気まぐれカメら 感想を送る

前へ 次へ


ごようぼうにこたえて。

おとうさんの話では、
「いやいやえんのシリーズが、
 妙にウケてるんだけど」
ということらしいので、
犬はもう、積極的にやります。
いやだいやだ、そっち行かない!
<『ブイヨンの気持ち(羊羹)』より>

2010/01/11 19:32




ほんの数日前のこと。

そういえば、と思うんです。
ほんの数日前は、まだお正月で、
ごろごろごろごろしてたっけ。
食べて散歩して寝る。
寝る寝る寝る‥‥そんな感じ。
犬も、そのころは、
ちょっとふとっていたんですよ。
<『ブイヨンの気持ち(土管)』より>

2010/01/11 04:31




もちつもたれつ。

犬と人とのつきあいには、
いろんなかたちがあります。
いっしょに散歩にいくとか、
いっしょにボール投げするとか、
ごはんを食べさせてもらうとか、
いっしょに寝るとかもありますが、
ただくっついているというも、
あるんですよね。
<『ブイヨンの気持ち(薬罐)』より>

2010/01/10 12:17




こんなもんかな。

前回、あれほどの傑作を
ものしてくださいました
ブイヨン先生が、
さらにそれ以上の名作を生み出すか、
と期待してましたが、完成したのは、
豈図らんや、軽い小品でしたね。
「はなびらもち」を意識なさって、
おられるとのことであります。
わたしは牛蒡なり、とか‥‥。
<『ブイ先生と共に(未刊)』より>

2010/01/09 12:40




さまざまな黄昏。

これも、黄昏です。
黄昏だからといって、
へんなおじさんたちが、
あははあははと笑いながら
旅をしているということとは、
かぎらないんです。
東京から、ちょっと離れた黄昏。
<『新・東京物語』(未刊)より>

2010/01/08 19:32




ねこのにおい。

おとうさんは止めるのですが、
どうしても、犬は、
猫を追いかけてしまいます。
たまに、無視することも
できるようになったのですが、
ほとんどは激しく気にします。
「鼻の頭をひっかかれることも、
 あるんだぞ」と注意されます。
<『ブイヨンの気持ち(椪柑)』より>

2010/01/08 08:14




これは‥‥?

これは これは
どちらさまでしょうか
もしや いつかおあいした
めがみさま?
あるいは あのときの
おばあさん?
それとも もっともっと
あやしい おかた?
<『犬の鼻歌(詳細不明)』より>

2010/01/07 12:08




できたっ。

先生は、偉大なる梱包芸術を
忘れてなんかいませんでした。
ごらんください、
これまでのなかでも屈指の作品です。
名作映画『ET』を意識したのか?
このまま自転車の買い物カゴに乗って、
空を飛びそうにも思えませんか。
<『ブイ先生と共に(未刊)』より>

2010/01/06 21:34




雲のうえには。

空をおおった黒い雲があり、
見上げても暗いばかりというとき。
雲のさらに上の空は、
実は光に満ちていたりする。
黒い雲の、うっかりした穴から、
その光はこぼれだしてくる。
こぼれたパンくずは、
食べてもいいんだよね。
<ブイヨン青春詩集(未刊)より>

2010/01/06 10:59




これは作品ではない。

一見、ブイヨン先生の
ひさびさの作品のように見えますが、
実際には助手(小生)の連れ合いが、
「かけて巻いた」似非梱包芸術です。
先生の意欲が盛んなときですと、
ここから新しい表現に
展開していくのですが、
どうやらそういうこともなく‥‥。
<『ブイ先生と共に(未刊)』より>

2010/01/05 21:52




はなれない。

むかし、ちいさいころ犬は、
おとうさんがリードを放すと、
びゅーっとどこかへ飛んでいって、
じぶんでも帰ってこられなく
なっちゃったりしました。
いまは、そういうこともなく、
おとうさんのそばを歩きます。
<『ブイヨンの気持ち(檸檬)』より>

2010/01/05 19:55




また、いやいやえん。

いきまへん。
そっちのほうへは、いきません。
犬は田んぼのほうに、
行きとうおす。
ひっぱられても困ります〜。
へたな京都ことばで、
いやいやえんをやってみました。
いやどすいやどすいやいやえんっ。
<『ブイヨンの気持ち(金柑)』より>

2010/01/05 10:31




こうやまさん。

人間のおかあさんが、
チョコレートをいただいてきた
「こうやまさん」です。
犬も、何度かお会いしています。
「俳優の大先輩の、
 神山繁さんのご夫妻だよ」と、
おとうさんが教えてくれました。
これからも、よろしくお願いします。
<『ブイヨンの気持ち(柚子)』より>

2010/01/04 21:17




ちょこれーと。

今日の夕方の散歩は、
人間のおかあさんとでした。
ご近所の「こうやまさん」ちに、
ちょっと用事もあるんだそうです。
人間のおかあさんは、おみやげに、
チョコレートをもらいました。
よかったですね。
<『ブイヨンの気持ち(椪柑)』より>

2010/01/04 17:40




だれでもないよ。

どんな生きものでもありません。
ただの縁側のクッションです。
クッションも、
日なたにいると気持ちよさそう。
犬は、ストーブの前のほうが、
よりあったかいので好きです。
<『ブイヨンの気持ち(酢橘)』より>

2010/01/04 15:16




あゆよろし。

人間のおかあさんとの散歩は、
山のほうに行くことが多いです。
山のほうに行っても、
ここから先には、
あんまり行かないんです。
「あゆよろし」の看板があって、
いつもここで、人間のおかあさんに、
「もうもどりますか?」と訊きます。
<『ブイヨンの気持ち(酢橘)』より>

2010/01/04 10:45




ゆめのなかより。

おねえさんが、
まだ二階にいるかと思って、
階段の下で待っていたんだけど、
なかなかこなかった。
「もう帰ったんだよ」と、
おとうさんに言われた。
そうだったっけ?
もっと遊びたいなぁ。
<『犬の夢のなか(未刊)』より>

2010/01/04 02:26




ふつうへ。

年末年始にごちそうが続くと、
まずはカレーを食べて、
「ふつう」に戻ろうとします。
しかし、カレーもがんばって、
ごちそうにつくっちゃったりして、
もっと「ふつう」に戻るためには、
讃岐うどんなどが必要になるわけです。
ナイス、日の出製麺所!
<『いやしんぼ(未刊)』より>

2010/01/03 23:09




あったかい日。

寒いと思って外に出たのですが、
あんがい寒くなくて、よかったです。
こういう日は、いっぱい歩けるね。
よろしくお願いしまーす。
<『ブイヨンの気持ち(酢橘)』より>

2010/01/03 18:44




みおくった。

遊びにきてきた人間のおねえさんが、
タクシーに乗って帰りました。
犬は、いっぱい遊んでもらったり、
いっしょに寝たりしました。
でも、帰っちゃったんでしたー。
だからおとうさんと散歩だね。
<『ブイヨンの気持ち(酢橘)』より>

2010/01/03 18:39


前へ 次へ

感想を送る とじる 友達に知らせる