ほぼ日ハラマキ応援企画 はらよわ男の座談会。 (ジュエリー仕様)
第6回 芸術家たるもの下っててほしい。(オパール仕様)
タナカ みなさんね、ほら、クリエイター?
そういうお仕事じゃないですか。
ボーズ カツキさんもね(笑)。
タナカ やっぱり神経をつかうから、
おなかに影響があるんじゃないですかね。
ボーズ まあ、曲作ったりするときも、
「難産」とか言うよね。
星野 ああー、はい。
ボーズ ひょっとしたら、
連携してるのかもしれない。
タナカ なにがですか?
ボーズ いや、だからさ、
オパールがするする出てるときは、
歌詞もばんばん書けるとか。
星野 あー。
ボーズ ってのはあるかも。
浜野 あるかも。
星野 やっぱり腸とか内臓の調子って、
クリエイティブと関係あると思いますよ。
ボーズ するするっていってるときはさ、
何時間やってても平気だったりするから。
でもおなかがよわってると、
「あー、帰ろう」みたいな感じになるよね。
タナカ ぼくは、オパール
するする出てるときは
健康的な作品ができちゃう。
ボーズ そう、そうね。
星野 あー、なるほど。
浜野 なるほどねえ。
タナカ 下してるときは、
アンダーグラウンドが好きです。
一同 (笑)
ボーズ それ、あるかも(笑)。
タナカ おなかの調子がわるいときって、
なんや、こう、
作品がややこしいほうに傾きません?
アンダーグラウンド系に。
星野 あるわ(笑)。
ボーズ 4曲分が1曲になっちゃった、みたいな。
浜野 要素が多すぎる(笑)。
ボーズ 要素が多すぎて、わかりにくい曲に。
っていうのはあるかもしれない。
タナカ だからやっぱり、
文学者にも多いんじゃないですか?
一同 ああー。
タナカ 下りやすい人は。
ボーズ そう思いたい部分ありますよね。
タナカ あります。
文学者たるもの、下っていてほしい。
ボーズ 芥川龍之介とか、どうだったんだろう?
タナカ 芥川が、きれーな
オパールしてたらガッカリだよ!
一同 (笑)
ボーズ 太宰治もね。
『人間失格』とか書いてる人は、
ずっと下しててほしい。
タナカ でも夏目漱石は、
きれいに「すとん」でいいと思う。
一同 はい、はい。
星野 たしかにそんな気がする。
タナカ なんや、
「ぼっちゃん」言うてるし。
一同 (手をたたいて爆笑)
星野 上手い(笑)。
なにそれ、すごい、すごい!
ボーズ 今の完璧ですよ(笑)。
パーン!って、シュートが入った。
タナカ ‥‥今のは、大きめの字でお願いします。
ほぼ日 わかりました(笑)。
タナカ あと、演劇も。
ぼく昔ね、演劇をやったんですよ。
ちょっと知りあいの劇団に参加して。
そのときに、えらいテンション高い
役者さんがいてはったんです、男の人。
その人ね、いっつも、
いっつもですよ? 本番直前になると、
オパールに行ってまう。
もう、本番やのに、
ほんでぼくら、オパール待ちや。
ボーズ えー(笑)。
タナカ 舞台監督の人が、
オパール待ちで開演10分押しです」
とか毎回、走り回ってる。
星野 あー。
タナカ そんなん役者として致命的でしょ?
すっごいテンション上がってんのに、
さあ本番!ってなったら。
オパール行きよんねん。
星野 それ、すっごいわかります。
ボーズ わかるんだ。
星野 ぼくステージで何度も、
もれそうになったことありますよ。
タナカ ええ?! 本番中に?
星野 これ、ちょっと、
もうちょいしたら、
やばいかもしれない。
一同 おおおーーー!
ボーズ それって(笑)、
小学4年のときといっしょじゃん!
あの悪夢が再び、ステージに‥‥
タナカ ステージの壁に‥‥
ボーズ ナイキ!
一同 (笑)
ボーズ 白い衣装で(笑)。
星野 それはぜったいにダメなんで、
人生をかけて我慢してます。
浜野 あ、でもなんか言ってたじゃん。
ステージのセットとして、
本物のトイレをつくってほしいって。
星野 そうそう、自分の部屋みたいなセットで、
自分の部屋だからトイレがある、っていう。
そういうのにしてほしい。
ボーズ もよおしたらすぐ行けるように(笑)。
星野 ほんとに安心でしょ、そのセットなら。

(つづきます!)                  


2009-07-08-WED