担当編集者は知っている。


『ちょいデキ!』
著者:青野慶久
価格:767円(税込)
発行:文藝春秋
ISBN-13: 978-4166605910
【Amazon.co.jpはこちら】


すごい仕事術をマスターしようとして
挫折するよりも、
小さな工夫を積み重ねて、
着実に「ちょいデキ」な人になる‥‥
本書は、そんなふうに考える
IT会社サイボウズの若き社長、
青野慶久さんが編み出した仕事術を
おしみなく紹介している本です。
この本を担当された文藝春秋の
船越さんにお話をうかがいました。
(「ほぼ日」渡辺)

******************************************

担当編集者/
   文藝春秋 文春新書編集部 船越博貴



「仕事術の本を書きたいという、
 IT企業の社長さんがいらっしゃる」
きっかけは、人を介してそんなお話を
文春新書編集部にいただいたところから始まりました。
IT社長の仕事術――ドッグイヤーという表現も
使われる業界です。
時代の最先端の仕事術本ができるのではないか
と期待しました。
著者の青野さんが社長をされている
一部上場企業サイボウズの製品は、
利用されている方も多いと思います。
サイボウズは、グループウェアのソフトを
開発している会社です。
グループウェアとは、簡単に言うと、
社員同士のスケジュール管理を
ウェブ上で行うソフトウェアで、
たとえば社長のスケジュールがあいていれば、
勝手にアポを入れることもできます。
会議の設定や会議室の確保なども画面上ででき、
その他、掲示板的機能などもあります。
とはいっても、私が勤務する文春は前近代的で、
そんなソフトは使ったことがありません。
恥ずかしながら、グループウェアという
ソフトの存在さえ、知らないほどでした。

さっそく、第1回目の打合せを
サイボウズの本社で行うことになりました。
しかし本社の場所を聞いて、「え?」と思います。
なぜなら、それが飯田橋だったからです。
別に飯田橋がいけないと言っているのではありません。
ITの会社だから、六本木か渋谷にあるのかと
勝手に想像していたのです。
打ち合わせに現れた青野さんの開口一番の言葉に、
またびっくりしました。
「こんな私でも、なんとかやってます。
 そんな本を作りたいのです」
バリバリ仕事ができる仕事術‥‥
当初、私が抱いていたイメージは、
どうやら違っていたようでした。


▲著者の青野慶久さん。

話をうかがってゆくと、
青野さんは、これまでさまざまな“仕事術”に
チャレンジされてきたことがわかりました。
たとえば“短眠法”。
睡眠時間を2時間削って、
生涯に利用できる時間を増やそうといったものです。
あるいは“速読法”。
本をブロックごとに読んでゆき、
読書スピードを上げるものです。
しかし青野さんは、
それら“北斗神拳”的スーパーな仕事術に、
ことごとく挫折されていたのです。
でも、「もう少し仕事ができるようになりたい。
少ない労力で同じ成果を上げたい」という気持ちは、
ずっとお持ちだったのです。

そこで青野さんは、自分なりに仕事術を開発して、
効果があったものをコツコツとエクセルで表に
入力し始めました。それが本書のベースになっています。
たとえば、
「5年後、10年後といった長期の目標でなく、
 めちゃくちゃ短期の目標を立てる」。
会議に入る前であれば、
会議が充実して終わった状態をイメージします。
すると会議は、実りあるものになるというのです。
あるいは仕事で失敗して、へこんだら、
とりあえず5分後の自分をイメージする。
仮に、5分後にコーヒーを飲んでくつろいでいる自分を
イメージしたとするなら、
コーヒーを飲めばとりあえず目標達成です。
すると、へこんだ状態から
かなり回復できているはずだというのです。
また、青野さんは、乗り物酔いにも悩んでいました。
調べてみると、「三半規管が振動する」のが原因で
起こることを知りました。
それからは、車に乗るときも、新幹線に乗るときも、
背中をシートにつけるのをやめます。
すると震動が体に伝わらず、効果てきめんだったのです。
他にも、「本は全部読んではいけない」
「つくり笑顔をしよう」「残業をしないコツ」などなど。

このように、この本で紹介される仕事術は、
一見「ショボい」ものが多いかもしれません。
しかし、すぐに実践できる、
“太極拳”的な仕事術だからこそ、
実際には、確実に“ワークする”のです。
「ちょいデキ!」を重ねて「スーパーデキ」へ――。
必ずや若いビジネスパーソンの方々の
お役に立てる本だと思います。

ちなみに青野さんが愛用されている手帳は、
「ほぼ日手帳」です。
それまでは電子手帳をお使いでしたが、
現在はすっかり「ほぼ日手帳」に
はまってしまったそうです。
本書でも、第5章の
「私がはまったアナログ手帳とは?」という項で、
その魅力を存分に書いていらっしゃいますので、
是非ご覧ください。

本書が5万部売れたあかつきには、
青野さんは印税を還元し、
仕事術について語り合えるイベントを開きたい
とおっしゃっています。
その日を、今から楽しみにしています。

******************************************


『ちょいデキ!』
著者:青野慶久
価格:767円(税込)
発行:文藝春秋
ISBN-13: 978-4166605910
【Amazon.co.jpはこちら】

担当編集者さんへの激励や感想などは、
メールの題名に本のタイトルを入れて、
postman@1101.comに送ってください。

2008-03-14-FRI

BACK
戻る