HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

「電鍋」周辺グッズ。

先週末に大阪で、「電鍋DJ」やってきました。

電鍋DJとは、
私の新刊『台湾の「いいもの」を持ち帰る』
表紙にもなっている大同電鍋という旧式の炊飯器で
野菜スープや肉を煮ながら、講演会をするスタイル。



スイッチを入れて小一時間ほったらかして
講演をすすめ、そのうちにおいしい料理ができるという、
電鍋の便利ぶりを実演するものです。



この前の大阪の枚方T-SITEでの電鍋DJ。
野菜の旨味がにじみ出たスープを作りましたよ。

講演会の〆に蓋を開けると
「おお!」なんて声が上がるから、
電鍋がすごいのに私の小鼻が膨らみます。
電鍋DJというネーミングは、
「ダブルフェイマス」というバンドの
坂口修一郎さんがつけてくれました。
いつか、5台くらい並べてDJする
電鍋DJデラックスとかやれる日が来たらいいな。



なぜか山の中の廃校になった校舎で電鍋DJ。
隣にいるのが坂口さん。
このとき、坂口さんに醤油がかかって
「おっ!」なんて言われました。

最近ネタとして、
本が発売になったあと買った物があるんです。
それは、長いフタです。
深いフタ? 高いフタ? というのが
正しいかもしれませんが、
見た目のトンチンカンな感じがあるので
「長い」と呼んでいます。


長いフタの上には台湾の島の形がもっこりしています。

これは電鍋で何種か
違う料理を温めたり作ったりするときに便利。
形サイズ違いの容器に
それぞれの食材を入れて重ねて行くと
普通の蓋では2段が限度ですが、
これさえあれば4段四種はイケる。


長いフタです。

本で紹介した内鍋つかみや
陶器のカメ以外にも
電鍋周辺アイテムはいろんなのがあるんですよ。
ステンレス製で電鍋の上にハメるセイロもあって、
電鍋ライフの第二ステップは
周辺グッズを整えてみるのもいいでしょう。    


電鍋のっけ用ステンレスはこれ。
でも私は普通のせいろを乗っけています。

我が家は、6人前の電鍋にぴったりのセイロで
ナチュラル素材をあしらうコーディネイト。
うっかりさんには、空焚きの心配ゼロでノーケア蒸しが最高です。
そして、最後の最近ネタ。
「スチールの椅子を土産に買って帰ろうしている
日本人がいると巷で噂ですよ。」
とアシスタントから情報が入り、
いろんな人からここで言われてるよ、
とURLが送られてきました。
ネットで話題になんだと静観していたら、
ネットのニュースサイトで取り上げられ、
最終的にはそれを拾ってテレビニュースになりました
中身が日本語で読めてない台湾人は、
椅子の他に写真のハンガーやら
鍋つかみをみて驚いたみたいですが、
そんなに騒ぐことかよ、と逆に私が驚きました。
最近、そんなことがありました。

4月14日、15日は京都で
本の出版記念のトークイベントをします。
本の中の商品を90%持って行っての
展示&販売。みなさん、是非お越しください。

出版記念イベント
<台湾の「いいもの」を持ち帰る>
トークショー&展示販売会

本にまつわるトークと
本に出てくるものを引っさげて
小さな「你好我好」が京都に出没します!

会期 2017年04月14日(金),15日(土)
場所;浮島ガーデン京都 2階サロンスペース
料金;¥1,200-(ドリンク付き)
トークショー
<両日とも>16:00-17:00 人数限定
(申し込み制)
展示販売;
<両日とも>11:30-19:00
(トークショー開催時は一旦クローズ)

問い合わせ先 075-754-8333

申し込みフォーム

2017-04-12-WED
archives
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好

『台湾の「いいもの」を持ち帰る』の中にある商品が
どんどん入荷されています。
市場で探してもあるかどうかわからない
レアものもありますよ。

くわしくはこちらをどうぞ。

■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook