HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

高雄ツアー その1。

前回宣伝した、高雄紹介のトークショー。
実は、偉そうに語るほど
高雄を知らなかったのでした。てへ。
どうせなら
蓮池潭の龍虎塔や愛河とか駁二藝術特區じゃない
青木の歩いた高雄をということで行ってきました。

まず向かったのは、
高雄の蒸籠ストリート(勝手に命名)。
今や台湾でも珍しい国産の手作り蒸籠が買えるのです。
そこは、材料やおがくずを散らかしているお店が
何件か並んでいますが、
制作している風を醸し出すために
おがくずを散らかしているだけ。
作っちゃいないお店もあり。
輸入の蒸籠や桶をしら〜っと売っていますので、要注意。
真面目に作っている爺さんもいます。
爺さんの技術を受け継いでいる孫もいる。
しばらくぶりに行ってみると
その爺さんの店は大家からの立ち退き依頼で、
同じ通りの端に引っ越していました。
でも、爺さんの元の店の場所では大家が
しら〜っと輸入の蒸籠を売っていました。
便乗商売の罠を避けながら、
本物の買い物をしてくださいね。


こんな感じの店が何軒か並んでいます。
ここはおじいさんから技術を受け継いだ孫の店。
ちゃんと作っている。


蒸籠はよくみると色々ある。
そこ面の丈竹が交差するところをビスで止めたり、
縁のワッパに鉄板が入っているのは、
堅牢なのがいい人向けで、
業務用で使われることが多い。
どっちにするかは好みだね、と孫説。


レストランなどの特注ものをこなす爺さんの腕はこれ。
写真の蓋の部分が爺さんの作品。
とても巨大なのがわかりますか?

その同じ並びには、竹製品屋。
こうゆう店は台湾製は少ないので、
あまり期待せず農民がよくかぶる傘帽子を見てみると、
ベトナム製の他に台湾製があることが発覚。
台湾製は、
幅広い筍の皮を重ねてあるので雨もしみてこない、
とおじさんドヤ顔。
おだてると奥に連れて行かれ、
ガメラみたいにイガイガした
古い傘帽子も見せてくれました。


ベトナム製と台湾製を説明しつつドヤ顔中。
こちらは60元。


台湾製は雨にも使えると、もっとドヤ顔。


昔のもの。
柿渋のようなものが塗ってあって民芸度高し。
600元。


昔のもの。
材料が違うからか、イガイガしている。
値段は不明。

友達が調べていた昭和っぽいカフェを求めて歩きだすと、
すぐ近所に浅草橋にありそうな
問屋風食器屋
(大同の白い食器の品揃えがスゴイ)が一軒。
このエリア、台北の迪化街と
太原路をくっつけたような場所と確信。


浅草橋のような食器屋に入ると、そこは大同陶瓷の宝庫。
こんなにたくさんのラインナップを保持する店は
なかなかないです。

そして、このエリアの近所には
カラスミ屋だってある。
カラスミパウダーなるありがたいものを
買ったことある店です。
カラスミをカラスミパスタにしようと買って帰っても、
おろし金で下ろすのは目が詰まってめんどくさいのです。
消費者の心を知っての商品開発か。
「消費者の心を知っての商品開発か。
いや、一生パスタなんて食べたことがなさそうな
爺さんがやってんだから、
形の悪いカラスミを売ってしまえと考案されたものだ。」
と自問自答
なんでもいいけど、ありがたい商品。
台湾南部が、カラスミの産地だということを、
台北では見つけにくいものを見て思い出しました。
そういえば、カラスミアイスキャンディーなんてのも
以前、珍芳烏魚子見学工廠というところで食べました。
生臭くなくて、カラスミがチーズみたいな効果を生んでいて
美味しかったです。
高雄に行ったらカラスミも忘れずに。


珍芳烏魚子のカラスミパウダーはこんな感じ。
結構な大袋。
カラスミパスタ一年分みたいなイメージ。

堀江商場という年寄りの原宿みたいな商店街もあります。
大通りから、筋が入り口を分けて垂直に伸びていて、
堀江商場一街、二街という具合にネーミングで、
店主はオール年寄り。


堀江商場の入り口。
こんな感じに大通りから何本か生えている。

客はほぼいないけど、
古くてずーっと動いていなさそうなものを売っていながら、
どこもきちんと整理整頓。
ホコリをかぶったもの、色あせたものがないのです。
さらには、調子のいいイージーリスンニングがBGM。
さびれていないんです。
人はいないけど、昔からそのまま売り続けている。
売り続けているゆるゆるパンツや
デカデカ歯ブラシやゴルゴっぽいサングラスがあって、
デッドストックの宝庫でした。

植毛が2倍の歯ブラシを売るおばあさん。
娘時代からやって今はおばあちゃんよと笑っていました。
売れなかろうかなんだろうが気にせず、綺麗に商品を並べている。


ふんわりタッチの綿で、ゴムもソフトな感じ。
小さな小花があしらった好感度。
履いていないような履きごごちと睨んだ。
買ってくればよかった。台湾製。


毛の植わっているところが2倍長い、台湾製の昔の歯ブラシ。
真剣に並べてホコリひとつ被っていない。


その後、双子の堀内孝雄風マネキンと
チャッキー風マネキンなんかにワーワーいって、
本当に真剣に昭和カフェに向かいました。


チャッキー


インナー着てないし、顔の描き方が微妙に違う。
左の顔が濃い目。

萬先蒸籠店


蒸籠ストリートのちゃんと作っている孫の店。
高雄市鹽埕區五福四路310號  
07 521 6886
• 孫といっても、もう角刈りのおっさんです。

永鴻竹器行

ドヤ顔で傘帽子を紹介する竹製品屋。
高雄市鹽埕區五福四路330號 
07 551 3836

正明洋餐具行

大同の白い食器の品揃えがスゴイ卸の食器屋。
高雄市鹽埕區五福四路278號 
07 561 2519

珍芳烏魚子

カラスミパウダーのあるカラスミ屋。
高雄市鹽埕區七賢三路131之2號 
07 551 7472

堀江商場

さびれてない年寄りのショッピングアーケード
高雄市五福二路と中山一路口。
高雄市五福二路から数本伸びる路地に広がる。

2017-08-02-WED
archives
  • 00
    高雄のいいものを
    持ち帰る。
    2017-08-02
  • 00
    台北動物園
    2017-07-19
  • 00
    台北動物園
    2017-07-05
  • 00
    H.O.T Island Music
    Festival
    2017-06-21
  • 00
    台北で生ビールの
    時代が来た!
    2017-06-07
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その2
    2017-05-24
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その1
    2017-05-11
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好


このたび当店で扱っている
『正義餅行/花生酥』の価格を
1袋180元→1袋130元に値下げいたします。
内容量は同じです。
これまでは当店で詰め替えていたので
人件費や材料費等かかっていましたが、
メーカーの袋のまま販売可能になり
削減につながったので、
これまでよりお求めやすくなりました!
お土産にぜひどうぞ〜

くわしくはこちらをどうぞ。

■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook