HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

市場のメッシュバック。

今、台北で「台湾のいいもの」の小さな展示をしています。
台湾の古い生活雑貨を扱う、
同じく迪化街界隈にある「地衣荒物」というお店と一緒です。
私たちの你好我好は、台湾の今の生活で使っているいいもの。
地衣荒物は、昔の台湾ライフに欠かせなかった、
竹かごや手作りの民芸チックなものが多め。
うちは大衆の日用品である、バリバリ工業製品中心。
日本家屋の小さな一室での展示で量は多くありませんが
地衣荒物は天井から古い籠を吊るし、
うちは、飽きもせず、
その隣に例の赤いパイナップルの
ぼんぼりを吊るしています。


展示は、こんな感じ。
我らの展示より、面白かったのが地衣荒物とここでやったトークショウ。
打ち合わせもなかったけど、
結局うちらの好みは 台湾の最近のデザインものではなく、
おばちゃん周りであったという話に。

場所は、VVG Chapter [文房]という日本統治時代の建物を
大工事で蘇らせたという、素敵な予約制の図書館。
無料なのに日本家屋と歴史を体感できるように
人数制限をし、ケーキも出してくれる、
ゆっくり過ごせるありがたい場所です。
是非行ってみてください。


日本家屋をいちど解体し再現した建物。縁側があって気持ちいい。
忠孝新生の駅近くです。

さて、その展示。
「地衣荒物」と持ち寄ったもので
ドンかぶりがありました。
台湾のおばちゃんの市場のお供、市場のメッシュバック。


トートバックより軽くて、海にもいけちゃう。
種類はここにあるのが全てではありませんよ。
持ち手の長いのは肩からかけられる。
小さいのは横幅20数センチのサイズ〜
写真の五号は60元(240円)、
持ち手が長いと70元(280円)。
我が店のメッシュバックは、おばちゃんから離れて
迪化街で新発展を遂げた、
色も柄もバリエーションも華やかなタイプ。
「地衣荒物」のは、
50年くらい前に使われていた畳のヘリっぽい柄、
モンペみたいな柄で渋い感じ。
和服と合わせても良さそうに見えます。

両者がメッシュバックを出してきたことで考えました。
台湾土産界のスターを、
レア物から見慣れたものまで
日々サーチしている私。
はっ! もしやこれは?
台湾の土産・食べない部門ではかなりの有望株⁉︎
そこに思考がびゅんっ。

一番小さいのなんて40元(120円)。
アホみたいに安い!
お土産をぽんと入れて渡すのは、
拙書「台湾のいいものを持ち帰る」でも書いた
王道の使い道!
中身がなんも入ってなくても
OLがランチにちょっと出るときも
携帯とお財布を入れる小バックとしても!
おばあさんである、実家の母も友達から頼まれるらしく
ここ数年、帰国時には毎回かなりの量を持ち帰ります。
我が故郷の町では、
家庭菜園で採った泥つき野菜が入れられたり、
スーパーに買い物に行くときに使って、
魚の汁が漏れてもへっちゃらと、
リアルなおばちゃん使いをするおばちゃんが続出です。

ものすごい数が日本に毎日持ち込まれているはず…。

何より、メッシュバックを売っている
迪化街の竹かごを売る店々が、
こぞって肌ツヤが良くなった!
着ているTシャツも輝く白になった!
(失礼だけど前はヨレヨレだった、、。)
これは、この業界が伸び伸びの証じゃないですかっ!

台湾のビルの解体現場では、メッシュバックに
コンクリートの瓦礫を入れて運ぶんですよ。
ビニール袋に占拠される前の台湾は、
メッシュバックに生魚を突っ込んで、
泥つき野菜を突っ込んでいたんですよ。
洗って速乾。
一見、エコ感薄いナイロンだけど、
布よりはるかに長持ち。
半永久的に使えるから
最強のエコバックかもしれない!

語尾に「!」が続きましたが、改めて。
私は、
迪化街の竹かごを売る店々の回し者ではありません。
よって、メッシュバックを押しても
私の肌ツヤは変わりません。


古い渋いのもちゃんとナイロンメッシュ。
この古い柄のを誰か復刻しないかしら。
復古して売ったら、顔の色艶が良くなりますね。絶対。

お土産に困ったら
「これはね、もともと台湾の市場でね…、
OLからおばちゃんから工事現場までイケるのよ。」
というお話つきで
いいお土産じゃないですか。
「台湾土産に、メッシュバック」という、提案でした。


2017-07-19-WED

你好我好 Nihaowohao ×
地衣荒物 Earthing Way ×
VVG Chapter [文房]
2017 / 07 / 07 Fri. - 2017 / 08 / 31 Thu.
器的足跡-尋找生活的原型

■ 地衣荒物 
https://earthingway.waca.ec
■VVG Chapter [文房] 
http://www.chapter.com.tw/#chapter3


大華源豐行

台北市大同區迪化街一段161號
(02)2553-0482  10:00~19:00
いろんな柄・サイズの
メッシュバック売ってる店としては
ナンバーワンの種類。


高建桶店 

台北市大同區迪化街一段161號
(02)2553-0482  10:00~19:00
いろんな柄・サイズの
メッシュバック売ってる店としては
ナンバーワンの種類。


archives
  • 00
    台北動物園
    2017-07-05
  • 00
    H.O.T Island Music
    Festival
    2017-06-21
  • 00
    台北で生ビールの
    時代が来た!
    2017-06-07
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その2
    2017-05-24
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その1
    2017-05-11
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好


このたび当店で扱っている
『正義餅行/花生酥』の価格を
1袋180元→1袋130元に値下げいたします。
内容量は同じです。
これまでは当店で詰め替えていたので
人件費や材料費等かかっていましたが、
メーカーの袋のまま販売可能になり
削減につながったので、
これまでよりお求めやすくなりました!
お土産にぜひどうぞ〜

くわしくはこちらをどうぞ。

■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook