2017-02-25

オットが床屋に行ってきた。

私が外出して帰るとおばあちゃんと炬燵にあたっているのを見て、何となく雰囲気が違うなぁと思った。

でも、床屋に行ってきたとは気づかなかった。

帰宅した長女がしげしげとオットを眺め、「パパ、床屋行った?」と聞いた。

オット「うん」

長女「なんかさあー。 ちょっと萎んだみたいよね?」

と、私に同意を求めた。

そう! 私もそう思ったんだ!

オットは髪の量が少量、まぁ、禿げてます。

そうなんですよねぇ。綺麗にカットしてもらったから、襟足の上のそよそよしてた毛が無くなって萎んで見えたの。

それに気付いた私、大爆笑し過ぎて顰蹙かいました。

ごめんよ、オット。

(まんごーばあば)

ほぼ日のTOPへもどる