HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

馬祖土産。

台北は毎日クーラーです。
ジリジリ日焼けもします。

そんな中、お店の隣に店舗を拡張したため
平日はだいたい傘をさして通勤しています。
なぜかうちに内側が銀色の、
台湾のおばちゃんご用達の傘がありました。
晴れに傘って、曇りを連れて歩いているみたいで
涼しいんですね。

新しいお店では、古いトランペットや
ガラスのフルーツボウルをおじさんがランプにしたものや
竹の鳥かご、すごすぎる雑誌「漢聲雑誌」や
デッドストックのガラス皿、
おじいさんが余りの革で作ったスリッパなどを売っています。
相変わらず「おじいさんがなんとか」
「おばあさんがなんとか」が 多い店です。
お店はとっくの昔にクレジットカードも
使えるようになっていますし、
ちょっと前に定休日もなくなり、
台湾のお正月以外は無休になってます。
よろしくお願いします。

さて、今日も馬祖。お土産の話です。
観光同様、華やかなものはないのが馬祖の土産界ですが、
景色同様、他にはないものがここにはある。
物資は外からくるものが多いので、
どうしても食べ物寄りになります。
何か「物」をというならば、島には、軍もの屋があって
埃かぶってる、兵隊さんのお天気ノートっぽいのとか、
文房具なんかがレトロで可愛かったです。
一緒に行った人は、黒いポケットがいっぱいついている
ジャンパーを買っていました。


馬祖勤務用? 島ワッペン。と名付けてみる。軍もの屋にて。

緑に赤字が効いている、兵隊さん用タオル。 軍國ではなく、多分、國軍かな。

食べ物は、以下な感じ。


おっさんが好みそう。
アルコール度数が高い、チロチロ舐める感じのお酒。

台湾人なら馬祖といえば、高粱酒(ガオリャンジョウ)。
島は、中国との緊迫時代に掘られた軍事的な坑道で
質のいい酒を作っています。
坑道の中は低温でひんやりと安定しているのが良いらしいです。


坑道は、観光化して押しまくっているので、見学して試飲できます。

紅糟料理醬(ホンザオリャオリージャン)
紅糟炒飯を再現するならコレが便利と勧められました。
あちこちで飛行機で漏れてきそうな
カジュアルな瓶詰めを売っていますが、
こちらは飯をこれで炒めるだけでチャーハンになる味付きタイプ。
地元の人のおすすめ。
プレゼントされてしまったので売り場はわからない。


作ってみたの図。まいうーです。
もっと赤くするためにもっと入れても良さそう。


紫菜。
台北の市場でも売っている、座布団のような形と厚みの海苔が、
産地で買える喜び。バリッと掴んで、スープにしたりします。


紫菜酥(ヅーサァイスー)。
特産品の岩のりが韓国海苔風にパリパリになっているふりかけ。
味はギリギリの薄味なので、
野菜のおひたしになどにふりかけてポン酢で食べるのもいい。


魚麺(ユゥメェン)。
島では、焼きそばで出てるくことが多かった、魚のすり身入り麺。
パリッと乾麺になって売っています。
日本人観光客が、台北の雙連市場で喜び勇んで買って帰る、
意麺にも似ています。写真は、南竿介壽獅子市場のもの。
少々ツルツルプリとした食感と
『たくさんとれる魚を島の気候でできる保存法が麺だった』
などの背景が、土産話になりますよ。


お土産物屋で売っているパッケージはこんな。
市場と大差ないので好みで。


中国の福建からくる海の幸の乾物
こちらも朝市で買える。牡蠣とか謎の貝ものがあります。
それぞれいい出汁取れそうな商品構成。


私が買ったものは、このお寿司の甘エビを干したようなもの。
乾いた状態で、お寿司の甘エビより一回り小さいので、
乾く前は…と考えるとかなり大きな海老なんでしょう。
甘いよ、甘いよ、と言われたので買ってみました。

以上が、今回私に引っかかってきた島の土産。
皆さんのいつかの馬祖旅に役立ちますよう。
あ、そうそう。
島のスタバが台湾離島シリーズの
琺瑯マグを作っていたりしてましたよ。
スタバマグは、他の離島と4つ1セット。
行ったことこない島の土産も買えてしまう。


坑道は、観光化して押しまくっているので、見学して試飲できます。

馬祖の関わらず、台湾にお越しの際は
台湾のおばちゃんに習って、中が銀の傘も使ってみてください。
さっさと台湾のおばちゃんの真似をすればよかった。

あ!マンゴーも出てきたよ。

馬祖インフォ。


■高粱酒<馬祖酒廠>
南竿鄉復興村208號 http://www.matsuwine.com.tw/home.php
試飲もできます。
徒歩3分くらいに八八坑道
(坑道のお酒造り見学)も入場無料です。
坑道に入れる時間 
8:30~11:30 13:40~17:00

■紅糟料理醬 <林義和工坊>
馬祖南竿鄉四維村72號
08 362 2455


2018-05-23-WED
archives
  • 00
    馬祖ならではの
    おいしいもの。
    2018-05-02
  • 00
    ジャミロ・
    ルーローファン。
    2018-01-31
  • 00
    花蓮の地震。
    2018-02-14
  • 00
    オーガニック
    マーケット。
    2018-03-14
  • 00
    馬祖
    わたしの好きな
    絵になる離島。
    2018-04-04
  • 00
    馬祖
    絵になるワケ。
    2018-04-18
  • 00
    マンゴーのあとの
    フルーツ。
    2017-10-25
  • 00
    映画監督たちと
    会津へ。
    2017-11-15
  • 00
    映画監督たちと
    会津へ。
    2017-12-13
  • 00
    台湾最南端の県・
    屏東(ピンドン)
    2017-12-27
  • 00
    エコバッグと乾麺。
    2018-01-10
  • 00
    高雄ツアー 
    その3。
    2017-09-27
  • 00
    高雄ツアー 
    その2。
    2017-09-13
  • 00
    高雄ツアー 
    その1。
    2017-08-16
  • 00
    高雄のいいものを
    持ち帰る。
    2017-08-02
  • 00
    台北動物園
    2017-07-19
  • 00
    台北動物園
    2017-07-05
  • 00
    H.O.T Island Music
    Festival
    2017-06-21
  • 00
    台北で生ビールの
    時代が来た!
    2017-06-07
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その2
    2017-05-24
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その1
    2017-05-11
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好


新しいお店は「你好我好」の真隣です。
週末は空いていますが、
人手不足の時にはなんとなく開ける形を取ってます。
ご興味のある方はスタッフまでお声がけください。
人手が足りてればご案内できると思います!
ぜひ見てってください。

お店のブログ


■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook