気まぐれカメら 感想を送る

前へ


どれす。


犬は性別でいったら女性です。
でも、女の子だと思われることは、
まずはありません。
ちっちゃなころから、筋肉質で、
いわゆる女っぽいところは、
ほとんどなかったと思います。
それで、なんの後悔もありません。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2015/01/31 11:47




ひとよ、きけ。


これまでの「梱包芸術世界」で、
これほどポピュラリティに富んだ
作品があったでしょうか。
立ち上がる梱包、放射される意志、
慈愛と荘厳の濁流が、
すべての人間精神を撹拌します。
そして、歯もきれいです。
<『ブイ先生と共に(未刊)』より>



2015/01/30 11:30




しっている。


犬は、知っている。
ここの工事が、もうじき終る。
みんな知らないと思うけれど、
犬はちゃんと知っている。
散歩の途中でいつも気にしてた。
ここがどこだか、なんなのか、
もうじきみんなが知ることになる。
ふふふのふ。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>


2015/01/29 18:49




おだやか。


犬はもう忘れましたが、
ちっちゃいころは、
散歩のときにあんまり引っぱるので、
おとうさんたちを困らせたそうです。
ぐいぐい引っぱって前にでるので、
首が痛いんじゃないかと心配されて、
いろいろ対策をされたそうです。
いまは、おとななので、おだやか〜。
<『ブイヨンの気持ち(実感)』より>



2015/01/29 11:48




どこでも。


いま、この家のなかで、
犬がいてはいけない場所はありません。
テーブルの上とかはだめですが、
どこでも、許されています。
いまいるこのコーナーは、
留守番のときにいる場所です。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>





2015/01/28 11:02




とり。


ひだまりの まんなかに
浮かんでる きみは
ちょっと みずとりのようだね
おだやかな はもんを描いて
だれか しらないだれかさんと
はなしをしている ようだね
<『ブイ父夢想(未刊)』より>



2015/01/27 11:38




よいしょっと。


「劇団セルフタイマー」の新作は、
ダイナミックな演出が評判です。
主演女優の身体が舞い上がり、
躍るように次の場面に転換する。
「よいしょっと」という台詞が、
まだ耳の奥で響いているようです。




2015/01/26 11:57




まらそんびと。(2)


犬は、マラソンには参加せず、
静かに歩道を行くのでした。
ひさしぶりに外苑にやってきて、
けっこうたのしかったです。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>




2015/01/25 12:47




まらそんびと。(1)


お天気もいいし、
ひさしぶりにいちょう並木にでも
行ってみようと思ってね。
行ったら、すっごい人出でした。




2015/01/25 12:44




ななめ。


「劇団セルフタイマー」ひさびさ登場。
客席の安定がよくないので、
ちょっと斜めに見えるのが特長です。
タイトルは「何気なき斜道」。
たくさんの観光客が、
「劇団セルフタイマー」の熱演に、
強い興味を示しながら通り過ぎます。



2015/01/24 11:58




はれたよ。


しばらく雨が続いてたけど、
今日はすっかり晴れました。
空が青いって、なんだかいいな。
まぶしい空って、なんだかいいな。
しかも、ぽかぽかあったかい。
いいもんだなぁ。
<『ブイヨンの気持ち(不明)』より>

2015/01/23 11:20




あっぷ。


ここのところしばらく、
犬の顔のアップが続いています。
ずいぶん変化するものだなぁ、と。
昔といまもちがうし、
たのしそうなとき、たいくつなとき、
眠いとき、機嫌のわるいとき、
ほんとにいろんな表情があります。
人間に負けないバラエティです。
<『ブイ父思ふ(未刊)』より>


2015/01/22 11:54




IMG_2994


これは2012年の犬です。
いまと変わらないと思ったら、
やっぱりずいぶんちがってました。
なるほどなぁ、茶色のところが、
かなりダークチョコレートです。
いまはミルクチョコレートですね。
そっかぁ。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2015/01/21 10:16




いちねんまえ。


これは去年の犬です。
いまと、どれくらいちがっているか、
昨日の写真と比べてみています。
たぶん、ちょっとですが、
色がうすくなっています。
同じようでも、変わるものですね。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2015/01/20 12:23




ぐぐいっ。


おとうさんに対しての顔と、
人間のおかあさんに対する顔と、
ちょっとちがうのではないか。
そういう話題になっています。
この写真は、人間のおかあさんに
「もう行きますか?」と
強くたずねているところです。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>



2015/01/19 10:54




いぬほしば。


洗濯ものを干したりする場所は、
犬を干すのにも、ぴったりです。
おとうさんが福島に行くので、
お見送りをしようと思うのですが、
ぎりぎりまで、ここにいます。
ああ、あったかい。
<『ブイヨンの気持ち(雑感)』より>



2015/01/18 08:41




きにはなる。

久しぶりに「TOBICHI」に行って、
みんなの様子を見てきました。
ここが、閉まっているとさみしいし、
みんなで集まっていても、
興味はありません。
犬は「ほぼ日手帳」は持ってませんしね。
<『ブイヨンの興味(未刊)』より>

2015/01/17 19:04




そういえば。


3歳くらいまでだったかな。
犬は、散歩をするときに、
ぐいぐいとひっぱっていたのでした。
あんまりひっぱるので、
リードを胴に巻かれたりしてました。
いまは、帰り道になると、
人のうしろを歩いてたりします。
変われば変わるものですね。
<『ブイヨン豆知識(未刊)』より>





2015/01/17 12:20




わたしたち。


昨日は外で遊べなかったけど、
今日はいいお天気になりました。
犬も、「かっき」があります。
お日さまの下で、おとうさんと、
ふたりで写真をとりました。
<『ブイヨンの日記(未刊)』より>



2015/01/16 11:49




いばしょ。


どういうところにいたら、
いちばん居心地がいいかな。
それは、犬がいつも考えてる問題です。
あったかい場所、ときには涼しい場所。
人のいる場所、ふわふわした場所、
そして、ちょっと高い場所。
候補地はいっぱいあります。
いまは、ここがいいです。
<『ブイヨンの気持ち(若干)』より>



2015/01/15 10:48


前へ

感想を送る とじる 友達に知らせる