おらが夏の甲子園。
千葉県代表 銚子商
・10年ぶり12度目の出場。
・地区大会決勝は延長12回を制す。
・校歌が短い!
・短い校歌をナインは熱心に歌う!
・1974年夏の甲子園優勝校。
・千葉ロッテマリーンズの澤井選手の母校。
・銚子商が優勝した31年前、
 千葉ロッテマリーンズの前身である
 ロッテオリオンズも日本一になった。
・校歌が短いため、試合後の校歌斉唱で
 選手の顔をひとつひとつ映す場面では、
 カメラがサッと素速く移動する。
・銚子商業は授業の一環として地元で
 グッズのお店を開いているのだが、
 そこで売っている携帯ストラップには、
 ひもの部分に短い歌詞がそのまま掲載されている。
・31年前の全国制覇のときは、
 元、巨人の篠塚選手、元、中日の宇野選手がいた。
・世にも短い校歌は、10番まである、という。

 

もどる