「切るとき失敗したら
 どうしよう〜?」
と言っていたふたりですが、
みごと、うつくしく、
切ることができました。

かっぱ橋で買ってきた
1500円のパン切り包丁を
使ったようですよ。
2009/12/15 19:00








ディップも完成です!

ごらんください、このできばえ!
2009/12/15 18:32








ラップをした
フルーツサンドを
しばらく冷蔵庫で寝かせます。

冷蔵庫にはさきほど

が作った
クリスマスケーキが並んでいますね。
(箱に入れて保存しています)
2009/12/15 18:14








フルーツをいろどりよく
すきまなくならべて
クリームをのっけます。
2009/12/15 18:08






しっかり水気も切りましょう。
パンがべちゃってしちゃうからね。
2009/12/15 17:33






高さ、ほぼ、そろってますね。
いいんじゃないでしょうか。
2009/12/15 17:14








フルーツサンドは
はさむフルーツの
厚みを均一にすることがだいじ。

めやすは、いちごを
半分に切った高さです。

これが基準!
2009/12/15 17:07







キーウイをむいてる!
きれいにむいてる!

ふだん、乗組員の
調理姿って見ないものですから
それだけでびっくりしたりして。

「なんでおどろくんですか!
 わたしだって、
 このくらいできますよーん」
2009/12/15 16:59









「あれ?あれれ・・」

ふだん動じることのないモッキーが
いつになく焦っています。


「缶切りがうまくいかへんねん・・」

いわゆる「昔ながらの缶切り」の
使い方がわからないらしい。


「確かに最近はつかわないからねぇ」

シェフに教えてもらって
もんだいなく開けることができました〜。
2009/12/15 16:57




ディップに
サランラップをかけて
冷蔵庫でねかせます。

たったこれだけの
手順で、
このディップ、
ものすごーくおいしいんです。

弊社女性メンバーの間では
「食べはじめると
とまらなくて、困る」と言われている
ディップです。
2009/12/15 16:53






ディップに
ブランデーを
ほんのちょっと、落とします。

大人っぽい風味になるのです。
2009/12/15 16:46








混ぜる! 混ぜる!
これ、『LIFE』のなかでも
(おまけの別冊に収録ですが)
かなりかんたんで、
しかもおいしいレシピなんですよー。
2009/12/15 16:39












そして刻む、と。
2009/12/15 16:28






ドライフルーツの分量を
ちゃんと量る、と。

そう、量るの大事!
2009/12/15 16:25








サワークリーム、
そしてドライフルーツたっぷり。

ちなみに飯島奈美さんのレシピでは
「好みのドライフルーツ」になってるけど
ふたりは何を買ってきたの。


「アプリコット、
 いちぢく、
 マンゴー、
 プルーン、
 キーウイ、
 レーズン、
 クランベリー、です!」

こんなにいっぱい買えて
楽しかったらしいです〜。
2009/12/15 16:13







フルーツサンド&ディップ班、
準備をはじめました〜。

このふたり、
見た目は落ち着いてるんだよなぁ。
2009/12/15 16:05







パンを買ってきたようです。

「東横のれん街で買ってきましたー」。

食パンはフルーツサンドに、
フランスパンはディップに使います。

こちらも調理は
午後ゆっくりめにスタートです。
2009/12/15 11:26


とじる

(C)HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN