担当編集者は知っている。


『首都高山手トンネル』
著者:西澤丞
価格:2,625円(税込)
発行:求竜堂
ISBN-13: 978-4763007254
【Amazon.co.jpはこちら】

写真家の西澤丞さんが、
「がんばる日本を伝えたい」と、
東京の地下を通る高速道路の工事現場を
2年かけて撮影した写真集です。
東京の地下がこんなことになっていたなんて!
SF映画に出てくるような
不思議な風景やマシーンの機能美に感心したり、
最新技術を目の当たりにして、驚きの連続でした。
この写真集を担当された
求龍堂の佐藤さんにお話をうかがいました。
(「ほぼ日」渡辺)

***************************************

担当編集者/
  求龍堂 編集部 佐藤佳子



『首都高山手トンネル』とは

これは東京の中心部をつなぐ高速道路、
新宿環状線のトンネル部分の建設現場を撮った
写真集です。
環状新宿線とはC2(中央環状線)の一部で、
そのほとんどの部分が地下を走ります。
トンネルですからもちろん地下で撮影したものですが、
特別な照明などは使わず、現場の自然光で撮っています。
ですから生の迫力がガンガン伝わってきます


▲代々木シールドトンネル

ちなみにCとはCIRCULAR(循環する)の略。
内側の環状線からC1、C2となります。
現場では最新技術を使ってトンネルを掘っていますが、
完成してしまうと二度と見ることはできません。
この本ではその技術についても
どんな機械がどのように使われているのかも
簡単に触れています。


▲松見坂立坑


なぜ首都高建設現場の写真集?

建設現場ではいつも資料用の写真を残しています。
でもそれは本当に事務的なものでした。
首都高のように大きなプロジェクトでは
世界が注目しています。
ましてや地下を通る高速道路は
世界のなかでも珍しい例となります。
首都高速道路では
いろいろな広報活動をしていましたが、
その際に作るパンフレットなどに載せる写真を
カッコイイ写真で一般の人々にも見てもらいたい
という気持ちから西澤氏に白羽の矢が立ったのです。
それから2年経ち、
撮りつづけられた写真は膨大な量になりました。
そして、今回2007年12月の
新宿〜池袋間の開通に合わせ、
1冊の本にまとめることになったのです。


▲立杭


西澤氏の写真

西澤氏はこれまでも地下写真などを
たくさん撮っています。
今回写真集をつくるにあたり
西澤さんから候補写真を見せていただきましたが、
数百点もある写真は
どれも今まで想像したこともないような写真でした。


▲富ヶ谷出入口


▲東中野特殊クレーン


▲東中野換気所

巨大な虫みたいにうねるケーブル。
「うわ。タチコマ?(※)」 などと思ってしまう
特殊クレーン。
なにかが降臨してくるかのような
地下の作業現場にふり注ぐ地上からの光。
地下都市ができるのも
そう遠い時代ではないのだろうという気がしてきます。
そのなかでも圧巻なのがトンネルを掘る
シールドマシン(掘削機)。
2,000トンもあるこの巨大マシンが
地中を掘りすすむところを想像してみると
重機マニアでなくとも
「実物が見たいっ!」という気分になります。
また当然、地下ですから
換気所や消音装置なども設置されていますが、
効率や機能を突き詰めたその設備は
デザイン作品として通用するくらいの
美しさを見せてくれます。
ちなみに首都高速では地下見学会なども
行っていますので
WEBなどでマメにチェックしてみてください。
首都高速道路株式会社のサイトはこちら

<注釈>
※アニメ『攻殻機動隊S.A.C.』中に登場する
 人工知能搭載の完全自律型ロボット。



写真集の見方

この写真集では池袋から渋谷まで
ルートに沿って写真をならべています。
また、トンネルの工法やプチ情報も掲載しました。
本格的な説明はしろうとには難しくて
わからない事ばかりなので、
できるだけ簡単に西澤氏に解説をしてもらいました。
もう今ではスコップやつるはしなどは
見かけることもできないのだそうです。
ぜひ、この写真集を見ていただき、
機会がありましたら完成した山手トンネルを
どうぞ走ってみてください。
なんとなく地下帝国にいるような気分に
なれるかもしれませんね。


▲本町シールド


山手トンネルと高速道路のこれから


山手トンネルはなぜ地下を走るのかというと、
騒音対策やCO2の削減というテーマを持ち、
環境にやさしい都市をめざしているからです。
このあとまだ首都高速道路と東京都は協力し、
渋谷〜品川間の道路を建設します。
これが完成するとC2(中央環状線)が東京の町を
ぐるっと一周しますので、
そのときはまた新しく全線紹介する本が
できるかもしれません。
どうぞお楽しみに!


▲西池袋出入口その1


▲西池袋出入口その2

***************************************


『首都高山手トンネル』
著者:西澤丞
価格:2,625円(税込)
発行:求竜堂
ISBN-13: 978-4763007254
【Amazon.co.jpはこちら】

担当編集者さんへの激励や感想などは、
メールの題名に本のタイトルを入れて、
postman@1101.comに送ってください。

2008-01-15-TUE

BACK
戻る