気まぐれカメら 感想を送る

前へ


ちょっとまつ。


ボール投げをしてから、
散歩に出かけるまでの間に、
おとうさんは犬のおみやげを捨てたり、
ボールを洗ったりします。
そのとき、犬がさみしいと思って、
ドアのすきまにサンダルをはさんで、
少し開けておいてくれるんです。
犬は、そこでちょっと待つんです。
<『ブイヨンの気持ち(習慣)』より>




2014/10/31 11:15




かたづけとか。


犬は、家の人たちが
かたづけをしてたり、たたんでいたり、
荷物をバッグにつめていたりすると、
それを見にきます。
そういうことが、気になるのです。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>




2014/10/30 10:11




わすれもの。


おとうさんが、メールするのを
忘れていた写真を、
夜中に送るのだそうです。
「ごめん」ということです。
ま、しょうがないです。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>



2014/10/30 03:32




すくわっと。


「劇団セルフタイマー」の舞台では、
よくスクワットの姿勢が見られます。
立ちの演技から、座りでの演技に
すばやく移行するときです。
座って、女優の顔を
客席のほうに向ける演出です。




2014/10/28 11:16




きづいた。


さんぽのとちゅうのことだった。
そのこは、気づいた。
もちろん、犬も気づいた。
吠えると、吠える。
動くと、動く。
くんくんしても、におわない。
おとうさんが、「さ、行こう」と、
ちょっと笑いながら言った。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>

2014/10/27 12:12




さんま?。

ブイちゃん元気ですか。
おとうさんは、「市場で朝めし」です。
手を長く伸ばして、
「劇団ロングアーム」です。

2014/10/26 09:44




つるとはな。


今日もおとうさんと
「TOBICHI」に行きました。
みんなに愛嬌をふりまく仕事です。
『つるとはな』をやっているので、
雑誌がいっぱいならんでいます。
編集長の岡戸さんが、犬のことを
「おとうさんと、おかあさんと、
両方に似てるねー」と言いました。
<『ブイヨンの日記(未刊)』より>


2014/10/25 12:35




ひっぱらない。


小さいときの犬は、
散歩のときにすごくひっぱりました。
それはそれは、もう、ひっぱりました。
でも、いまは、ほんのたまにしか
ひっぱりません。
帰り道なんて、おとうさんの
後ろを歩いているくらいです。
自然な流れだと思います。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>


2014/10/24 11:16




ゆうべのこと。


昨日はおとうさんが京都でした。
犬は、夕ごはんを食べてから、
玄関でおとうさんを待ってました。
帰ってきたとたんに興奮するので、
なんだかわけわからないことに
なっちゃうんですけど、
いまはおとなしく待ってます。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>



2014/10/23 11:18




しむらさん。、

ブイちゃん元気ですか。
おとうさんは京都です。
志村ふくみさんのところで、
展覧会の打ち合わせです。
すっごくおもしろかったよ。

2014/10/22 16:47




あめ。

おとうさん、早くから出かけるんだ。
じゃ、犬はこのまま見送ります。
それよりも、雨が降ってるみたいだね。
寒いしね。
散歩はどうなるかなぁ。
<『ブイヨンの興味(未刊)』より>

2014/10/22 08:52




りょうけん。


犬は、「猟犬」なのだそうです。
よくわからないのですが、
そういうものなんです。
「猟犬」だから、
とってくるのが好きらしいです。
そして、見せびらかすのが好きです。
知らなかったなぁ。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2014/10/21 11:42




うわめづかい。


もちろん静かにしてるのですが、
おとうさんの食事のときには、
真下にいて、ずっと待ってると、
パンの小さいのとかが、
ぽろっと落ちてくることがあります。
いつか落ちてくるのを、ずっと、
上目遣いで待っています。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>



2014/10/20 08:42




はねる。


はねる はねる はねるは うさぎ。
ぴょんぴょん ぴょんぴょん
いぬだって はねる。
まーるい まるい まんまるな
おつきさま くわえて 
わんわん はねる。
<『犬の花歌集(不明)』より>




2014/10/19 08:47




しんぱいしょう。


おとうさんがリードを持って、
三人で散歩かと思ったら、
人間のおかあさんが別れて‥‥。
「おつかいに行くんだよ」と
言われたのですが、聞いてないです。
ものすごくいやいやえんをして、
おかあさんの後を追いかけました。
犬は、とても心配性なのです。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>



2014/10/18 17:29




ふ〜。


洗濯ものといっしょに、
犬を干していました。
ぽかぽかしてきて、
すっかり熱くなりました。
毎日、これがたのしみなんですよねぇ。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2014/10/18 10:10




ここらへん。

このごろ犬は、だいたい
ここらへんにいます。
「どこにいたの?」とか訊かれても、
教えないことにしてますが、
あったかくなってるので、
たいてい、ばれてしまいます。
<『ブイヨンのひみつ(未刊)』より>

2014/10/17 10:41




こーす。


犬とおとうさんの散歩は、
だいたいのコースについては、
おとうさんが決めています。
でも、ときおり、犬が強く主張して、
「そっちは行かない」とか、
決めるときもあります。
あんまりしませんけどね。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>




2014/10/16 11:41




あきざます。


桜の花びら埋め尽くしてた水面に、
いまは枯れ葉が浮かんで流る。
これが秋だ、秋というものだ。
ああ、それは冬よりは寒くない。
だが、夏よりは暑くない。
春とは比べにくいものざます。
<ブイヨン熟年詩集(未刊)より>



2014/10/15 10:44




はれた。


それにしてもよく晴れました。
人間のおかあさんは、
お日さまに向けて
クッションをならべました。
干しているのだそうです。
いい考えです。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>




2014/10/14 11:18


前へ

感想を送る とじる 友達に知らせる