飯島食堂へようこそ。天海祐希さんと、
副菜ごはん。

写真:小川拓洋

その1いただきます!

天海
糸井さんお久しぶりです、
すみません、ご無沙汰してしまいまして。
糸井
こちらこそ。ずっと何となく──、
よく言うセリフだけど、テレビで見続けているから、
そんなにご無沙汰している感じがしないね。
天海
嬉しいです。
糸井
飯島さんと天海さんは知り合いなの?
天海
はい、お仕事をご一緒させていただいて。
飯島
天海さんが出演なさったCMで、
料理を作らせていただきました。
天海
美味しいものを食べながら、
さらにいろいろいただき物まで。
糸井
何をあげたの?
飯島
うめ酢です。
天海
今、お弁当と外食の生活なんです。
スタジオで撮影なので。
だから、ご飯にうめ酢をかけて
美味しくいただいているんです。
糸井
ご飯にうめ酢をかけるんだ!
天海
美味しいんですよ、
梅ぼしご飯みたいになるから。
スプレーに入れて、シュッシュって。
糸井
そんな寂しい食生活をしてるの?
天海
そうなんですよ!
ああ、グサッと来ました。
そうなんですよ~。
糸井
忙しい時期なんですか?
天海
『緊急取調室』というドラマを撮っていまして、
ずっと撮影の毎日なんです。
糸井
天海さんてさ、仕事を休む時がないね。
天海
じつは最長で半年休んだことあります。
2年前ぐらいですかね。
マネージャーさんが一所懸命あけてくれて。
ちょっと楽しかったです、ダラダラして。
糸井
そういう時は、外国に行ったり‥‥。
天海
行けばよかったんですけど、全然行かなかった。
ふだん会えない友達に会ったり、
家族と温泉に行ったりしてました。
わりと出不精なんです。
糸井
僕は、最後に天海さんに会ったのは、
かみさんが一緒で、
中華料理を食べた時ですよね。
天海
はい、いただきました。
糸井
あれは、今でもうちの家族の間で
忘れられない思い出ですよ。
ずっと天海さんが話をしてくれるんだけど、
「あれは面白かったね」って。
「天海さんって、ネタの宝庫だね」って。
天海
そうなんです、ネタの宝庫です。
糸井
その力量はバラエティで活きてます。
本当に面白いんだもん。
天海
ほんとですか? 恥ずかしいなぁ。
それより、私、聞きたかったんですけど、
糸井さんって、どんな子どもだったんですか?
こんな人がどうやってできるのかと思って。
糸井
幼稚園はまずはおばあちゃん子で、
「手がかからないね」って言われる子どもでした。
マンガを読んだり、
近所の子どもが遊ぶところにまぜてもらって、
ちっちゃい子として参加してる時代があって。
でも、お医者さんごっこもしてましたよ。
天海
アハハハ。
糸井
小学校に行くと、表で元気よく遊んで、
喘息で倒れこむっていう‥‥。
天海
かわいそうに。
糸井
僕が倒れてむせてる時に、
みんながちょっと待っててくれるのを、
「待っててくれなくていいから!」みたいな。
天海
気を遣う子だったんですね。
糸井
それで収まると、一緒にまた遊ぶみたいな、
でも先生にはものすごく怒られてました。
友達と一緒にやる悪いことに、
僕は全部入ってましたから。
あと、怒りやすいんじゃないかな。
学級委員とか生徒会長みたいなことやってるのに、
怒られる人なんですよ。
天海さんはどんな子だったの?
天海
私、わりとおとなしめな子でした。
糸井
え? 天海さんが、おとなしめだったの?
天海
2歳上の兄貴がいたので、
兄貴のおマメみたいな感じで、
兄貴のお友達に遊んでもらったりとか、
忍者ごっこしたりしてました。赤影ごっこ。
糸井
『仮面の忍者 赤影』ね。
天海
必ず、青影をやらせられる。
糸井
大人しいけど、忍者ごっこはするんだ。
天海
やられるばっかりでしたけど。
糸井
体は動くんでしょ。
歌や踊りの人なんだから。
天海
いや、それはね、宝塚出身でもですね、
得意不得意があるんですよ。
糸井
え? 天海祐希っていう人は、
それが得意じゃない人として語られるの?
天海
好きだったけれども、自分では
「あんまりうまくない」っていう
自覚が必ずありましたね。
糸井
人もそう思っていたのかな?
天海
人もそう思ってたんじゃないですかね、
宝塚全体をご覧になっている方とかからは。
糸井
僕は、3年ぐらい前に
初めて宝塚っていうものを観て
「これは多分、やってる人が
一番面白いんじゃないかな」
と思ったんです。
天海
それはあるかもしれないですね。
糸井
そして、観ている人のおかげで、
やってる人がすごく助けられてる舞台ですよね。
演じている人たちの気持ちよさが、
もう1回観客席にくるから。
天海
自分が夢の世界にいさせてもらってる感じですもんね。
糸井
じつはそんなに期待しないで行ったんですよ。
天海
面白かったでしょう?
糸井
面白いです。やっぱり最後のフィナーレが!
天海
男性のほうが、
宝塚のショーにハマる方が多いんですよ。
次から次に出てくるじゃないですか、
いろんな色の氾濫のように。
そして最後にウワーッて、これでもかって感じで。
糸井
あれはいいですよねぇ。
横尾忠則さんがすごく宝塚のファンなんですよね。
天海
応援して下さっているみたいですね。
糸井
「横尾さん、何がそんなに面白いの?」
って言ったら、
「行かなきゃ分かんないよ」って言われていたんです。
それで『オーシャンズ11』かな、
蘭寿とむさんっていう人の舞台を観に行って。
思っていたのとものすごく違ったのは、
男役ばっかり見ちゃうこと。
僕は女の人がいいと思ってるくせに。
天海
アッハハハ。
糸井
カッコいいんです!
で、天海さんはそれをやってたわけじゃない?
今さらながら、ものすごく観たくなったの。
天海さんがやったら、さぞいいだろうなと思って。
男がやりたくてやれないカッコ良さを‥‥。
天海
代わりにね。
糸井
歌舞伎で女形がやるように、
あるいはジャニーズの子たちがやるように、
いもしないカッコ良さがあるはずなんです。
「もっとして!」って思う(笑)。
天海
演じるのが実際は女なので、いくらやっても、
「男のくせに」っていう感じじゃないんですよね。
糸井
嫌味にならないんですよ。
「そこはオイラに任しておけ」
みたいなこと言うじゃない。
天海
言います。
「それ絶対に言わないでしょ、普段は」みたいな事を。
糸井
今、自分では宝塚を観るんですか?
天海
辞めてすぐの時に、
私の次にトップさんになられた方の公演を
拝見したんですよ。でも観に行くと、
「この人たちは、ここに来るまでに
どれだけの思いをしてここに‥‥」
と思っちゃうのね。
だから、冷静に観てられない、泣けちゃうの。
だからなんか、あんまりこう、
客席で観るのもなと思って。
嫌いなわけじゃないんですよ、
自分が人生を、青春をかけた場所ですから。
とても大事すぎるんでしょうね、きっとね。
糸井
そんなものがあるって素晴らしいね。
天海
ありがたいことですよねぇ。
飯島
(料理を運んで)できました。
天海
わあー(拍手)!
飯島
おからサラダとねぎぬたです。
天海
わぁ、すごい。
わわわわ。美味しそうです。
糸井
取り分けて食べるんですね。
じゃあ、僕は天海さんに、
生まれて初めてのことをしましょう。
天海
わー、やった!
みんな驚いてますよ。
糸井
今、男役の話をしてたら、急にね。
‥‥まさか、天海さんに会って
宝塚の話するとは思わなかったけど、
面白いなぁ、やっぱり。
天海
観ていただけてありがたいです。
糸井
いただきましょう。
天海
いただきます!
(ひとくち食べて)おいしい~。
飯島
今日のねぎぬたは、
白ネギと九条ねぎのミックスです。
糸井
この白いのは? イカ的な。
飯島
長ネギですよ。
糸井
長ネギか!
イカに見えたんだけれど、ネギ!
飯島
茹でずに、少しの酒と水と
ひとつまみの塩で蒸し煮しています。
茹でるとお湯を沸かすのにも
時間がかかるんですが、
蒸し煮にすれば、すぐにできますから。
天海
とっても、あま~い。
糸井
これ、酒飲みにはたまんないだろうね。
こういう店があるといいのにな。
天海
うん、うん。

ねぎぬた

長ねぎと九条ねぎ、2種類のねぎを合わせて、
蒸し煮にしてから調味するレシピです。

材料 2~3人分

  • 長ねぎ 1本
  • 九条ねぎ 3本
  • 少々
  • 大さじ1
  • 大さじ1
【A】酢味噌
  • みそ (好みのもの)大さじ2
    *白みそを使う場合は、砂糖を少なめに
  • 大さじ2
    *酢が苦手な方は、少なめに
  • 砂糖 大さじ1~2
  • からし 小さじ1

つくり方

  1. 長ねぎは5cmの長さに切ってタテに4等分します。
  2. 九条ねぎは5cmの斜め切りにします。
  3. フライパンに長ねぎ、九条ねぎ、塩、酒、水を入れて
    フタをして、火にかけます。
  4. 火が通って水分が出てきたらフタを外して
    軽く水分を飛ばし、火を止めて粗熱をとります。
  5. ねぎを器に盛り、【A】を合わせ、かけてどうぞ。

(つづきます)

2017-05-16-TUE

メニュー

  • ねぎぬた
  • じゃこと油揚げの炊き込みごはん(おにぎりにして)
  • おからサラダ
  • 鮭の焼き漬け
  • グラタンコロッケ

この記事をシェアする

木曜ドラマ『緊急取調室』

4/20にはじまったテレビドラマ
『緊急取調室』セカンドシーズン。
天海祐希さんは主役である
警視庁捜査一課・緊急事案対策取調室の刑事
「真壁有希子」を演じています。
ちょうどこのコンテンツの収録時、
撮影の真っ最中だった天海さん、
楽屋ばなしもたくさん聞かせてくださいました。

木曜ドラマ『緊急取調室』番組サイト

『LIFE 副菜2 もうひと皿!』

飯島奈美さんの最新刊は、
食卓にうれしい副菜を56品あつめた
かんたんなレシピ本。
副菜、と言ってますけれど、
ちゃんと「ごちそう」なのです──その意味は、
今回、天海さんと糸井重里が食べた料理を
ごらんいただければ、わかるはず!

『LIFE 副菜2 もうひと皿!』の購入はこちらから