担当編集者は知っている。


『パリのおばあさんの物語』
著者:スージー・モルゲンステルヌ
イラスト:セルジュ・ブロック
翻訳者:岸 惠子
価格:¥ 1,680 (税込)
発行:千倉書房
ISBN-13:978-4805109137
【Amazon.co.jpはこちら】


主人公のおばあさんは、ユダヤ人として
家族とともにフランスへやってくるもいまはひとりぼっち。
家の鍵をあけるのにも一苦労、
眼も見えづらく、物忘れもふえてきました。
それでも、おばあさんは思うのです。
「やりたいこと全部ができないのなら、
 できることだけでもやっていくことだわ」(本書より)
老いや孤独を正面から受け止めるおばあさんが魅力的です。
この絵本を、女優としてはもちろん、
『巴里の空はあかね雲』など作家としてもご活躍の
岸惠子さんが初めて翻訳されました。
この本を担当された千倉書房の
千倉さんにお話をうかがいました。
(「ほぼ日」小川)


*********************************************


担当編集者 /
   千倉書房 千倉真理



2年前に「まってる。」という絵本を作りました。
パリの書店で見つけたその原作への想い入れだけで、
「翻訳絵本」という分野に踏み出してしまったのですが、
日本語を書いてくれた小山薫堂さんのおかげもあり、
幸いたくさんの読者を得ました。
フランスに住んでいる知人などが、
次の原作候補を送ってくれることも増え、
その中で出会ったのが、
この「パリのおばあさんの物語」の原書、
“Une vieille histoire”でした。

淡い全体の色合いと、現在と過去を語る
かわいいおばあさんのイラストに、惹かれました。
奥付を見たところ、20年前の発行の古い本でした。
ネットや電話で追跡したところ、
絶版、復刊を繰り返していて、なんと、その2ヶ月前に
フランスの別の出版社から
新装丁で復刊されたばかりでした。
もう一つ、驚いたのは、
この作品のイラストレーターが偶然、
「まってる。」と同じセルジュ・ブロックだったこと。
作風が変わってきているので、
一見しただけでは気づきませんが、
デビューしたばかりの彼の作品でした。





こうやって「偶然」が重なってくると、
ますます日本版をだしたくなります。
ただ、実際、地味な作品です。
1人暮らしのおばあさんの日常が
淡々と語られている作品です。
どうやって伝えていけばいいのだろう‥‥。
ふっと思いました。
「岸惠子さんだったら、
 この原作を気に入ってくれるのではないかしら!」
私自身もパリに2年だけ住んでいたことがあり、
その頃から、
「この街に40年以上も住んでいる岸惠子さん」に
勝手に思いを馳せていました。

でも、コネも何もありません。
HPで調べて、事務所に連絡をとり、
原書のコピーを「まってる。」と一緒に送りました。

数日後、会社にご本人からお電話が‥‥。
岸惠子さんの声を聞いて、それだけで感激でした。 
今、思うと、
大手の出版社としかお仕事なさったことのない
大女優、ベストセラー作家の岸さんが、
原作の良さに目をとめてくださり、
やってみよう、と思ってくださったことが、全てでした。
今も深く感謝しています。

岸さんは今、本拠地を日本にもどし、
年に何度かパリに通う生活とのこと。
横浜の静かな住宅街の坂を登ったところに
大谷石で囲まれた日本家屋。
岸さんのご実家でもあるご自宅は、
畳のお部屋がいくつも続き、
縁側を歩きながら、映画の中に入ったかのような、
懐かしい空気が流れていました。洋間のリビングで、
翻訳文の打ち合わせをしていたのが、今年の夏。
緑のきれいな庭からセミの声が聞こえ、風鈴も鳴り、
お手伝いさんがスイカやブドウを運んでくださり、
それはもう夏の思い出。

岸さんは「朗読が出来るように文章を仕上げましょう。」
と言って、何度も読み上げながら直していかれました。
岸さんの身体を通すと、文章がまた
何倍にも深くなっていきます。
本が出来上がったら「朗読会」が出来るといいわねえ、
岸さんはおっしゃっていました。
そして、その夢は、思いのほか、早くやってきました。
発売後まもなく(つい3週間前)、
紀伊国屋ホールでの朗読会が実現しました。
岸さんが読み上げると、会場の空気の密度が変わりました。
涙を抑えるのが大変でした。

物語の最後に
「おばあさん、もう一度若くなりたいと思いますか」
という文章があります。
それに決然と応えるおばあさんの言葉。それを聞きながら、
「本当に、一つしかない自分の道を、
 ちゃんと歩いていきたい‥‥。」改めてそう思いました。
だから、これは、おばあさんのお話なのですが、
そういう親を持つ世代の人達にも、
ぜひのぞいていただきたいです。
本を見たら、
ぜひ、手にとって帯をとって表紙を広げてみてください。
パリの風景が広がります。


*********************************************



『パリのおばあさんの物語』
著者:スージー・モルゲンステルヌ
イラスト:セルジュ・ブロック
翻訳者:岸 惠子
価格:¥ 1,680 (税込)
発行:千倉書房
ISBN-13:978-4805109137
【Amazon.co.jpはこちら】

担当編集者さんへの激励や感想などは、
メールの題名に本のタイトルを入れて、
postman@1101.comに送ってください。

2008-10-24-FRI

BACK
戻る