気まぐれカメら 感想を送る

前へ


うわめづかい。


もちろん静かにしてるのですが、
おとうさんの食事のときには、
真下にいて、ずっと待ってると、
パンの小さいのとかが、
ぽろっと落ちてくることがあります。
いつか落ちてくるのを、ずっと、
上目遣いで待っています。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>



2014/10/20 08:42




はねる。


はねる はねる はねるは うさぎ。
ぴょんぴょん ぴょんぴょん
いぬだって はねる。
まーるい まるい まんまるな
おつきさま くわえて 
わんわん はねる。
<『犬の花歌集(不明)』より>




2014/10/19 08:47




しんぱいしょう。


おとうさんがリードを持って、
三人で散歩かと思ったら、
人間のおかあさんが別れて‥‥。
「おつかいに行くんだよ」と
言われたのですが、聞いてないです。
ものすごくいやいやえんをして、
おかあさんの後を追いかけました。
犬は、とても心配性なのです。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>



2014/10/18 17:29




ふ〜。


洗濯ものといっしょに、
犬を干していました。
ぽかぽかしてきて、
すっかり熱くなりました。
毎日、これがたのしみなんですよねぇ。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2014/10/18 10:10




ここらへん。

このごろ犬は、だいたい
ここらへんにいます。
「どこにいたの?」とか訊かれても、
教えないことにしてますが、
あったかくなってるので、
たいてい、ばれてしまいます。
<『ブイヨンのひみつ(未刊)』より>

2014/10/17 10:41




こーす。


犬とおとうさんの散歩は、
だいたいのコースについては、
おとうさんが決めています。
でも、ときおり、犬が強く主張して、
「そっちは行かない」とか、
決めるときもあります。
あんまりしませんけどね。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>




2014/10/16 11:41




あきざます。


桜の花びら埋め尽くしてた水面に、
いまは枯れ葉が浮かんで流る。
これが秋だ、秋というものだ。
ああ、それは冬よりは寒くない。
だが、夏よりは暑くない。
春とは比べにくいものざます。
<ブイヨン熟年詩集(未刊)より>



2014/10/15 10:44




はれた。


それにしてもよく晴れました。
人間のおかあさんは、
お日さまに向けて
クッションをならべました。
干しているのだそうです。
いい考えです。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>




2014/10/14 11:18




よほう。


犬なりの予報なのですが、
これは、朝の散歩は行けても、
夕方の散歩は中止になりますね。
それは、なんとなくわかるんです。
たぶん、台風が来ますから。
みなさんも、気をつけてください。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>



2014/10/13 11:18




わがまま。


ボール投げを「やめよう」というのは、
おとうさんではなくて、犬のほうです。
そして、じゃ帰ろうとなると、
犬は、ぐずぐずと帰りません。
このあたりの感じが、
犬は、大好きなんだなぁ。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2014/10/12 11:29




かいだん。


「劇団セルフタイマー」公演。
階段劇場は観客席がタテにいっぱい。
どういう高さで、
どういう芝居をするのか、
悩ましいところです。
女優は、なかなか上を見ません。




2014/10/11 11:01




よろしくね。

人間のおかあさんがいないときは、
いろんなお願いは、
おとうさんにします。
とくになにもしゃべらないで、
見える位置で、じっとしてます。
これだけで、わかってもらえます。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>


2014/10/10 11:24




また、みおくらない。


お見送りのときには、
ちゃんとおとうさんを見なさい。
犬は、そう言われても、
言うことを聞かないのです。
もともとお見送りには、
興味がないんですからー。
<『ブイヨンの興味(未刊)』より>

2014/10/09 11:42




あご。


世の中に、重いものは
いろいろありますが、
想像よりもずっと重いのが
「犬のあご」です。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>



2014/10/08 11:25




なんかい。


ブイヨン先生の作品としては、
かなり難解な表現になっています。
第一次梱包行為が、人間によって為され、
そこから半ば抜け出すということで、
第二次梱包行為が先生によって行われ、
この作品が完成したようです。
梱包芸術の定義が問われるところです。



2014/10/07 10:50




とおりすぎた。


犬が心配していた台風ですが、
お昼くらいに通り過ぎたみたいです。
朝までの雨がうそのようです。
「TOBICHI」の本屋さんも、
無事に開店できそうですね。
犬の夕方の散歩もね。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2014/10/06 14:18




あめがふります。


そう言われていましたが、
やっぱり雨が降っています。
遊びに行きたし傘はなし‥‥。
っていうか、犬は傘さしません。
でも、晴れないかなぁ。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2014/10/06 11:32




にちようび。


予報どおりといえばそうなんだけど。
こんな空になっている。
見ようによっては、それなりの
風情があるとも言えそうだけど、
ありがたいものじゃないなぁ。
台風がやっぱりやってきた、
日曜日なのでした。
<『新・東京物語』(未刊)より>



2014/10/05 11:59




なにぐま。


「気まぐれカメら」らしく、
いかにも気まぐれな写真を。
パリの動物園で撮ったのですが、
すっかり忘れてた。
どういう顔の、なんのどうぶつ?
くまみたいなものらしいけど、
なにぐま?それとも、おさる?



2014/10/05 05:20




まつって。


犬は、わりと待つのが得意です。
だって、待ってればいいだけですから。
待ちくたびれたら寝ててもいいし、
待ってるのって、ちょっとたのしい。
いまは、人間のおかあさんが
買い物から帰ってくるのを
待っているところです。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>

2014/10/04 18:42


前へ

感想を送る とじる 友達に知らせる