担当編集者は知っている。


『Love』
著者:ローウェル A.シフ
イラスト:ジャン・ベルト・ヴァンニ
翻訳者:三辺 律子
価格:¥ 1,890 (税込)
発行:青山出版社
ISBN-13:978-4899980834
【Amazon.co.jpはこちら】


1964年にフランスで出版。
その後、たくさんの人に読み継がれ、
世界中で100万部以上を売りあげた絵本の、初邦訳です。
切り抜きのしかけがあるカラフルなページは、
1ページ1ページ、うっとりしてしまうほど、きれいです。
また、その上に並ぶ、ひとりぼっちの女の子の物語。
さいごのページにある
短くもあたたかい言葉が胸にのこる、
大切にしたい1冊です。
この本を担当された青山出版社の
福士さんにお話をうかがいました。
(「ほぼ日」小川)


*********************************************


担当編集者 /
    青山出版社 編集部 福士祐


物語の主人公は、小さな、きれいではない、女の子。
9歳のときに両親が出ていってしまい、
面倒を見てくれる親戚もなく、孤児院に引き取られます。
女の子はちょっと変わっていて、しょっちゅう
ほかの子どもたちが嫌がるようなことをしてしまうから、
いつもひとりぼっち。
そんな女の子の友だちは、美しい木や草、あたたかな日、
そしてさまざまな空想。
女の子に手を焼いた院長は、
ついに孤児院からも追い出そうとします。
そんなある日‥‥。

この切ない物語は、
最後のページを残すところまで、
実に淡々と進んでいきます。
でもその最後の1ページに、作品の魅力を決定づける、
シンプルだけど愛おしいひと言が描かれているのです。

もうひとつ重要な要素が、デザイン。
この本には、ほぼ全てのページに切り抜きがほどこされ、
また大胆且つ繊細な色づかいが目を奪います。
この切り抜きや色づかいによって、
女の子の孤独と内面の変化が巧みに表現されているのです。
物語のクライマックスが近づくほど
ページは激しく形を変え、色合いは同じ赤でも
濃淡に変化があったり、暗く重たい色が続いたりします。


大胆な切り抜きと鮮やかな色づかい。
女の子の孤独がありありと浮かび上がります。



今年3月、青山のギャラリーで開催された
この本の出版記念展のために来日された作者、
ジャン・ベルト・ヴァンニさんは御年81歳のおじいさん。
柔和な雰囲気と人懐っこい笑顔で、
この作品における色の重要性を
熱っぽく語ってくださいました。色というものが
人の心理に与える影響を最大限考慮し、
細かな違いにも心を配って制作されたのだそうです。
この作品が、物語としても、また見て楽しむものとしても
40年以上の長きにわたって
世界中の読者を感動させてきた理由がよくわかります。

そして今回、
日本語版のデザインを担当してくださったのは、
名久井直子さん
翻訳版を出せるなら、
原書のオレンジ色のジャケットとは違う、
日本語版オリジナルのジャケットにしたいと
最初から決めていたので、名久井さんに相談し、
中身のカラフルさが生きるし、日本人が好きな色だから
ということで白に決定しました。

ヴァンニさんからお話を伺うまで
色に込められた思いを知らなかったので、
ジャケットを原書の色と変えてしまったことについて
恐る恐る感想を伺ったのですが、
「問題ない。むしろ原書より素敵だよ。」
とおっしゃっていただき、ほっとしました。
仕上げにさり気なくかかっている、
ホログラムのキラキラが散りばめられた
PP加工もいい感じです。



オレンジ色の原書
日本語版と比べてみていかがでしょうか。



本文の書き文字も、全て名久井さんによるもの。
何度も繰り返し文字を書き続け、さらには
イラストレーターのフジモトマサルさん
弟子入りしてまで、最も作品に合う字体を探り、
ものにしてくださいました。
その甲斐あって、原書の雰囲気を全く壊すことなく
日本語が収まっています。さすがです。

翻訳を担当してくださったのは、
つい先日、翻訳書50冊突破という
めでたい節目を迎えられた、三辺律子さん。
英語を日本語に訳すと、
どうしても文章が長くなってしまいますが、
広げることができないスペースにきちんと文章が入るよう、
見事に計算して訳してくださいました。
機会があったら是非原書と見比べてみてください。
感動ものです。

ただ、最後のページの訳文が決まるまでには
時間がかかりました。
原文自体は決して難しくない、私たち日本人でも
耳慣れている言葉ですが、重要な一言だけに
何人もの方々に意見を聞いたことで、
かえって混乱してよくわからなくなってしまったり、
一度決めた案を翌日また迷ってしまったり。
でも最終的には、
三辺さんが一番最初に訳してくださったままで行こうと、
このような言葉になりました。
是非お手に取ってお確かめください。

原書の版権を持つ出版社の担当者が
途中で何度も替わってしまったり、
データが送られてくるものと思っていたら、
ドンっとフィルムが送られてきたりと、
海外版権ものに有り勝ちなトラブルに見舞われつつも、
多くの方々の力をお借りして、
6年間温め続けた念願の「Love」日本語版が、
ついに実現しました。

大切な人に贈りたい。
そんな気持ちになる絵本です。
実際に見て、触って、感じていただけたらうれしいです。


*********************************************



『Love』
著者:ローウェル A.シフ
イラスト:ジャン・ベルト・ヴァンニ
翻訳者:三辺 律子
価格:¥ 1,890 (税込)
発行:青山出版社
ISBN-13:978-4899980834
【Amazon.co.jpはこちら】

担当編集者さんへの激励や感想などは、
メールの題名に本のタイトルを入れて、
postman@1101.comに送ってください。

2008-07-30-WED

BACK
戻る