担当編集者は知っている。


『ドラッグストア トリッパー!』
著者:森井ユカ
価格:1,890円(税込)
発行:青山出版社
ISBN:9784899980797
【Amazon.co.jpはこちら】

著者の森井ユカさんは立体造形作家、デザイナー、
イラストレータと多方面で大活躍されている方。
雑貨コレクターとしても有名で、いままでに
『スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編』
『ミュージアムショップトリッパー!』など
独特の視点を持つ雑貨の本を出されてます。
ちなみに、ほぼ日乗組員のカワイイもの好きの山下
『ファイヤーキング マグ図鑑』
ブックデザインも森井さんです。
今回、森井さんが教えてくれるのが
ドラッグストアの雑貨たち。
この本を担当された青山出版の
高橋さんにお話をうかがいました。
(「ほぼ日」渡辺)

**************************************

担当編集者/
青山出版社 高橋祐子



海外旅行に行って、
その土地の薬局に入ったことはありますか?
白衣の店員さんに話しかけられたらどうしよう? 
なんて思ってしまっていませんか?
実はこの本を担当するまで、
私、ホテルにある薬屋さんくらいしか
入ったことがなかったのです。
そんな私を開眼させてくれたのが、
立体造形家であり、雑貨コレクターでもある、
森井ユカさんでした。

いざ、ドラッグストアの世界へ

「こういうの知ってます?」
とユカさんが差し出した、ドラッグストア雑貨。
ドラッグストアの雄、
イギリスBootsのオリジナル包帯でありました。
グッときました。
医療品なのに、なぜここまでスタイリッシュなのか‥‥。
「他にももっとありますよ〜」
そう言って、ユカさんはグッド・デザインな
ドラッグストア雑貨の存在を教えてくれたのです。
そしてユカさんは言いました。
「私、小さい頃からケガとか多くて、
 よく病院にお世話になっているんです。
 だから、薬や医療器具なんかの
 デザインが大事だってことが、身にしみているんです」


▲右ページがBootsのオリジナル救急セット。
 中央にある丸いのが包帯です。


確かに、そうです。
病は気から。
気分が良くなければ、体調もよくなりません。
ダサい歯ブラシだと、歯を磨く気が起こりません。
(いや、それは大人としてマズいですね)
『ドラッグストア トリッパー!』の始まりです。

海外取材でユカさんが夢中になったもの

「トリッパー」とは
「旅する」ことと「夢中になる」ことを意味します。
名付け親はユカさんです。
世界中の小さくてカワイイものを探し求めて、
年中あちこち飛び回っているユカさんは、
まさに究極の「トリッパー」。
今回の取材はスウェーデン、フィンランド、
イギリス、フランスと4カ国にわたっています。
私はスウェーデンとフィンランドの
取材に(かこつけて)同行しました。

スウェーデンのとあるオシャレなカフェで、
ユカさんが興奮してこう言いました。
「高橋さん、今日は大収穫。
 ものすごいモノ見つけちゃいましたよ」
「なんすか、それは!?」
「しびんです」
「は?」
「し び ん。尿を入れるもの」
私の頭の中は、病院のトイレなどにズラーと置いてある、
目盛りがついた容器でいっぱいになりました。
あれはけしてオシャレではない‥‥。
しかし、モノを見せていただいて納得しました。
それが、これです。


▲左ページがしびんの解説書。
 右がユカさんが現地で撮影したロケ写真。

このしびんは2004〜2005年に、
アメリカ、ドイツ、日本で
グッドデザイン賞を受賞した経歴を持つのだとか。
しかし、このしびんを堂々と屋外で撮影してしまう
ユカさんのセンスも、かなりのものだと思います!

手に汗にぎるスタジオ撮影

今回のスタジオ撮影で一番白熱したのが、
この「液晶式簡易体温計」。



おでこに当てると、数字が浮き出て、
37度、38度、39度と、
かなりアバウトな体温がわかります。
電子体温計に慣れてしまった私たちには、
違和感がありますが、
フランスではまだまだ現役なんだとか。
ちなみに、フランスでは37度までが平熱だそうです。

今回の撮影モデルは、人形の赤ちゃん。
だから体温がありません。
シャッターを切る直前まで、
ドライヤーでゆるゆる暖めて、
人形のおでこになじむようカーブをつけ、
数字の表示が消えないうちに、
エイヤッ、エイヤッと撮影、
数字が38度になってしまってやり直し、
慎重にやりすぎて、今度は表示が消えた‥‥。
体温計はバッチリ! 
だけど、赤ちゃんの角度がイマイチかわいくない‥‥。
などなど、このカットを撮るだけでも
1時間以上の時間を費やしています。
妥協を許さない現場で、大切に撮影された写真たち。
これも『ドラッグストア トリッパー!』の
魅力になっています。

ユカさんの海外旅行秘話



これ、なんだかわかりますか?
フィンランドの薬局、アポテーキで売られている、
直径2cmほどの、シルバー製のロケットペンダント、
その名もSOSパスポートです。
ロケットの中に、自分の持病などの情報を
書き込んだ紙を入れておけるものです。
細長〜い専用の書き込み用紙もついていて、
これが水にとけない素材なんだそう。
この用紙も、カワイイですよね。
太線にそって切ると、ちょうどロケットに入るんです。
小さくてカワイイものを愛する、
ユカさんならではのチョイスが光る逸品です。

国内でも大忙しのユカさん。
ですから海外取材の時間は、
とても限られたものになります。
毎回どうやって時間をやりくりしているのか、
とても気になりますよね。
ユカさん最大の裏ワザは、時差ボケがないこと。
ユカさんは日本にいるとき、ものすごい夜型、というか、
夜に集中して仕事をされるので、
すでに昼夜逆転しているのですね。
海外取材だと、日中取材することになるので、
いつもの仕事の時間帯と変わらないのだとか。
しかし、ユカさんは平気で
日中仕事をされている時もあり、
「いつ寝ているんだろ? そしてプライベートは?」
といらぬ心配をしております。
(時差がない地域での海外取材も同様に‥‥)

デザインが人を元気にする


▲フィンランド、アポテーキの店内外。
 コーポレートカラーのグリーンが効いてます。


ドラッグストアは世界中にある、
私たちの暮らしになくてはならないものです。
薬や洗剤、化粧品、その他の日用品が
ところ狭しと並ぶ店内。
そんなドラッグストアグッズのデザインが、
私たちを元気にしてくれたら、とても嬉しいですよね。
体が弱っているときはなおさらです。

「デザインにできることは、まだまだあるんだな」と、
本書を作っている私も元気になりました。

本書が「病を気」から起こしている人たちの、
お役に立てることを願っています。

**************************************


『ドラッグストア トリッパー!』
著者:森井ユカ
価格:1,890円(税込)
発行:青山出版社
ISBN:9784899980797
【Amazon.co.jpはこちら】

担当編集者さんへの激励や感想などは、
メールの題名に本のタイトルを入れて、
postman@1101.comに送ってください。

2007-09-25-TUE

BACK
戻る