この本について

コピーライターとして
たくさんのユニークな広告に関わり、
作詞やゲーム開発、執筆、テレビ出演など、
多岐に渡るジャンルで活躍していた糸井重里は、
1998年6月6日にインターネット上のメディア、
「ほぼ日刊イトイ新聞(「ほぼ日」)」を創刊。
以後、活動の中心を「ほぼ日」に置き、
同サイトを一日も休まず更新しています。


「ほぼ日刊イトイ新聞」のトップページには
毎日、糸井重里の日替わりの原稿が掲載されています。
つまり、一年365日、糸井重里は、
一日も休むことなく原稿を書き続けているのです。
この、糸井重里の日替わりコラム
(「今日のダーリン」と呼ばれています)には、
一日も休まず更新されるということのほかに、
もうひとつ、大きな特徴があります。
それは、過去のアーカイブを残さないということです。
つまり、その日一日しか読むことができないのです。

創刊当初には、毎日購読する動機を促すため、
もしくは、より自由に日々の表現をするため、
といった狙いがあったのかもしれませんが、
創刊から15年を経て、アーカイブを残さない意図は
かなり曖昧になっています。
しかし、糸井重里自身は、
その曖昧さをむしろおもしろがるように、
「休まず、残さず」という状態を継続しています。

以前、外国のインターネットコンテンツの専門家から
「なぜ、コラムのアーカイブを残さないのか?」
と質問されたとき、糸井重里は
「そうしたかったから」と答えています。

そういうわけで、いまも、「ほぼ日」には
糸井重里の原稿が一日も休まず掲載され、
それは基本的にその日一日しか読むことができません。


2007年、その、毎日書かれる膨大な原稿から、
「心に残るフレーズ」を切り取って編集し、
『小さいことばを歌う場所』という
1冊の本がつくられました。
以来、同じコンセプトで1年に1冊ずつ、
糸井重里のことばから、本がつくられています。
最初の本のタイトルを取って、それらの本は
「小さいことば」シリーズと呼ばれています。


前置きが長くなりました。
この『ぽてんしゃる。』は、
「小さいことばシリーズ」の7冊目。
シリーズから派生した文庫本、
『ボールのようなことば。』をいれると
8冊目の本ということになります。

糸井重里が2012年に書いたすべての原稿と
すべてのツイートから、
心に残る小さいことばを厳選してつくりました。
また、糸井重里自身が撮影し更新している
「気まぐれカメら」からも
たくさんの写真を選んで掲載しました。


この本の概要としては、以上になります。
ほかにも、ささやかながら、
たくさんの特徴がある本なので
もう少し説明させてください。

糸井重里の書き下ろし短編を3本収録。

シリーズ7冊目にして、初の試み。
それが、糸井重里による書き下ろしです。

かつては精力的にエッセイやコラムを
さまざまな媒体に執筆していた糸井重里ですが、
現在は「ほぼ日」のほかに、ほぼ連載を持ちません。
(2013年7月現在、スポーツ報知で
 野球にまつわる短いコラムを月1回連載中)

『ぽてんしゃる。』をつくるにあたり、
読む人がいちばんうれしいものはなんだろうと考え、
それは、糸井重里の手による
新しい文章ではないか、とシンプルに考えました。

文字数にもテーマにもとくに制約なく、
自由につづられた、糸井重里の新しい文章。
それが読みたいと思い、リクエストしました。

しかし、なにしろ本人には
そういった動機がありませんから、
なかなかすっきりと取りかかれなかったようです。
「こういうものを書いて世に問いたいとか、
 うまく書いてほめられたいとか、
 そういう気持ちがまったくないからね」
と糸井は率直に言いました。
たしかにそのとおりで、いくら読み手が欲しても、
書くほうに気持ちがなければしかたがありません。


無理を言うべきではないなと
なかばあきらめたような気持ちでいたところ、
「書いたよ」と、原稿が届きました。
つるっと、3本の、新しい文章のかたまりが。

いずれも、糸井重里特有の、
「ほんとなんだかうそなんだか、
 よくわからないけれども
 そんなことどっちでもよくなるくらいの
 魅力がある」という文章です。
大作とか、問題作とかではなく、
読んでるうちににやにやしてしまうような
個性的な、小さい作品です。


それを、32ページの別の本のように装丁して、
『ぽてんしゃる。』の真ん中に綴じ込みました。
(ブックinブックの形になってはいますが、
 取り外すことはできません)

このブックinブックには
『ことばのことを考えることがよくある。』
というタイトルがつきました。
つまり、『ぽてんしゃる。』という本のなかには
『ことばのことを考えることがよくある。』という
書き下ろしの短編集が入っている、というわけです。
いいでしょう? この本の一番の自慢です。


ちなみに、本全体のページ数は、
書き下ろし部分を含めて326ページ。
過去最大のページ数となりました。

本の装画は、ほしよりこさん。

『きょうの猫村さん6』 著者:ほしよりこ 発行:マガジンハウス 価格:1200円 いったい今度は誰が装画を描くのか?
たのしみにしてくださっている方も多いと思います。
シリーズ7冊目の『ぽてんしゃる。』は
ほしよりこさんに装画をお願いしました。
その独特の画風とノリでファンの多い、
(じつは糸井重里も大ファン)
『きょうの猫村さん』の作者です。

ほしよりこさん・プロフィール

ほぼ日ストア購入特典(限定2000冊)について。

ほぼ日ストアで『ぽてんしゃる。』を
購入してくださった方に、
「ぽてんしゃるな植物。」をプレゼントいたします!

「ぽてんしゃるな植物。」というのは、
もちろん正式な名前ではありません。
本当の名前は、チランジア・ウスネオイデス。
スパニッシュモスとも呼ばれるそうです。

この植物の特徴は、土を必要としないこと。
空気中の水分を葉から吸収して育つ、
「エアープランツ」と総称される植物のひとつなのです。
中南米生まれで、高温多湿な場所に生えています。


このチランジア・ウスネオイデスを
「ぽてんしゃるな植物」として推薦してくださったのは、
幕末から続く植物卸売業「花宇(はなう)」の5代目、
「そら植物園」プロジェクトの園長も務めてらっしゃる
清順(せいじゅん)さんです。
『ぽてんしゃる。』の購入特典として、
なにか、可能性に満ちた植物はありませんかと
相談したところ、この植物を教えてくださったのです。

「このチランジア・ウスネオイデスという植物は、
 観葉植物としてはもちろん、
 ロープに使われたり、クッションになったり、
 昔からいろんなものに使われてきた多用植物なんです。
 まさに可能性を秘めた植物ですから、
 『ぽてんしゃる。』の購入特典としては
 ぴったりだと思いました。
 たまに水さえやれば育ちますし、
 土も植木鉢も要らないですから、
 わりと気楽につき合える植物なんですよ。
 たとえ枯れてしまったとしても、
 ドライフラワーとして楽しむこともできます」

清順さんが選んでくださったエアプランツ、
チランジア・ウスネオイデス。
『ぽてんしゃる。』をほぼ日ストアで買ってくださった方に
購入特典として1冊につき1個(ひとつかみ)、
プレゼントいたします。
なお、この購入特典は限定2000冊分ご用意いたしました。
数がなくなりしだい、終了させていただきます。

また、 ストア特典の「ぽてんしゃるな植物。」は
植物のため海外に送ることができません。
そのためストア特典付きをご注文いただいた場合にも
ストア特典は同梱せずにお送りいたします。
あらかじめご了承ください。

<チランジア・ウスネオイデスのお世話などについて
 くわしくはこちらをご覧ください。>

気楽につきあえる植物なんですよ 今回の特典、エアプランツを選んでいただいた、清順さん。

「ほぼ日ブックス」取り扱い書店でも販売。

書籍『ぽてんしゃる。』は、ほぼ日ブックスを取り扱っている全国の大手書店さんや、
Amazonや楽天といった、大手のネットサイトにも流通いたします。
取り扱い書店に関しては、こちらからご確認ください。また、ご来店の前には、
お店に在庫があるかどうかをお問い合わせいただけますようお願いいたします。

この本のお届け時期について

注文いただいた『ぽてんしゃる。』はご注文日から1〜3営業日以内に出荷します。

この本の配送手数料について

本の価格とは別に、配送手数料が発生します。配送手数料は日本国内で一律630円となります。
1冊を購入する場合、1575円+630円となります。なにとぞ、ご了承くださいませ。
なお、配送手数料は注文1件につき630円発生いたしますので、複数冊を購入される場合も630円のままです。
例)1冊購入の場合 1575円+630円
  10冊購入の場合 15750円+630円
また、代引きの場合、上記の配送手数料に加えて代引き手数料210円がさらに加算されます。
海外へのお届けの場合は、消費税が商品価格から差し引かれますが、事務手数料500円に加えEMSの送料をいただきます。

くわしくはこちらをお読みください。

2013-07-16