YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson827   書いて、自分になる。


「文章表現力」は、

うまい文章が書けるとか、
相手に伝わることに留まらない。

書くことによって、人は「考える」。

自分の内面を、言葉で深く正しく「理解」する。

そのことにより、
自分の納得のいく「選択」ができるようになり、

「意志」が芽生える。

書くことによって人は、
自分を知り、自分を表現することができる。

静岡の大学で、
3日間の集中講義を終えた時、
サポートしてくださっていた教授が、

「学生が別人になった!」

と心底驚いておられた。

それは、実践的な文章力を育てる授業で、
最後は、学生それぞれが自分のテーマを発見し、
1作書き上げて、発表する。

ひごろ学生たちを見ている、その教授は、

「3日前、集中講義にやってきた学生たちは、
うつろな目で、起きているのか寝ているのか、
わからないような、うすい反応しかなかった。
ところが、帰っていくとき、
目が輝いて、背筋がしゃんと伸びて、
まっすぐ私を見て、御礼の言葉まで自分から言って、
まるで別人!!!」

と興奮しておられた。

以前、各企業のリーダーによる定期的な勉強会の、
そのうち1回に、講師として招かれたときも、
カメラマンの方が、

「私はこれまでずっと、この会を撮影してきましたが、
みなさん、かつてない、いい表情をされてます!
ほんとにみなさん、今まで見たことがない、
生き生きした顔をされています!」

やはり興奮して、わざわざ私に伝えに来てくれた。

私は、書く力は教育しても、人間教育はしない。

私の持ち場は、
生徒が自分の想っていることを書けるように、
相手に響くように伝えられるように、
社会に説得力を持って書けるように、

淡々と淡々と、考える力・書く力の筋トレをサポートすることだ。

拡大解釈して、人生を変えるだの、
手を広げて、人間教育だの、言わないようつつしんでいる。
そういう越権行為はこれからも決してしない。

「私の持ち場は、りっぱな人間に育てることではない。
本当の意味で面白い文章が書ける人間に育てることだ。」

にも、かかわらず、
書く力をつけた人が、変わる。
就職や転職など、人生が変わる人もいる。
とくに、

「うつろな目に命の輝きが入る」

あれはなんだろう?

たった90分の大学の授業でも、
表現しはじめると、あきらかに、学生たちは生き生きし、
目の中心が、ちゃんと焦点があって、
命が灯ったようにキラキラしはじめる。

かなり広い教室で、教壇に立って学生を見ていても
遠くから瞳がキラキラする。

講義前と後とで、ぜんぜん違う。

そんな授業を終えた学生が、どっと出てくる場で
すれ違った教員の方が、

「どうしたの! 学生たち
人が変わったように生き生きしてる!」

とやはり驚く。

「人を変えるなど大それたところに踏み込まないように、
慎みながら、書く力の教育のみ、やっているにもかかわらず、
どうして受講者は、どんどん変わっていくのだろう?」

考えて気づいた、

「これこそが、書く力の本領ではないか。」

なにもせず、生まれたままが自分だ、
と思っている人は多い、でも、表現教育を通して、

「自分とうらはらな言動をして生きている人、
なんて多いんだろう」! と思う。

自分の想いほど、気づきにくく、見失いやすいものはない。

強い想いがあることほど、もし失ったら、と恐くて、
無自覚にすりかえたり、知らないふりをしたり、
人はよくしてしまう。

私も、友達になりたくてしかたない好意のある人に、
わざと冷たい態度をとったり、
相手とぎくしゃくしたり、とうとうこじらせて、
もとから嫌いだったと
本気で思い込もうとしていた時期がある。

学生たちも、

進路選択にしろ、部活動の選択にしろ、人間関係にしろ、
自分の想いのありかを問うことをせず、
自分の想いに気づけないまま、こじらせてしまった
というような経験を持つ人がとても多い。

そんな、自分を見失っているときに、
親や先生など、周囲が安易にあっちへ行けこっちへ行けと
助言してしまうと、

そこに飛びついたり、
とりあえず目上の人のいう方向へ歩いていけば
まちがいないだろうと、のっかってしまう。

結果、

ぜんぜん自分の想いがついてこず、
ある日突然、失速してしまう。

人には「想い」があり。

自分の想いとそれた道で、
得をしても、ラクしても、成功しても、

「虚しい」。

それはぽっかり穴が開いたごとく、
世界が色をなくすごとく。
想いに反した行いをしたと、一生後悔することだってある。

そんなふうに、自分とはぐれた人が、
やっと気づいて、
自分の想いを聞こうとしたり、自分を取り戻すのに、
どれだけ、コツコツと時間がかかることか。

書くことは、「自分を理解する」、うまい手立てだ。

生まれてこのかた、とりたてて、
自分自身の話を聞いてやることをしなかったという人も、

文章を書くとなったら、いやでも、
自分の内面に聞き耳を立て、言葉にしていかねばならない。

この「言葉にする」という行為が、
深く正しい「理解」を生む。

言葉にしなくても、なんとなく
自分の想いは自分でわかっているよ、というのも
素敵だけれども、

時間をかけて、「これだ!」と
しっくりする言葉にしたものは、
自分の印象に焼きつくし、
容易に見失わない。

人生の岐路で迷った時に道しるべとなる。

日々の仕事の文章でも、
ちょっとした報告メールでも、

最初は人に伝えなければならないから、
しかたなく文章に書く。
しかし、書いているうちに人は、

自分の内面を、言葉で深く正しく「理解」していく。

そのようにして、
面倒でも、書くことを大切にして、
書いて、書いて、生きていると、

自分の納得のいく「選択」ができるようになる。

自分との意思疎通がよく図れるし、
はやく的確に自分の想いのありかがつかめるからだ。

そのようにして、日々の選択から、
おおきな人生の岐路まで、
自分の想いにそった選択をしていくと、

「意志」が芽生える。

「どうしよう」、とことあるたびに、
自分の想いに問いかけていた人が、
そこから、

「こうしよう!」と自分の意志に沿って進んでいける。

このように、

書くことによって人は、
自分を知り、自分を表現することができる。

自分の想いに添った道を歩いているとき、人は、
苦労はあっても楽しく、疲れても満たされていく。

「書くことによって、人は自分になる。」

だから学生たちの瞳に輝きが宿るのだ、
と私は思う。


ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

山田ズーニーワークショップ開講!

書くことによって、人は考える。
自分の内面を言葉で深く正しく理解する。
そのことにより、納得のいく選択ができるようになり、
意志が芽生える。

さらに、

言いたいことを、相手に響くように伝えられるようになる。
インターネット時代に、広く社会に
説得力を持って自分の考えを発信できる。

書く力=想い言葉で表現するチカラを鍛えれば、
自分を表現することができる。

自分の想う人生を、この現実に書いて創っていける。

あなたには表現力がある。

山田ズーニー表現力育成講座、2017年6月開講!

伝わる・響く!      
言葉の表現力をつける

――3回で一生ものの書く力・話す力が育つ実践講座



日時 6月3日(土)・17日(土)・7月1日(土)
   13:30-17:30
   3連続講座 全12時間
場所 東京都千代田区毎日新聞社1階 
定員 24名限定

お申し込み・お問い合わせは
毎日文化センター TEL03−3213−4768
http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=491

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
  上記アドレスに送らないでください。
  山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
  直接ご連絡いただくか、山田ズーニーの本を出している出版社に
  連絡先をお問い合わせのうえで、
  ご依頼くださいますようおねがいします。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-05-17-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
◆2015-05-13〜2016-03-30
 

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?

2017-02-22

読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?

2017-03-01

やりたい仕事を3つでイメージする

2017-03-08

「助けて」と言えない、あの日の私へ

2017-03-15

読者の声―先週の「助けてと言えない」について

2017-03-22

就職と就社と

2017-03-29

就職と就社と 2

2017-04-05

おかあさんのアバタ―

2017-04-12

かけがえのないものに代わるもの、の探し方

2017-04-19

読者の声 ― 「おかあさんのアバタ―」について

2017-04-26

読者の声2 ― 「おかあさんのアバター」について

2017-05-10

未熟