MAGIC
ライフ・イズ・マジック
種ありの人生と、種なしの人生と。

新年明けましておめでとうございます。
今年も「ライフ・イズ・マジック」を、
どうかよろしくおねがいします。

とあるエスニック・レストランに行った。
出迎えてくれたウェイター君の、
「イラッサイマステ」みたいなカタコトが楽しい。
なにはともあれ飲み物、メニューを見ると
ワインも豊富に揃っているようだ。
ウェイター君がワインの赤を2本持ってきた。
オススメのワイン、ということのようだ。
「で、どっちのワインの方が重いんだろう?」
そう尋ねてみた。
すると、じぃ〜っと僕の目を見つめながら聴いていた
ウェイター君、テーブルの赤ワインを一本ずつ
丁寧に持ち上げ始めた。
何度もそれを繰り返して、
「コッチ、スコシ、オモイ」
きっと10グラムは重いであろう、
その赤ワインをいただくことにした。
とても美味しかった。
そんな色んなことがあった2003年でした。
旧年をあれやこれや、
シミジミと思い出しつつお送りする今回、


『ナポの2003年、こんなことがあったよ』


「『ライフ・イズ・マジック』が本になった!」
新宿の外れにある蕎麦屋さんで昼飯を済まして外に出ると、
見知らぬおじさんが声を掛けてきた。
「よぉ〜ぉ、小石じゃぁないか。
 オレだよオレ、覚えてないかぁ、覚えてないだろうなぁ。
 専修大学時代の同級生だよ、Mだよ」
「おぉ〜、久しぶりだなぁ〜」
などと応じたものの、まるで覚えちゃいないその風ぼう。
無理もないやね、だって卒業して
はや28年が過ぎようとしているのだから。
Mは現在、某出版社に勤務して
編集の仕事に携わっているという。
話はトントン拍子に進んで、
当コーナーの我が拙文を一冊の本にしようじゃないか、
などとなってしまった。
11月18日、星雲社発売、国研出版刊で本になりました。
帯には、糸井重里先生の推薦文まで
書いていただいております。
ひとつ、どうかご購読のほど
なにとぞよろしく、なのでございます。

「25周年リサイタルをやりました! 」
11月4日、新宿スペースゼロ・ホールにおいて
『ナポレ・オン・ステージ』を公演しました。
あっという間に迎えた
プロ・マジシャン生活25周年を記念して、
これまでの集大成をご覧いただくべく
頑張ったのであります。
本当を言うと、プロ・マジシャン歴は
すでに27年を数えています。
なのに25年記念なのかというと、
始めの2年間はまるで仕事が無かったのでありますよ。
有名無実、仕事の無かった2年は、
我々にとって『空白の2年』です。
なにはともあれ、芸術祭参加公演として1時間半、
これぞ円熟の境地と言うにふさわし・・・くない
ドタバタお笑いマジック・ショー、
つまりはいつものステージをご覧いただきました。
この公演のライブ版が、
来年早々にもDVDになって発売されるそうです、
あはははは。

「平成15年度、芸術祭優秀賞をいただきました!」
恐れ多くも、11月4日の我らのリサイタルが
芸術祭優秀賞! 優秀賞! 優秀賞、優秀賞・・・。
あの公演が優秀賞、あれが優秀賞、
あんなんで優秀賞・・・。
失敗したのに優秀賞、スベッたりしたのに優秀賞、
ダンドリ悪かったのに優秀賞・・・。
でも、なにはともあれ、芸術祭優秀賞なのです。
だから我々ナポレオンズは優秀賞なのです、
わ〜いわ〜い。

「BARの共同経営者になったよ」
7月12日、上馬交差点近くに
『BAR-CLOSED』をオープンしました。
ボードビリアン&俳優の奇才Mさん、
落語マスターのSさんたち仲間9人の共同経営です。
場所は環7と246が交差するところから柿の木坂方面、
ほんの徒歩1分です。
『BAR-CLOSED』と名付けましたが、
決して閉鎖的ではありません。
どなたもお気軽にお越しください。
電話番号 03ー3424ー9690
HPはwww.bar-closed.com です。
断じて副業ではありません。
かといって本業でもないのだけれど。
そうかといって遊び半分なんかじゃないですよ。
仲間たちと、より好いBARにすべく奮闘中です。
どうか、お近くにお寄りの際はぜひ!

皆さんの2003年はいかがだったのでしょう。
『まるでヤジロベェのように
 グラグラと揺れ動くのが、人生』
だなんて言ってたのは誰だっけ?
なにはともあれ、2004年もどうかよろしくお願いします。

このページへの感想などは、メールの表題に
「マジックを読んで」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2004-01-03-SAT

BACK
戻る