他のブランドやメーカーから
商品を仕入れていたのが、
いまは仕入れ先が自分であると。
以前は家具や生活雑貨だったのが、
いまは自作のお皿になった?
そんな感じですね。
生活、暮らしの中の続き、みたいな感じ?
ええ、そうなんです。
だからぼくはインテリアの業界で
サラリーマンをやっていたことが、
いまの仕事につながる近道だったなあと
思っているんです。
すごくいい勉強ができたことで、
今この仕事を楽しくさせてもらってる、
という感じがします。
当時は毎月2本か3本パリからコンテナが着く。
ひとつのコンテナには5000種類、
3万アイテムずつ入って来るんですね。
ちいさな文具から大きい家具まで。
そうです。その品質検品の仕事を
ぼくはやっていました。
それで最新の家具やキッチンツール、
生活雑貨のなかに、
ベーシックでシンプルな日常使いの器も
入って来ていました。
ずっとそれを見ていた。そして、
「すごくいいけど、ぼくだったら
こうデザインをしたほうが
もっとよくなると思うけどなあ」
とか、
「これ、とってもいいんだけど、
ちょっと価格的に品質と見合ってないな。
高過ぎる」
あるいは、
「安過ぎるぞ」
って思いながら。
それを10何年間やって来たことが、
今の仕事の基礎になっているような気がします。
(つづきます)

大橋歩さんと鹿児島睦さんと
いっしょにつくった「やさしいタオル」は、
こちらでごらんいただけます。