HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

子供と一緒に台東へ!
その2

焼き芋を食べて家族三人で、おならぷーぷーした翌朝。
ドキドキの熱気球体験です。

広場に朝6時半に集合で行ってみると、
子供に人気のアトラクションかと思いきや
想定年齢層を軽く18倍は超えてた人たちが
たむろしていました。
早起きはじいさんばあさんの得意技。

ホテル中の子供客はというと、
前の晩にヤシのはっぱを口に加えてプープー音を出しながら
ヤシの葉工芸を実演するおじいさんの虜になり、
薄暗い駐車場のようなスペースでやる
綿あめ作り無料体験にも魅せられて、朝は全滅の模様。
うちの子も然り、です。

気球のある広場に行くと、
昨日の焼き芋のコーチが、
気球のスタッフになりすましていました。
実は、昨晩は綿あめのコーチとして活躍。
多分、ホテルのレク係なんだろうと思いながら
近づいてみるとお芋のコーチは渋い顔。


「風が少しでもあるとグラグラ大揺れするんだ。」と話す、
昨日の焼き芋のコーチ。

綿あめのコーチとして活躍中の焼き芋のコーチ。

ポールに揚げられた遠くの鯉のぼりを指差し、
「あれが45度になびいていたら、気球は飛ばせない」と。
鯉のぼりはチョロチョロと45度に傾いていました。
本日は中止。
がーん……。

果敢に食ってかかりだすオジー&オバー。
「ちょっとくらい飛ばせばいいじゃないか?」
「ちょっともダメなのか?」
私の言いたいことを全部代弁してくれていますが、
オジー&オバーは、お金を払って乗る気の無い、
気球が上がる様を見たいだけのタダの野次馬。
これは、台湾のオジー&オバーの正常な姿です。

私は、無駄に早起きをしたと、
少々うなだれ気味で朝食を済ませ、
腹が膨れると朝風呂でも行こうか
という気になり始めたところに
フロントから部屋に電話がかかってきました。
「気球、飛びますよ! 早く降りてきてください!」
やっほー! 今度は家族で降りていきました。


「飛ぶよ!」と連絡を受けていくと、半分もっこりしていました。
料金は一人999元なり。子供は身長の制限があります

ゴーーーーーーーッと火燃やして熱気を噴射しています。
かなりの大音量。
工業用の大きな扇風機を使って熱気を送りこむと
あっという間に膨らんできます。


厳つい男どもが、何人もかかって膨らまします。

四方を地面とロープで繋いであるけど、
あれは船を船着き場にくっつけてるのと一緒。
バルーンに実際乗り込む時は、
男どもがグイとロープを手繰り寄せ、
カゴが地面についているその隙に乗り込みます。
男どもが手をはなすと、ふんわりと浮き始めました。

ホテルが俯瞰で見えるところまでくると、
いつも行っている都蘭山が遠くに見えました。
緑も空もありがたいほど広くてきれいです。
こんなに高いのに、ガラス越しじゃないのは初体験。
はしゃぐ私と怯える息子。


ホテルのは紐で繋がれたままなので漂いませんが、
もわ〜〜んと上がっていきます。
高いところが好きならきゃっきゃできます。

巨大な鼻ちょうちんのような影。

熱気球から降りたあとは、
ホテルであらかじめ頼んでいたレンタカーが着いたので
近くの龍田村へ。
日本統治時代に日本人が開拓した村です。
予備知識は、お茶畑があって、
日本人が作った神社を復興したものがあるとか
そんな程度で行ってみると
平で碁盤の目のように道路が気持ちよく、
自転車を借りて適当に走るのに最高の場所でした。
チョロチョロと日本時代の建物が目に入ります。
どーんと広い芝生のスペースは、
ハングライダーの着陸にも使われています。

偶然に通りかかったのは、日本時代の村役場。
小さい青空市が開催されていました。
窯焼きピザもあって、コーヒーもあって
西洋人のおじさんがパスタとパンを売っていました。
楽しそうにギターで歌っている人も。
ムーミン谷みたい。
お客は少しだけですが切れ目なくいい感じにきています。


日本時代の村役場がしあわせな集会所に。

しあわせな市は、週末のみ。ちょっと洋風。
コーヒー、フランスパン、窯焼きピザなどを売っています。

窯焼きピザをするのは、普段は自然農法のビワを作る農家さん。
昨年の台風で、今はビワ畑を休ませているそう。
今回の旅では、結構去年の台風の被害の話が耳に入りました。

そこは、村のおしゃれ農民さんたちが自費で直して
公民館のように使っている場所でした。
自転車のスピードで、可愛い喫茶店やお茶屋さんや、
どんぐり集めて真剣に売っているおばさんの店も
見つけられました。


どんぐりを集めて真剣に売る店。
客はどんぐりを選んでキーホルダーなんかを作る。
店主はトトロではなく、おばちゃんです。

大正12年に作られた神社。
2015年に日本の宮大工さんが来て84年ぶりに
当時の姿を取り戻したとか。無人状態で参拝は自由にできます。
真隣には、中華の廟がドン。

龍田村は何にもないけど
何かがみつけられる飽きない村で
相当気に入ってしまいました。
ホテルから車でたったの6分、
結果2日も通い2日とも龍田村で
ご飯を食べました。
ホテルの無料茶畑ツアーでも自転車を貸してくれるので
龍田村をサクッと体験できますよ。
他の台湾の田舎とはちょっと違う、
これから来るんじゃないかという
底力が感じられます。

空気もきれい。
自分たちも楽しかった。
子供孝行もできた!

※編集部より
青木さんの台北のお店「你好我好」が
東京青山のTOBICHIにちいさくオープンしています。
詳しくは、下記からどうぞ。

気球も持ってるし、
ペット同室のお部屋もペットが自由に走り回れる
広い芝生スペースもあり。
日本語名は、
「ルミナス ホットスプリング&リゾート」
なんて大層な名前が付いています。
焼き芋体験は天候不良がなければ毎日開催。

台東縣鹿野鄉中華路一段200號
電話+886-89-550888

※焼き芋は芋代のみ別途です。

鹿野神社

台東縣鹿野郷龍田村光榮路308號

2017-05-24-TUE
archives
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その1
    2017-05-11
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好


沖縄の空き地で、ずっとコーヒー淹れてる、
知る人ぞ知る有名人、ひばり屋コーヒーのさちこさんが、
沖縄の手ぬぐいを100種類持ち込んでイベントをします!
ご本人はやっぱり外がいいそうで、
店の外でコーヒー淹れてます。
日本でもなかなかお目にかかれない
素敵な柄の手ぬぐいが勢揃いしますので、
ぜひお越しください!

「手拭巾日和 雲雀屋咖啡 pop up shop」
6月3日、4日
(イベント後も6月20日まで手拭は展示販売しています) 



くわしくはこちらをどうぞ。

■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook