担当編集者は知っている。


『東京の階段
 都市の「異空間」階段の楽しみ方』

著者:松本 泰生
価格:¥ 1,680 (税込)
発行:日本文芸社
ISBN-13:978-4537255454
【Amazon.co.jpはこちら】


この本は、斜面地について研究を続けている著者が、
写真とともに、東京都心部のよりすぐりの階段
126箇所について語った1冊です。
長い階段、短い階段、真っすぐ、曲がっている‥‥
階段がこんなにたくさんあることにも驚きますが、
なによりもおもしろいのは、
それぞれの階段が全く違うということです。
さらに、同じ階段でも、上からと下からでは
まわりの景色との関係がかわり、印象が違います。
著者の、短くも愛情にあふれる文章とともに
どうぞ「階段」の魅力にふれてみてください。
この本を担当された日本文芸社の
金田一さんにお話をうかがいました。
(「ほぼ日」小川)


*********************************************


担当編集者 /
    日本文芸社 書籍編集部 金田一一美


みなさんは東京の山手線の内側の地域に、
「階段」がいくつあるかご存知だろうか?

階段といっても、家やビルなどの屋内にある階段ではない。
屋外の、路地などにある階段で、それも通り抜けができ、
通路として人々が利用している階段だ。

正解はおよそ650ヵ所。
この数は、著者の松本さんに教えていただいたものだが、
この数値を導くまでの著者の努力にまず驚かされた。
これまで、東京の階段について専門的に扱った書籍や、
統計などもほとんどなく、
体系だったデータを入手することは容易ではなかった。

そこで著者はどうしたか?
大きな図書館などには「住宅地図」が置いてあるが、
それを片っ端からチェックしていったというのだ。
日ごろ、私たちが使う10000分の1の地図には、
縮尺からいっても
階段が明記されていることはほとんどない。
しかし、1500分の1の住宅地図では、
どんな小さな路地の階段でも、
ちゃんと明記されているのだ。
これらを閲覧し、一つ一つ数えていったというのだ。
それも山手線の内側の地域すべてをだ。
このカウント作業が終わるのに、
1年近くがかかったという。

さらに今度は、所在を確認したそれらの階段を
一つ一つめぐり始める。
650ヵ所すべてを自らの足で探索するのに、
3年の歳月を費やした。
いまでは階段めぐりのキャリアが12年を超え、
階段をはじめとする斜面地の研究で、工学博士号も取った。

はたして、著者をここまで魅了する
「階段」の魅力とはいかなるものなのだろうか?
その魅力を、なんとかして読者に伝えたい。
そんな思いから、この企画は始まった。
本書では写真をメインに、
東京の126箇所の階段の魅力を紹介している。
収録した半分の写真は
著者がこれまでに撮りためた写真だが、
半分は社内のカメラマンが新たに撮り下ろしたものだ。

数えてみると、カメラマンと私で、
昨年の3月〜8月にかけて、延べ16日間撮影を行った。
あるときは1日に10キロ以上も歩き回り、
また、あるときはレンタルサイクルで
坂道を上り下りしながら、ボツになった場所も含め、
200箇所ほどの階段を撮影した。

特に気を遣ったのは、桜が絵になる階段を撮影するときだ。
開花のころあいを待ちながら、
ベストタイミングで撮影するために入念な準備をした。



一年に一度見せる階段の魅力もある
六本木・龍土町の階段
(港区六本木7−7と7−8の間)



また、住宅地の中にある階段の撮影も気を使うものだった。
住民しか通らないような路地で撮影をしていると、
不審者と間違われかねない。
カメラと撮影用の脚立を持って
男が2人ウロウロしていれば、
そう誤解されてもしかたがない。
読者のみなさんも、
もしこの本を参考に階段撮影をする際は、
そういった点にも気を配ってほしい。
特に、住宅地の中などでは住人に配慮し、
静かに散策するマナーを忘れないでほしい。



塀に囲まれた抜け道の先に興味が湧く
へび階段
(文京区千駄木1−8と11の間)



この本の編集、それも撮影から携わることができ、
私なりに好きな階段もできた。
階段の魅力はさまざまだ。
その形状を鑑賞することはもちろんだが、
登りきった眺望を楽しんだり、
迷路のような抜け道にワクワクしたり、
路地周辺の住人たちの生活感に触れてみたりと、
歩く人の受け止め方次第で、
さまざまな楽しみ方がそこにある。



ちょっと離れたところから眺めると
ほんとうにきれいです
市谷台町に上るカーブ階段
(新宿区市谷台町4と富久町1−19の間)



本書が、実際に街に出て階段を歩き、
自分なりの「楽しみ方」をみつける入門書となれば
編集者としてもとてもうれしい。


*********************************************



『東京の階段
 都市の「異空間」階段の楽しみ方』

著者:松本 泰生
価格:¥ 1,680 (税込)
発行:日本文芸社
ISBN-13:978-4537255454
【Amazon.co.jpはこちら】

担当編集者さんへの激励や感想などは、
メールの題名に本のタイトルを入れて、
postman@1101.comに送ってください。

2008-08-01-FRI

BACK
戻る