おらが夏の甲子園。
静岡県代表 静清工

・初出場
・ふつう、「静清」=「静岡・清水」を表すのに、
 なぜ藤枝市にあるのかというと、
 20〜30年前頃に静岡から移転したのだという。
・父兄会のときなどは野球部員たちがクルマの誘導役に。
・地元、藤枝駅にかけられた垂れ幕が
 あまりに小さすぎると評判。
・主将の具志飛馬くんは沖縄県那覇市出身。
・「せいせいこうぎょうこうこう」と読む。
・清静工とはまったく関係ないが、熊本県には
 「せいせいこうこうこう」という高校がある。
 漢字で書くと、「済々黌高校」。
・前川雄生くんは、隣町焼津市から通う地元っ子。
 出身中学は、焼津市立小川中。
・プロ野球で復古流行中のラケットライン
 (首まわりから前面センターへのライン)
 をユニフォームに採用。
・地元では「せいせい」と呼ばれている。
 その際、アクセントは最初の「せ」。
・静清工とはまったく関係ないが、
 山梨には「こうこうこうこう」がある。
・静清工とはまったく関係ないが、
 大分県には「ちゅうちゅう」がある。
・静清工とはまったく関係ないが、
 群馬県には「たかたか」がある。
・静清工とはまったく関係ないが、
 山形県には「なかなか」がある。
・静清工とはまったく関係ないが、
 岐阜には「大中小」がある。
・静清工とはまったく関係ないが、
 千葉には「かいちゅう」と「ぎょうちゅう」がある。
・ショート杉山くんのお父さんは
 「カンパーニュ」というパン屋を経営。
 野球部にもパンを届けていて、
 そのパンの名前は「激練パン」という。
 激しい練習に負けないようにという
 願いが込められている。
・今大会最も長い名前の選手
 「又平アンドリュー知也」は、
 お母さんがオーストラリア人。
・キャッチャー、河原崎くんは、宇部商戦で
 1イニングに2人も盗塁を阻止した。

 

もどる