気まぐれカメら 感想を送る

前へ


げきだんこんじょう。


なつかしい「劇団セルフタイマー」の傑作。
強い日差しの中での公演です。
TOBICHIの近くの道路にカメラを置いて、
急いで腹ばいになる。
おとうさん、なつかしいね。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/21 19:32




だれかくるかな。

田んぼのほうから来るのは、
お姉さんです。
クルマで来るのは、
イワタさんです。
犬は遊んでもらえるので、
たのしみにしてます。
〈『ブイヨンの思い出(未刊)』より〉

2018/07/20 19:30




いぬとかみなり。


思えば、ブイヨンは、
特に苦手というものがなかった。
一般的に犬が怖れる雷も、
それほどではなかった。
ところで、まだブイヨンシリーズを
続けてていいでしょうかね?

2018/07/20 01:58




あかるくしました。


暗闇のなかでさんまを焼いてるのは、
あまりにも怪しいということで、
おかあさんが、電気をつけました。
犬も、縁側に出してもらいました。
だれもさんまの味は憶えてないらしい。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/18 01:47




これは、参考写真。


前からの続きで、
このあとに続く。

2018/07/18 01:46




ややこしいしちゅえーしょん。


おとうさんがバーベキューの炭で
さんまを焼こうとしたんだけれど、
おかあさんはそれには興味がなくて、
ひとりで暗い庭に出てさんまを焼いた。
それを、犬が見に来たというところ。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/16 23:19




15さいになったはずのひに。


夏の休みが近づくと、
毎年、あのすてきな退屈を、
たのしみにしていたわけです。
もちろん、今年だってね。
でも、ちょっとだけ足りないものがある。
重さにして8キロくらい、欠けてる。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/15 23:23




おちつきました。


連続写真でお送りしましたが、
これで一件落着ということです。
じぶんにとって最高にらくな姿勢に、
しっかり落ち着いたわけです。
おとうさんも、それほどは
苦しくなかったわけです。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/15 01:05




のってるよ。


昨日のつづきみたいなものです。
堂々とした犬をごらんください。
いわゆる「わるびれない」態度ね。
明日も、このつづきをお届けします。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/14 04:06




のってるかーい。


ええ、もちろん、のってます。
なんつーか、なぜなのか、
のってますのってます。
どうして、こうなったんだろう。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/13 01:06




ほんにんでんせつ。


おとうさんは、同じ本を
たくさん買うことがありました。
これは『本人伝説』という本です。
元気のない人に贈るのだそうです。
いまはすべて配り終えています。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/07/12 01:48




からすたちと。


この場所、いまは入れません。
当時はよく知らなくて、
サンクチュアリだねくらいの気持ちで、
思いっきりのびのびしてしまいました。
カラスたちも、そういう感じでした。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/11 01:57




おぼえてるなぁ。


なんだか、この写真は、
とてもよく憶えている。
クルマで多摩川の河川敷まで行って、
さんざん遊んだんだよね。
たのしかったよねぇ。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/07/10 02:45




もしかしたら。


おとうさんが、今日から
外国に行ってしまうので、
もしかしたらだけど、
このカメらのページの更新が、
滞るかもしれません。
きっと、犬は、あっちでげんきです。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/06 00:19




ああ、そういえば。


こんな道も歩いたっけな。
すっかり忘れてたけど、
たしかに歩いたっけね。
いっぱい写真撮ってよかったなぁ。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/07/05 02:43




かいしゃでは。


いまの建物に引っ越す前は、
よく会社に連れてってもらいました。
会社は、嫌いじゃなかったです。
いろんなところでくつろぎました。
でも、お迎えがくると、
それもうれしかったですよ。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/07/04 02:23




さいごのおおあばれ。


少しずつ散歩の速度が遅くなって、
寝ている時間も多くなってきて、
もしかしたら年のせいかなと思った
10歳くらいだったかな…。
自由に遊べるところで数日を過ごした。
とにかく飽きずにたくさん走ってた。
燃え尽きるくらいによく走っていた。
それから、またおとなしくなった。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/03 00:22




ちいさなであい。


さらに、数少ない出合いの写真を、
一所懸命に探してみました。
ブイヨン、フレンチブルとは、
例外的に少し相性がよかったんです。
なにか近いものがあったのでしょうか。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/07/01 23:57




であいてきな。


晩年には、散歩中にも、
犬に出合いそうになると、
道のはじっこを素知らぬ顔で
通り過ぎていたブイちゃんでした。
でも、やや若いときには、
これくらいの出合いはあったよね。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/07/01 01:07




おきざりじゃないよ。


この道路をへだてた店に、
シフォンケーキを買いに来た。
おとうさんはずっとレジのところで、
犬を見ながらケーキを受け取ってます。
ケーキは、犬はもらえませんでした。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/06/30 01:19


前へ

感想を送る とじる 友達に知らせる