6月6日〜

断食後の森川さん



2007/06/18 23:36
ということで終わりです。

ということで、
断食レポートは本日で終わりです。
長らくおつきあいいただきまして、
ありがとうございました。

体調は帰ってきた直後のままとは
いかないまでも、
かなり調子が良いです。
缶コーヒーはいまだ飲めないでおります。
絶対最初に食べに行くと言っていた
山頭火のラーメンはまだ食べておりません。
ジャガイモは相変わらず好きです。
隙あらば散歩しようと思っております。
まだ遅くても2時までしか起きてられません。

体重は最終的に断食前から-5.2kgです。
体脂肪は5%くらいダウンしました。
今日までの体重遷移のグラフを
あげておきました。
ゆっくりゆっくり下がっている感じです。

そうだ。
1つ思い出した。
今でもそうなので、たぶん正しい、
腹が減ったときの対処法。
「腹が減ったら歩け」
散歩に限らず、
運動をすると空腹感がまぎれます。

ということで、
どうもありがとうございました。

2007/06/18 21:20
対談をお楽しみに!

森川さん、使用前使用後の写真、
ちょっとびっくりしました‥‥。

えー。
本日18日(たぶん夜遅め)に届く
森川さんの報告をもって、
「断食中継」は、いったん中締めです。
お読みくださいまして、
ありがとうございました!

お知らせしましたとおり、
近々、今回の断食をふりかえる、
糸井重里と森川幸人さんの
対談が始まります。
楽しみにお待ちくださいませー。

では、みなさんからのメールと
お返事をご紹介いたします。


読者より:
先週末、触発されてプチ断食をやってみました
(準備1日、断食1日、回復1日)が
断食日はともかく、回復日以降の
身体のだるさが耐えられず、
胃腸には悪いけど、
回復日の昼から普通食にしてしまいました。
それでも数日間、起き抜けからしばらく
だるいのが続いたりして、断食は向いてない、
という結論に達してしまいました。


お返事:
女性の方は断食反応が
でることが多いようですから、
ムリなさらないでください。
(やはり子孫を残す「性」であるので、
 栄養が来ないことへの
 感受性が強いんでしょうね)
断食の代わりにローカロリー食に変える、
という手もあると思います。
(森川)


読者より:
仕事のストレスがぐっと貯まったので、
アトピーが酷くなり、
ものはためしとプチ断食を
してみることにしました。
とりあえず一日お茶。口寂しい時は
干し梅を耳かき程度欠いたものを
口に入れてあとお茶。二回ぐらい。
夕食はお澄まし。
朝は野菜ジュースを復食で飲み、
昼おかゆを食べているところです。
途中少林寺の稽古をしましたが
ごく普通でした。お腹はすいて鳴るのですが、
つらいとは思いませんでした。
多分この状態でずっと平気だと思います。
あまり断食が効かない体のようです。


お返事:
断食でいろいろな症状が治るというのは、
体が緊急反応を
しているということでしょうから、ある意味、
断食が体質に合ってるんでしょうね。
(森川)


読者より:
断食だけじゃなく糖分を完全に絶った場合、
慣れてしまえば、仕事が出来る状況に
なるのでしょうか?


お返事:
ケトン体を使って脳は動く。
とくに、
古い脳の部分は大丈夫みたいですね。
でも、仕事をする脳はやっぱり
極端に能率や精度が悪くなりました。
(森川)


読者より:
18日までですね。
断食中継ありがとうございます。
お陰様でふしだらな楽しみから
さりげないことを楽しむ生活を
選択することができそうです。
知らず知らずのうちに、
良い生活になる準備が徐々に
整っていたのだなあと感謝しています。


お返事:
21世紀には体に対しても環境に対しても、
引き算して考える
ってことがキーワードである気がしますね。
(森川)



2007/06/18 14:56
使用前使用後

昼真っから見苦しい写真を失礼します。
左は今年の4月の免許証更新の時の写真、
真ん中が今日の写真、
右が今日のパンツ。
これが普通にはけてたなんて、
今がスゴイというより、
断食前が「どんだけ〜っ」

2007/06/17 23:44
一緒に断食していた方のこと

そういえば、
一緒に断食していたおばあさんは、
膝が悪いため体重を落とすようにと
医者に勧められ、断食に来たそうです。
ところが、
体重が(十分に)落ちる前に、
断食効果で、気持ちが?元気になったためか、
膝のことが全く気になくなり、
毎日散歩しまくりです、と言ってました。
つまり、
膝が悪かったのは医者の指摘のように
体重(だけ)の問題じゃなかったって
ことでしょうかね。
ということで、
今日の歩数は11311歩。
久しぶりにちょっと歩いた感じ。
体重はまた少し減って、
断食前から5.0kg減でした。

2007/06/17 23:38
お返事ですー。

断食後丸3週間をすぎた森川さん。
久しぶりに腹を立てたり
されているようです。
(怒りっぽいとは意外!
 いつも優しい方ですよー。)
でもそんな変化も冷静に
分析されているところが
森川さんっぽいです。

さて、断食後の報告は明日までです。
今日もみなさんへのお返事をご紹介します。


読者より:
数年前からじゃがいも愛好家なのですが、
もしかしたら私の体は
その頃から血糖値が低めで、
GI値の高いものを
求めていたのかもしれません。
よく「いもが食べたい」って言ってます。


お返事:
体ってよく覚えてますよねー、
そういうこと。
不思議な話ですが。
『セカンド・ブレイン―腸にも脳がある!』
(マイケル・D. ガーション著)などを
読むと、消化器系の「脳」の存在に
感動したりします。
(森川)

2007/06/16 23:22
腹をたてたり

今日は朝から仕事のトラブルで
ちょっと腹をたててたのですが、
そういえば、
腹を立てたのは断食明け初めてなのに
気がつきました。
あの怒りっぽい自分が!

断食中は、
全然イライラするとか腹が立つといった
負の感情が起こらなかったですね。
乱暴な気持ちにはなるんですが、
これは負の感情じゃない気がしますし、
まー、
仕事をしてなかったせいもあるんでしょうが、
怒っているヒマがあったら
エサを探せモードに
なっていたのかもしれませんね。

脳にブドウ糖が回り出すと
そういう負の感情が生まれるんでしょうか?
農業の発明で、
毎日脳にブドウ糖を与えられるようになって、
人は争いを始めるようになったんでしょうか?


ということで、
今日は5456歩。
こう暑いと歩くのも
日が落ちてからじゃないときついですね。
体重は、断食前から4.8kg減でした。

2007/06/16 21:45
みなさんへのお返事

「森川君の断食中継」をごらんいただき
ありがとうございます!
森川さんの断食後の報告は18日までです。
そのあとしばらくして、
糸井との対談が始まります。
こちらも楽しみにお待ちくださいね。

読者より:
森川さんはもともと
お酒は飲まれる方なのでしょうか?
この質問はお酒が飲めないということだと
答えていただく意味がないのですが、
断食中、アルコールに対する飢餓感は
ありませんでしたか?


お返事:
ぼくは全然酒が飲めないので、
酒はどうなのかとても興味がありました。
一緒に断食した年配の方で、
1日も酒を抜いたことがない
という方がいたので、聞いてみたんですが、
「最初から飲めないとあきらめているので、
禁酒もまた全然苦しくない」
とおっしゃってました。
断食中は禁煙でもあるんですが、
こちらはそっと吸ってる人がいましたね。
個人的な差だとは思うんですが、
自分の経験を思い出しても、
禁煙の方が断食より辛かったですね。
(森川)


読者より:
『朝食抜き! ときどき断食!』
(渡辺 正)という本を見つけたので
読んでみました。おもしろかったです。
読まれたことはありますか?


お返事:
この本は読んだことはないのですが、
同じ作家の本は読んだことがあります。
けっこうな部分では共感してます。
ただ、個人的には、
必ずしも毎日朝食を摂らなくてはいけない、
ということはないんじゃないか
と考えています。
つまり、
体が欲していれば摂ればいいし、
体が欲していなければ
ムリに摂る必要もないのでと。
その日その日によって
体の調子は違うでしょうから、
必ず食べるべきとか絶対に食べないとか、
生活スタイルをあまり窮屈にしない方が
いいのではと個人的にはそう思ってます。

体の声を素直に聞けるような、
体と心の状態でありたい。
欲にも知識にも惑わされないようにしたい。
それが理想かなーと思っています。
(森川)

2007/06/15 23:37
体脂肪

今日の歩数は2919歩。
全然ダメですねー。

体重はうなぎの影響もなく、
断食前から4.8kg減でした。
体脂肪は、
10%台20%台を行ったり来たりまで
落ちました。
体重が落ちるよりうれしいかも。

2007/06/15 21:25
みなさんへのお返事です。

そろそろ「うなぎ」なども
めしあがってみたという、森川さん。
週末はお誘いなど、多いのでは?

では、読者のみなさんから
いただいたメールへの
お返事をご紹介します。

読者より:
私も断食後の普段食です。
昨日は明日香村の裏山を縦走しました。
断食中も道場に通っていたせいか、
筋肉痛も全く無しでした。
そうですか断食中は
筋肉が減りやすいのですか。
稽古を続けていたのが良かったのですね。


お返事:
そうですね。よかったですね。
断食中は、負荷の高い運動は
やめたほうがいいみたいですが、
軽い運動なら必須でもあるようですね。
(森川)


読者より:
大学生しながらアルバイトで
バリスタをしています。
断食後にコーヒーをお飲みになって、
変な味に感じたと
書いていらっしゃいますね。
もしかしたら缶コーヒーに入ってる
保存料などに
敏感になられたのかもしれませんね。


お返事:
「変な味」というのは、
まさにそういう物質に対して
かもしれません。
断食前は毎日、
最低でも1本、多い日は3本くらい
飲んでましたから、
そこらあたり、マヒしてたんでしょうね。
敏感になるといろいろ
食べられるモノ、飲めるモノに
制限が出てきて不便なんですけど、
まー、どっちが良い? と考えたら、
不便を選びます。
(森川)

2007/06/15 00:06
うなぎ

今日の夜はうなぎを食べてきました。
おそらくこの3週間で最高カロリーの食事。
これが全部「身」になるのでしょうか。
明日の体重計が楽しみ。

断食あとで注意しないといけないのは、
ふだんふしだらな生活をして、
太ったり調子が悪くなったら断食する。
下剤でも飲むかのように断食するってー
「思想」がかなりヤバイそうです。
断食は苦しいモノじゃないとわかると、
そういう悪魔のささやきが
ないでもないです。
今はまだ健全な体と心なので、
それがいかにヤバイか自覚があるのですが、
気をつけないとね。

今日の歩数は3518歩。
梅雨時の運動、うまく考えないといけません。
体重は200gもどって、
断食前から4.5kg減でした。
行ったり来たりです。

2007/06/14 13:19
森川さんのお返事。

断食中、猛烈にじゃがいもが
食べたかった森川さん。
帰ってきてから、GI値と関係があるのでは?
考察されていましたね

読者より:
森川さんの断食中継に感化されて、
3日間ですが、自宅で
イギリス人の旦那と断食しました。
外国人の回復食に興味あるとの事だったので
メールしました。
一日目はお粥とお味噌汁を私と一緒に
食べていた彼ですが、2日目からは
ポテトが食べたい!というので、
2日間マッシュポテト
(普段はバターを入れるのですが、
今回はなしで)でした。
つぶしたジャガイモに牛乳・塩少々を
加えただけのものを2日間食べていました。


お返事:
ああ、イギリスの人も
やっぱりジャガイモなんですか。
すごいなー、ジャガイモって。
調べてみたら、
ジャガイモは消化がいいだけじゃなく、
含んでいるアミノ酸の種類も
理想的らしいですね。
自分(脳)も知らないようなそんなこと、
いったい、
いつそんなこと覚えたんでしょ>からだ。
(森川)


読者より:
私も、4月に森川さんと同じところ
・同じコースで断食しました。
お散歩コースや食事の写真など、
とても懐かしく拝見しました。
ちょうど2ヶ月たちますが、
リバウンドもせず、維持してます。
むしろ、さらに1キロ落ちたくらいです。
断食から帰ったら、
歩くのが苦にならなくなりましたし、
食事の内容も、
随分気をつけるようになりました。
リセットに行った甲斐が
あったなあと思います。
森川さんも、2ヵ月後にそう思えることを
お祈りします。


お返事:
そうありたいです。
せっかくリセットしたんだから、
今の状態を丁寧に
キープしていきたいと思います。
といいつつ、
むしろ、
ストイックになっていってしまう方に
気をつけてたりするのですが。
(森川)

2007/06/14 01:56
5000歩ばかり

5000歩ばかり稼いできました。
ねむ〜〜〜っ。
(まだこんな時間なのに!)

2007/06/14 00:18
ちょっと濁ってきてます

ちょっとまじめに仕事をはじめると、
とたんに肩あたりが固くなってきて、
体の中の「流れ」が
良くなくなってきているというか、
ちょっとよどんでき始めた感じがしますね。
(断食前はそういう感覚さえ
わからなかったんですけど)

断食明け直後の清流は望めないにしても、
これ以上、濁らないようにがんばらねば!

今日の歩数は3067歩。
仕事が忙しい→疲れが溜まる
→朝の散歩ができないでいる→
体が重い→……
と負のループに入ってますね。

体重は200g減って、
断食前から4.7kg減でした。

2007/06/13 15:29
お返事です。

通常モードでは、
パソコンの前に座っているのが仕事? の
森川さん。
やっぱり歩く量が減ってしまいました。
体重もほんの少し戻られたとか。
でも、健康ならばよいのではないでしょうか。

読者のみなさんからいただいたメールへの
お返事をご紹介いたしますー。


読者より:
森川さんの断食リポートを読み
そうだ!これだ!! と思いました。
というのも、今月一杯で仕事を辞めるのです。
これからは自由に自由に生きるのだ〜
(今後も仕事はしますが)と
思っておりました。
お遍路に行く事は考えていましたが
その前に、カラダの中も
すっぽりキレイにしてしまおう、と。


お返事:
断食中は、脳に十分な(上質な)糖分が
いかないため、
脳、とくに「新しい脳」は
あまりうまく働きません。
そのため、結果として、
仕事の上の悩みなんかも処理できず、
「捨ててしまう」しかなくなるため、
体とともに頭も
すっきりしてしまうんですよね。

仕事のことを考えなければ、一石二鳥!(笑)
(森川)



読者より:
断食をすると、お通じがよくなるというのは
森川さんはいかがだったでしょうか?
個人差はあると思いますが、
けっこう古いのまで、
腸の中も綺麗になるような噂を
聞いているんですが。腸の中のすっきり感も
教えていただけるとうれしいです。


お返事:
普段、便秘がちの人は
そうなのかもしれませんね。
ボクの場合は、
特に変化はありませんでした。
でも、
腸も休めたはずですし、
その後の食べる量も
減っているわけですから、
調子が落ちるはずはないですよね。
(森川)

2007/06/12 23:52
歩けてませんね

今日の歩数は3091歩。
全然歩けてませんねー。
朝でも暑いんで、夜歩きたいんですが、
まだ1時には寝てしまう生活なんで、
なかなか歩けないです。

体重は300g戻って、
断食前から4.5kg減でした。
このあたりが「底」なんでしょうか。

2007/06/12 21:14
みなさんへのお返事。

さすが森川さん。
料理の腕を発揮していらっしゃいますね。

では、みなさんからのメールへの
お返事をご紹介いたしますー。

読者より:
食べないほど体調がいいのはわかります。
食べる楽しみもありますが、
食べない喜びもありますよね。
唾液がよく出て体が軽い。
自分に満足できる。
(でも、続かないのよね〜〜〜〜!)


お返事:
それぞれ、
喜んでいる部署@自分が違いますよね。
食べる楽しみは主に脳、
食べない喜びは消化器系。
人間も昔っていうか本来、
消化器系も「休日」が
多かったはずですから、
たまには休みをあげて喜ばせてあげないと
ダメなんでしょうね、きっと。


読者より:
食事が普段どおりに戻ったときに
脂肪とともに筋肉も目減りした分、
消費できるカロリーが減り、
かえってリバウンドがくる、
ということもあり得る気がするのですが。


お返事:
脂肪より筋肉を先に「消化」してしまうんで、
そうなったらリバウンドとか
起こりそうですね。
そのため(=筋肉を落とさないため)にも、
断食中は適度に
運動する必要があるみたいです。
実際、今回は、
歩いていたので足の筋肉は大丈夫でしたが、
腕の筋肉は落としてしまいました。
(森川)



2007/06/12 14:42
凝らない食事

一週間は自炊と決めたとき、
凝らないようにしようと決めたのでした。
凝れば凝るだけ、
途中で疲れて辞めてしまいそうだったので。
で、
帰ってきてからず〜〜と自炊しているのですが
(外食は2回だけ)
食べているのは野菜と魚が中心。
ふだんなら、魚は煮るより焼くが好きなのに、
ここのところは逆ですね。
蒸したり煮たりするほうが好きになってます。
野菜は生より火を通した方が
好きになってます。
いんちきおひたしを常備してます。
これはカンタンで重宝してます。

・野菜の種類はなんでもいいし、
 なるべくたくさんの種類が入っていた方が
 飽きない
・血糖値を下げると言われるしめじは
 必ず入れるようにしている
・野菜はゆでたらすぐに冷水につけ、
 よく水気を絞る。
・めんつゆ(ストレート)を
 ひたひたまでかける
・好みでおかかもかけてしまう
・冷蔵庫で保管する

野菜から適度な水分が出て、
いい感じのあっさりおひたしのできあがり。
出汁醤油+みりんなんかでも
いいんでしょうが、
めんつゆのほうが1ステップ少ない。

ずっと油分を取らないようにしてきたので、
少し肌のしっとり感が
なくなってきたような気がするのは気のせい?





2007/06/12 00:01
筋肉痛

昨日は、ほぼ日でもおなじみのTK道場の
格闘学会に出席して、
体を動かしたんですが、
ちょっとだけやっただけなのに、
今日は筋肉痛です。
筋肉をあまり使ってなかったというよりは、
だいぶ落ちてるんですねー。
断食の危なっかしいところはここですね。
脂肪を分解するより、
筋肉(タンパク質)を分解する方がうんと
いい素材(アミノ酸)が得られるし、
筋肉の維持にはコストがかかりますしで、
使わない筋肉はどんどん使われてしまいます。
そういう意味でも
断食中の運動は大切ですね。

というわけで、
今日の歩数は4443歩。
仕事が本格的になると
どうしても減ってしまいます。
いかん、いかん。
で体重は再び少し減って、
断食前から4.8kg減でした。

2007/06/11 19:23
読者へのお返事。

「数字記録ダイエット」、
大事なのは反省や発見のようで‥‥。

今日もみなさんからのメールへの
森川さんのお返事をご紹介します。


読者より:
私も断食の経験があります。
私の場合は長期じゃなく
短期を何回かにかけてしました。
元々軽い喘息とアレルギー体質による
理由無しのジンマシンが毎日出たり、
咳が出て止まらなかったりと
非常に苦しんでいました。
それで人づてに断食が
体質改善に良いと聞き
やってみることにしました。
やり方は3日1セットで
月2回、だいたい2週おきに行いました。
10年ほど前に1年半ほど続けた結果
今は喘息の発作もジンマシンも
一切でなくなりました。
ただし本当に断食が要因で改善されたのかは
不明です。
科学的、医学的根拠は一切ありません。


お返事:
断食ショックは、
軽い疾患には効くとはよく聞く話ですね。
あまり継続的に断食すると、
体が「断食慣れ」してしまうそうで、
断食の間隔は3ヶ月以上開けた方がいいと
先生はおっしゃってました。
(森川)


読者より:
断食終了後地上に戻って
「匂い」に敏感に反応すると
言われてましたよね。
あたしの父は、匂いません。まったく。
30歳を超えたくらいからと聞いてますが。
その父は、「生まれてこのかた、
お腹が鳴ったことがない」と言うのです。
父は、生まれ着いてから
食が細いほうではありますが、
匂わないのも大きく作用しているのだ!
と思いました。


お返事:
ボクの場合は、ニオイだったんですけど、
人によっては味だったり
音だったりするのかもしれませんね。
とにかく感覚が少しよくなる、
あるいはデフォルトに
リセットされるってのは
断食後、だれにもあるみたいですね。
ふだんと変わらない生活が
新鮮に感じられていいです。
(森川)

2007/06/10 23:10
数字でやせる

世の中には
いっぱいダイエット法がありますが、
ぼくが「これは確かに効くかも」と
思っているダイエット法が、
「体重の記録を取る」という
ダイエット法です。
毎日体重を記録する。
増えたり減ったりしたら、
その原因として
思い当たることをメモしていく。
特に食べるもの、
食べる量などについては制限はない。
ただ、記録をとるだけというものです。
つまり、何を食べたからこうなった。
どういうタイミングで食べたからこうなった。
そういう反省や発見を通して、
その人に合った食生活を
見つけていくということで、
これが効くということらしいです。

個人的にはこれはありかなーというか、
ある意味、
その人の体質なんかを最も考慮した
ダイエット法なんじゃないかなーと
思ったりします。
(数字が増えた減ったに
 「踊らされてしまう」のも
 気をつけないとダメでしょうが)

ということで、
今日の歩数は9088歩。
体重は100g戻って、
断食前から4.6kg減でした。

前へ 断食中継のトップへ
  メールをおくる  
ほぼ日のホームへ