気まぐれカメら 感想を送る

前へ 次へ


どこだっけな。


ちょっと高いところに犬を乗せて、
なにがしたかったんだ、おとうさんは。
で、ここ、どこだったっけ?
こんな場所、あったっけ?
ああ、思い出したよ。
青山学院の裏の通りだったね。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/23 02:31




じゅんぎょう。


ちょっと、「劇団セルフタイマー」の
韓国公演に見えないかな。
この像のおかげでさ。
見えないか…ごめんごめん。
根津美術館の骨董通り側だよね。
なにもかも、たのしく見えるなぁ。
<『ブイ父回想(未刊)』より>


2018/05/22 02:59




かいしゃのひと。

骨董通りに会社があったときには、
よく連れてってもらいました。
「ブイちゃんが探してますよー」と、
会社の人がおとうさんに
伝えてくれました。
引っ越してからも、あの建物には、
よく行こうとしたものでした。
〈『ブイヨンの思い出(未刊)』より〉

2018/05/21 01:31




われかんせず。


「劇団セルフタイマー」の活動は、
家という舞台でも行われます。
おとうさんは、カメらをセットして、
あわててソファの後ろに移動します。
なにがねらいだったのでしょうか。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/20 02:10




こらーじゅ。


そう見えるかもしれないけれど、
これ、コラージュじゃないんですよ。
クイズみたいだけど考えてみてみて。
ここでは、何度も写真を撮りました。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/18 00:58




へへへ。


これは、セルフタイマーでなくて、
おとうさんが撮った写真です。
この場所で、この姿で撮ったものが、
なんだかいくらでもあります。
なんのために撮っていたのでしょう。
あ、あとでこうやって見るためか…。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/17 02:09




ぽーず。


おとうさんは、
犬のこのポーズが好きなんです。
こういうまくらがほしいと、
よく言ってました。
ちょっとあったかいまくら、ね。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/05/16 00:33




むかしのかめら。


昔の、フィルムのカメラで撮ったの。
その写真を、iPhoneで撮ったの。
なんだか、ちょっと哀愁みたいなものが、
出ちゃってるような気がして。
<『ブイ父夢想(未刊)』より>

2018/05/15 11:11




いつのことか。

いつの写真かわかる写真も、
ときどき撮りましたよね。
犬にはなんの関係もないけれど、
参加させてもらいました。
チーンも、関係なかったですね。
〈『ブイヨンの思い出(未刊)』より〉

2018/05/14 00:08




びよういん。


おとうさんと、美容院にきました。
髪を切るのではなくて、
ジェルを買いに来ただけです。
犬は、ここで見てるよ。
あと、犬はカットしたことありません。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/05/12 22:49




ちゅうい。


「劇団セルフターマー」活動の
いちばん有名な舞台がここでした。
不安定なところにカメラを置いて、
急いで走って舞台に立ちます。
いまはもう看板はないんですよね。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/12 01:39




ふっきん。


おとうさん、ふっきんしてるの?
犬もなかまに入っていい?
犬は、ふっきんしたことありません。
筋肉は、いっぱいありました。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/10 22:16




びじょとやじゅう。


そう言われてもしょうがないか。
ゴリラさえ許してくれたら、
それでもいいかもしれません。
犬は、ときどき女のこっぽくなります。
おしゃれをさせてもらうのです。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/10 02:52




さそう。


たまにくっつかないでいると、
おとうさんが、犬を誘います。
なんでこないの?と言います。
おとうさんも自立すればいいのに。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>
※書いてて、せつなくなった…。


2018/05/09 01:31




ねむってた。


ただ、
さなぎみたいになって
眠ってる。
そういうのを、
じっと飽きずに見てたね。
犬は、知ってるよ。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/08 01:04




ごまんまい。

たぶん、こっち側には
人間のおかあさんかいるんだね。
毎日毎日、写真を撮っていたなー。
「犬のアルバム」っていうのだけで、
50000枚くらいあるんだけど、
とうやら、まだあるみたいです。
〈『ブイヨンの思い出(未刊)より〉

2018/05/07 23:14




はちねんまえ。


舟に乗ったっけ。
知ってる人の宿まで川から行く。
ほんとは細い道もあるんだけど、
そのときは舟に乗せてもらった。
犬は、おとなしくしていましたよ。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/07 01:38




ありがとう、ごーるでんうぃーく。


ちょっと長いお休みがあると、
おとうさんとおかあさんと、
ずっといっしょに遊んでいられるね。
特に五月のお休みはお天気もいいしね。
今年も、たのしかったよ、
いないけど、ずっといたよ。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/06 15:14




このばしょにいるわけ。


犬が、こういう場所にいるわけは、
じぶんでもよくわかりません。
ちょっと不安定なところが好き?
なるべく厚いクッションがいい?
崩れ落ちるスリルをたのしんでる?
どれも、ちがうような気がします。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/06 02:00




ごーるでんうぃーく。


ゴールデンウィークの散歩は、
おとうさんも張り切ったよね。
川沿いの細道を、どんどん歩いた。
おとうさんもくたびれたけど、
犬もくたびれたかもしれない。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/05/05 01:11


前へ 次へ

感想を送る とじる 友達に知らせる