HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

子供と一緒に台東へ!

先日、子供孝行をするべく台東に行ってきました。
台東は、原住民が多く住んでいて
海も山も自然も文化もたっぷり。
海岸線を走るとタイの田舎みたいな雰囲気のある所です。
いつもは、海側にばかり行っていましたが、
今回はどっぷり山側へ。
いつもは民宿ですが、今回は温泉ホテルへ。
そう、台東は温泉があるんです。

私たちが泊まった鹿鳴温泉酒店は、お山の中腹。
台東駅からは車で30分くらい。
鹿鳴温泉酒店は一年中天候さえ問題なければ
気球に乗れるんで、このホテルへ。
台東は、毎年6月末からバルーンフェスがあるのですが、
それに関係なく浮ける。それで飛びついてこのホテル。

昼ごろ台東駅について
1日目はホテルでゆっくり過ごそうと
お迎えを頼みました。


ちょっとだけ遅れての到着で慌てる運転手さん。
最寄り駅である鹿野駅までは、
事前予約で日帰り湯のみのお客さんも含めて無料送迎。
台東駅、台東空港までは一人200元なので、
右も左もわからない人は便利かも〜。

ホテルまでの道のりには
緑でできたトンネルがずーっと続きます。

外で広々してるだけで何にもなくても、
子供は喜び飛び跳ねました。

ラッキーなことに早めに部屋に入れて
子供の間が持たないとアレなんで
自転車(無料)を借りました。

ホテルの外のサイクリングロードに行ってみましたが
気持ちいい下り坂があんまりにも長く続くんで、
帰りの地獄に怯えてすぐにホテルの敷地内に戻りました。
子供がいるので、敷地内は車を気にせず良かったです。

そして、お花とちょっとした野菜を自然に育てている
農園みたいなところへ。
そこを管理しているおばちゃんが話しかけてきました。
「あっちに牛いるよー。餌やってみる〜?」と
言うやいなや
ガシガシとその辺の草を豪快に刈りはじめ
「牛も豚も鹿も鶏も一緒にいるんだよ。」
とわざわざ連れて行ってくれました。



ホテルから農園管理を頼まれている人なんだけど
フレンドリーで親切で農園の植物と動物をこよなく愛す人でした。

おばちゃんが餌のやり方もおしえてくれます。

豚は顔のたるみが激しいブタブタしたブタ。
鶏は柵から漏れています。
二匹中、一匹の牛が本当でかい。
そしてこいつが草を見てすごいヨダレ。
ヨダレが風でたなびいて、
縦横無尽のレーザー光線みたいになるのを避けながら、
もう一匹の小さい牛に餌をあげたくて
わあわぁ騒いで楽しみました。


ぶたぶたしたぶた。

部屋に戻ろうとすると、ホテルのフロントで
「今から、焼き芋体験があるから行ってこい。」
と言われました。
夕ご飯まで、子供の間が持たないとまたアレなんで
時間つぶしにはなんでも行ってみる。

言われた場所は、
ルンルンした字で『焼き芋体験コーナ〜』
とあるのかと思いきや、なんの看板もなし。
ただの空き地で、焼き芋のコーチみたいなのがいました。
てっきり枯れ木でやるのかと思っていたら
「その辺から泥の塊を集めよ。」と言うんです。
私と、リアルくまモンのような
丸くてデカイうちの旦那と3歳の鼻垂れ小僧の
凸凹三人トリオに向かって、
空き地というシュチュエーションで
授業中みたいな口ぶりのコーチ。
我らも真面目にやりました。

丸っこい土の塊を集めたら、積み重ねて
中を空洞に小さなバベルの塔見たいのを作るのです。
まだ「焼き芋といえば焚き火だろ」
と思っている我々をよそに
コーチ、全然説明がない。

土団子をふわっと乗せて、どうも窯をつくるっぽい。
うまく泥を選んでいかないとばしゃっと崩れてしまう。
なかなかムズカシイ。
ヒヤヒヤしながら順番に一人一団子ずつそっと置く。
『黒ひげ危機一髪』みたいです。
コーチは「俺の背中を見て学べ」風で
コツは教えてくれません。
ですが私が置いたのを見て
「没有路!(道がない)」とか言うんです。
多分、「次の団子を置く場所がない」の意味。
荒くれ者の子供に
「あなたはあっちで勝手に泥遊び!」と参加禁止を命じ、
大人だけですっかり超集中。
ミイラ取りがミイラってやつです。


土団子焼き芋のスタート。
一応、蒔きと芋の出入り口を確保するために入り口は
ブロックで基礎工事。

こうやって積み上げる。
まだ、崩れやすいことを知らず、うちの小人も参戦中。

子供にはあっちに行ってもらい、
やっとここまでたどり着いた!

最後の1団子を置いた瞬間に崩れた
2回目の経験を生かし3回目で成功しました。
カマクラのようになっている入り口から蒔きをくべて
土団子が真っ黒になるまで火を焚き、
蒔きが全部灰になったら
小バベルの塔の中にホイルで包んだ芋を入れる。
コーチに
「崩れやすい土の塊じゃなくて
石でやればいいじゃない。
焼き芋といえば石だよ。」
と言うと
石は土より高温になるけど冷めるのが早いんだそうで
土は火種が消えても70度くらいを小一時間キープできて
甘くお芋が焼けると言い切られました。
へぇ〜。


轟々と火が燃えるとなんだか気分が高揚するもんです。
蒔きも調子に乗ってズンズン入れると、
突き刺しちゃったりしてここまで来ても
塔が崩れることもあるそう。

ホイルでまいた芋を入れたら天辺から、
芋の上に土団子がかぶさるように崩し
その上に土をかけ蒸し焼きにするんです。


塔を崩したら、さらっとした土をスコップでかぶせます。

ここまでやると、コーチはすっかり泥だらけになった
凸凹トリオに向かって
「一時間後に戻ってこい」
とおっしゃいましたので
温泉に浸かりに行きました。


台湾のお芋はもとが水分が豊富なだけに、
焼きあがったお芋のうまさには瞳孔が開きました!
甘さが素晴らしく、そのままスィートポテトみたい!

いやー、ハラハラドキドキの泥んこ遊び、
火を囲むのもいいですね。
後で知ったのですが、
台湾の田舎ではこんなリクリエーションは
昔、よくしていたんだそうです。
またすぐやりたいです。

牛の餌やりも焼き芋も子供が喜ぶかも、
と参加したら自分がかなり楽しんでしまいました。
翌る日早朝の、メインである熱気球体験の前に
このはしゃぎよう。

台湾国内の団体さんが多い
9年目のホテルではあるけれども、
原住民のスタッフ(コーチも農園担当もフロントも)の笑顔と
親しみやすさが沁みる、
自然と戯れられる子連れにオススメのホテルです!

次回に続く。

気球も持ってるし、
ペット同室のお部屋もペットが自由に走り回れる
広い芝生スペースもあり。
日本語名は、
「ルミナス ホットスプリング&リゾート」
なんて大層な名前が付いています。
焼き芋体験は天候不良がなければ毎日開催。

台東縣鹿野鄉中華路一段200號
電話+886-89-550888

※焼き芋は芋代のみ別途です。

2017-05-11-THU
archives
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好


沖縄の空き地で、ずっとコーヒー淹れてる、
知る人ぞ知る有名人、ひばり屋コーヒーのさちこさんが、
沖縄の手ぬぐいを100種類持ち込んでイベントをします!
ご本人はやっぱり外がいいそうで、
店の外でコーヒー淹れてます。
日本でもなかなかお目にかかれない
素敵な柄の手ぬぐいが勢揃いしますので、
ぜひお越しください!

「手拭巾日和 雲雀屋咖啡 pop up shop」
6月3日、4日
(イベント後も6月20日まで手拭は展示販売しています) 



くわしくはこちらをどうぞ。

■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook