• 検索
  • コンテンツ一覧
  • ここ1週間のほぼ日
  • 最近、人気のあったコンテンツ!
 
ほぼ日の塾 発表の広場

今日のダーリン

フォントサイズ中 フォントサイズ大
フォントサイズ中 フォントサイズ大
・昨日、永田さんが、こんなツイートをしていた。

 「こうして道中を報告するのも、
 仲間の搬入や搬出の様子をネットで中継するのも、
 根っこに同じ意味がある。
 それは、誰かに知ってもらうことが力になる、
 ということだ。
 『君が僕を知ってる』なんだ。
 インターネットができるずっと前から、
 清志郎さんはそういうことを歌ってたんだ」

 永田さんは、ミグノンの友森代表の助手として、
 そのとき、熊本から犬と猫を運んでいた。
 熊本から東京まで距離にして約1,200キロ、
 老犬1頭、成犬4頭、仔犬6匹のいるケージを積んで、
 休憩しながら15時間くらいの道のりだ。
 熊本の震災からのいきさつがあって、これが四度目かな。
 これまでの犬や猫は、東京に連れてこられてから
 ミグノンのボランティアさんのお世話になり、
 新しい家族との出合いを得て、幸せに暮らしている。

 「誰かに知ってもらっていること」の逆は、
 「誰にも知られずにいること」だ。
 知られていることで、面倒なこともあるかもしれないが、
 人が知っていてくれて、しかも理解してもらえたり、
 応援してもらえたら、思ってる以上の力が発揮できる。
 そしてもうひとつ、「知られていること」は、
 「守られること」でもあるとも思うのだ。
 東名高速を走っている永田さんや友森さん、
 そして今回の11匹の犬たちは、
 知られていることによって守られているとも言える。
 東京にやってきてからも、「ああ、あのときの犬ね」と
 言われるだけでも、また力をもらえる。

 『ドコノコ』というアプリを発表してから、
 いままで以上にたくさんの声をかけられるようになった。
 「ウチノコのアルバムみたいなつもりで始めたんだけど、 
 ドコノコも、みんなかわいくなっちゃって」と言われる。
 世界中の犬や猫が、たがいに知ってもらっている。
 それは、みんなで「守りあっている」のだとも言える。
 知る、親しくなる、守りあえる、生きやすくなる。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
『ドコノコ』、犬猫のいない人にも知られたいアプリです。

感想を送る ツイートする シェアする

ドコノコ
ただいま製作中!
もっと見る
メールマガジン ストア発売スケジュール
糸井重里のTwitter
ほぼ日のTwitter
ほぼ日のFacebook
ほぼ日のInstagram
そのほかのSNSはこちら
ほぼ日手帳
HobonichiのTobichi
 

ほぼ日ストア

詳しくはこちら
ほぼ日で販売されている
商品の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ストア

ほぼ日ブックス

詳しくはこちら
ほぼ日から出版されている
本の情報はこちらからどうぞ!
ほぼ日ブックス
 
閉じる

コンテンツ一覧

著者名 タイトル 連載開始日
あ か さ た な は ま や ら わ
↑著者や関わった人が五十音別に並んでいます。行を選んでくださいね。
閉じる
コンテンツ一覧
 
閉じる

ここ1週間のほぼ日

ここ1週間に更新されたおもなコンテンツを紹介しています。
「小ネタ劇場」など、アーカイブが残らないコンテンツは
ここに掲載していませんのでご了承くださいませ。
 

閉じる
閉じる
閉じる

最近、人気のあったコンテンツ!

最近、好評のうちに終了した
コンテンツを紹介します。
見逃していた方、
どうぞ、読み返してみてくださいね。
感想メールもお待ちしています!
 
まだまだ「アンコール!」なコンテンツはたっぷりありますよ!
こちらから探してみてくださいね。
コンテンツ一覧 検索
 

閉じる
閉じる