おめでとう20周年 田島貴男のひとりソウルショウの旅

仙台のライブに
レッドカーテンのドラムだった
秋山幸広さんが来てくれました。
久しぶりに会えてうれしかったわー。



これは、今回のツアーのマイクスタンドです。
いろんなものがくっついてて、
もう、オブジェみたいな感じなの。
これまでのツアーで、最もくっついてる。

まずはピック。
ひとりソウル・ツアーでは、
いろんな種類のピックを使うから、いっぱいついてる。
もちろん、ほぼ日特製ピック
このページでCD買うともらえます)
も、くっついてるよ。
カポタストとか、iPadも、写真で見えるかなぁ。
iPadはエレキギター弾く曲で、
リズム音源を再生させるときに使います。

その下にエフェクター類が見えるでしょ?
ループマシンのペダルも、エフェクターのボタンも
本番中とにかく踏みまくり。
頭こんがらがるけどね。

横にも機材がいっぱいあってさ、
もうとにかくぜーんぶ、自分の手の届くところに置いてあるの。

冬のこたつで、食べものもリモコンもみかんも何もかも
届くところに置いてあって
一日中、動かなくていい状態に
なったりすること、あるでしょ?
そうそう、ハハハハハハ、あんな感じあんな感じ。



ここ山下駅にて「ほぼ日」一同、田島さんとお別れです。
「ひとりソウルショウの旅」のなかのある一日、
スコップデー、これにておしまい。

ツアーのほぼ半分が終了、これから後半へ突入。
次は西へ。

* * * * *

これで2日間の随時更新を終わります。
おつきあいいただきまして
ありがとうございました。(菅野)


田島さん、スコップ団に参加してみて、どうでしたか?

「あのね‥‥正直言いまして、やっぱ疲れたね!」

ものすごく働いていらっしゃいましたから。田島さん。



今日のスコップは終了です。
田島さんは、力いっぱい
最初から最後まで「飛ばしまくって」がんばっておられました。



団長が高圧洗浄機で
すみずみを洗い流していきます。


津波の泥を掘ってかき出して、やっと家の床が見えてきます。
とてもうれしい瞬間。床が出てきたらラストスパートです。
田島さんのパワフルスコップ。




このおうちで必ず見つけ出したいもの「指輪」が見つかりました!
みなさんうれしそうです。



休憩時間にスコップ団団長とお話ししました。

午後からも、お昼を食べて、エネルギー出してがんばります。
ちなみに、田島さんのお昼ごはんは好物の赤飯おにぎりでした。
赤飯ならいくらでも入る、とおっしゃっていました。



本日のスコップ、2軒目の家です。
このおうちでは、指輪をふたつ見つけるのがミッション。
注意深く泥を掘っていきます。



1軒目の家がすっきりしつつあります。
田島さんは裏庭の草抜き、泥かきを担当中。

もうしばらくしたら、2軒目の家に移動します。

そうそう、スコップ団の活動については、もしよかったら
こちらの連載も併せてお読みください。

11月13日 赤い田島



家のなかから泥とものを取り出して
整理していきます。
田島さんは、宣言どおり
「もくもくと」活動しています。
地道ながらナイススコップ。



田島さんも、
赤いつなぎで奥でスコップ中。
家のなかから出てきたものを
分別する作業もなかなかたいへんです。


スコップがはじまりました。
まずは大きなものの移動から。
家のひさしをとりはずしています。

11月13日 本日は


スコップ団、ここのお宅をスコップします。
波が来たときそのままの状況です。


宮城県亘理郡山元町に到着しました。
これからスコップ団に行ってきます。(菅野)



いま、ライブが終わって夜ごはん。
自然薯をいただいてます。
うぉいしいぃです(←なぜかすごくドスの効いた声)!

富山、金沢、新潟と、海の幸を堪能しましたからね、
全日のどぐろ食いましたんで、
仙台では山の幸のおいしいお店におじゃましています。

しかも今日は電話インタビューじゃなくて、
直接「ほぼ日」の人に話をしています。
せっかくなんで、電話ではできない
実のある話をしたいと思います。

連日、音楽の専門的な話題ばっかりだったんで、
一般的な内容で、しかも実のある話をしたいと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥最近ね、
白みそのみそ汁にショウガを入れてるんだよ。

‥‥‥‥‥‥‥‥あ、赤みそだと
バターが合うんだって。テレビでやってた。

だめだね。
いまの俺に、音楽以外で、実のある話はない。

もういいや、音楽の話で行こう。というか、今回のツアーの話でね。

いま、俺がヒシヒシと感じていることがあって、それは
「本番は、練習と、ほんとにちがうものですね」
ってことです。

いやぁ、本番は、練習と、
ほんとにちがうものですね(にっこり)。
ね(にっこり)?

いつも練習で、完璧に仕上げてるんですが、
本番には「わな」がたくさんしかけられてるの。

例えば、本番のステージでは、照明が
スッゲー熱い、とかね。

突然音が出なくなっちゃう、とか。

そういうわなを、
ときには利用しながら
ひとつのステージにしていくんだよ。

後頭部に電熱器のような照明を浴びながら
「これで2時間歌うのかよ、マジかよ?!?!」と思いつつ
お客さんたちに「いいライブを観た!」と思っていただけるようにする。

いくら練習してたって、何が起こるかわからないんですが、
それを支えるのは、やっぱり練習なんだよね。

今日のステージ、どうだった?
なになに、ギターで感動したって? 

あれでもね、本番でできてるのはせいぜい5割くらいなんだ。

リハでは大成功連発! なんだけどね、ハハハハハ。

歌のほうももちろんすごかったって? そう。
歌についてはね、最近わかってきたことがあるんだよ。

それは、
「座って歌うように、立って歌う」
ということです。

わっかるかなぁ?

上半身をまるで柳のようにして歌うんだよ。
つまり、要らない力を抜くということです。
海外のベテランシンガーの動画を観ると、
たいてい力がすごく抜けてるのがわかります。

力って、入れるばかりだけじゃだめなんだよなぁ、
入れるのは簡単なんだよなぁ、って
つくづく思ってます。
きっと、歌だけじゃない。
もしかしたら何でも
「力を入れる」ことより「力を抜く」ことが大切だ。
自然薯をねばねばしく食べながら、俺はそう思う。

明日はスコップ。
もくもくとがんばろうと思う。
それじゃね。
おやすみ。また明日、朝早くに。

11月13日 つなぎ

* * * * *

みなさま、ほぼ日刊イトイ新聞の菅野です。

「ライブのあとに田島さんとお会いして
 お話をすこしうかがう」
と言ったまま、更新が途絶えてしまい
申し訳ないです。

たしかにあのあと、田島さんにお会いし
ねばねばしたものを食べつつ
お話をしたのですが、
その後、わたくしに用が発生してしまい、
更新が遅れております。

朝にはその記事を更新できていると思いますので、
それまでみなさま、ゆっくりおやすみください。

写真は、
ご自分でご用意されました、
明日のスコップで田島さんが着る予定のつなぎです。
つなぎで、つながせてください。

それでは、また、朝に!(菅野)




ライブは終わりましたが、
ライブのあとに少しだけ
田島さんにお話をうかがえるかもしれません。

夜中から明け方にかけて、
思い出したらこのページを
リロードしてみてください。

それではまた、のちほど!

なんだかよくわからないレポートで
ほんとうにすみませんでした。
ありがとうございました。(菅野)



はーーー、終わってしまいました。

みなさんが
メールやツイートで
「脱力中」「魂抜かれた」と
ご感想を書いていらっしゃいましたが、
そのとおりです。

わーー
わーわーーー。

※今回の連載の動画は、2011年12月1日までの視聴が可能です。
まえへ
最新の更新へ
つぎへ
感想メールを送る
ツイートする
ほぼ日ホームへ