気まぐれカメら 感想を送る

前へ


かげえ。


犬は、よくひなたぼっこをするので、
ときどき、影絵ができます。
おとうさんは、影絵が好きみたいで、
犬よりも影のほうを見てました。
ちょっとへんなかたちになってない?
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/04/27 01:08




ことしはどうする?


大文字の送り火の夜には、
よくお客さんをお迎えしたっけね。
ブイちゃんブイちゃんって、
すっかりやさしくされて、
犬はいい気になっておりました。
今年の送り火は、どうするんだろう?
あ、犬も送られるほうになるのか。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>

2018/04/26 02:26




くっつきいぬ。


幼いころや、若いころには、
いつでもおとうさんに
ぴったりくっついてました。
でも、晩年には、
だんだんと独立していきました。
おとうさん、ほんとは、もっと
くっつかれたかったんだそうです。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/04/25 01:17




おてつだい。


京都で、散歩の途中のことでした。
どういう経緯だったか忘れましたが、
畑のなかに入って採り入れのお手伝い。
こんな日もあったなぁと、
しみじみ思い出すのでした。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>



2018/04/24 02:34




あめのひ。


雨の日の散歩、小さいときは大好きでした。
でも、だんだんと人間の影響を受けて、
ちょっとでいいかだとか、
ボール投げだけでもいいかとか、
簡略化されていったのでした。
年をとってからは、
行かなくてもいいとか思いました。
<『ブイヨンの思い出(未刊)』より>


2018/04/23 01:50




おしゃれな。


犬が入ってもいいですよ、
と言われたお店には、
たまにおじゃましました。
おしゃれなお店が多かったので、
犬もちょっとおすまししてました。
<『ブイヨンなりの考え(未刊)』より>

2018/04/22 00:05




みつける。

犬は、いろいろ見つけます。
こぼれたお菓子のかけら、
散歩のときの他の犬の匂い、
そして、光のたまっているところ。
〈『ブイヨンの思い出(未刊)』より〉

2018/04/21 01:45




ひろわれる。

運を拾ってもらうのも、
犬の仕事です。
人間のおかあさんは、
たいてい、落ちてから拾います。
おとうさんは、落ちる前に、
受け止めようとします。
あったかいらしいです。
〈『ブイヨンの仕事( 未刊 )』より〉

2018/04/20 00:33




かわいがられる。

いろんな人に、
いっぱいかわいがってもらって、
いまもまだTOBICHIで
いっぱいかわいがってもらってる。
ありがとうございます。
犬も、犬なりに、ほろり。
〈『ブイヨンからのおれい』より〉

2018/04/19 01:01




なんかへん?

たぶん、へんだなと思いますよね。
これは新しいタイプの「顔出し看板」
じゃなくて「全身出し看板」です。
だれでも犬と散歩できる。
展覧会前夜のTOBICHIで、
おとうさんがお試ししました。
〈『ブイヨンの仕事( 未刊 )』より〉

2018/04/18 00:38




またやろうね。

ボールを追いかけてって、
捕まえて、口にくわえて、
走って戻ってくる。それだけ。
ほんと、好きだったなぁ。
たのしくてしょうがなかった。
また、やりたいな。
〈「ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/17 02:05




まえをあるく。

いつのまにか、散歩のときに、
人の後ろを歩くようになってましたが、
ある時期までは、嫌がられるくらいに
前を前を歩いていたのでした。
ちなみに、これは8年前の散歩です。
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/16 00:00




なんだなんだ。

犬の仕事はいろいろあります。
家の中におかしなことがないか、
見廻りをするのも大事な仕事です。
これは、おとうさんが
なにやら妙な音を出していたので、
注意しに行ったときの写真です。
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/15 00:46




とくい。

いろんな芸がありました。
おて、おかわり、ふせ、ごろーん。
でも、ずっとやってて
いちばん得意だっとのは、
「まて」です。
いくらでも待っていられたんですよ。
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/13 23:10




かわいいばかりじゃ…。

犬は、ときどき
「かわいいばかりじゃない」ことを、
みなさんにお伝えしてきました。
するどい歯だとかね。
たまに「目から光線を発射」もあります。
〈『ブイヨンの才能(未刊)』より〉

2018/04/13 02:15




ながいえだ。

長い枝は、犬の大好物です。
食べるわけではありませんが、
これをくわえたまま、
走ったり歩いたりするのが、
かっこいいかなと思ってました。
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/12 01:49




なんでもします。

「ブイちゃん、ここに座って」
「ブイちゃん、ちょっとじっとしてて」
「はい、ブイちゃん、これかぶって」
「ブイちゃん、散歩の前にちっちして」
いろんなことを頼まれましたが、
犬は、ほとんど引き受けてました。
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/11 01:00




さむがりーぬ。

犬は、暑がりでもありましたが、
どちらかといえば寒がりでした。
暖かさを求めているうちに、
「梱包芸術」の世界に出合ったのでした。
あったかいのが好き!
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/09 23:32




まってる。

人間のおかあさんのお帰りを、
玄関で待ってるところです。
おとうさんを待つときもあります。
でも、どちらも、たまにです。
気が向いたときだけしてました。
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/09 00:38




おいてかれなかった。

いつも京都からかえる夜には、
置いていかれないように、
荷物にくっついていました。
でも、一度も
置いていかれませんでした。
心配し過ぎでしたね。
〈『ブイヨンの思い出( 未刊 )』より〉

2018/04/07 22:27


前へ

感想を送る とじる 友達に知らせる