HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

台湾—沖縄
H.O.T Island Music Festival

今、沖縄に来ています。

H.O.T Island Music Festival(島嶼音楽季)というのが、
開催されていて、
台湾から国を代表するような
原住民のアーティストがうじゃうじゃ
沖縄に来ているから見にきました。

台湾—沖縄間、飛行機で一時間。
近いんです。

H.O.T Island Music Festivalは、
ミュージシャンたちが、
生活体験や交流を通して文化を紹介し合う大会。
外向けにもちょっとした
ウィーアーザワールドみたいなライブもあり。
今年でもう四回目。
黒潮海流に乗って「どんぶらこ」と
島から島へ流れてきた黒潮文化圏。
その中でもご近所のこの二つの土地が
音楽交流で文化交流したら面白いんじゃないの?
と、台湾国立台東生活美学館がやっている
取り組みです。

台湾の原住民と沖縄の生粋なウチナンチュ、
似てるんですよ。

顔濃いし。
酒好きだし。
何かっちゅうと歌っちゃうし。
独自の言語に独特な文化風習があるし。

アミ族の言葉で、びっくりした時に
「アガッ」っていうんですけど
沖縄の人も、「アガッ」って言ってました。
これも黒潮文化でしょうか。

去年は台東で曲を作ったんですが、
アミ族の歌に
沖縄の三線と沖縄の合いの手の
「イヤサッサ」がするっと入っていました。
これも黒潮文化でしょうか。

あんまり知られてないけど
国連は、ウチナンチュを先住民族としているし。

台湾からのミュージシャンは、
結構な人たちがやって来ています。
台湾の権威ある音楽アワード・金曲賞がらみの人ばかり。
酔っ払ってることが多いけど、
すごいかっこいい爺さんの龍哥(ロンガー)や
台湾原住民界のマツコデラックス、
東冬(ドンドン。コンテンポラリーダンスもしますが、
巫女として祈祷もする)に
例のsuminなど。
スタッフ含めて30名近く来ています。
沖縄からも色んなミュージシャンが
参加しますよ。


原住民ブルース演歌。
ヘルメットして寝っ転がって
ギター弾き語りとかしてますよ。
ロンガーも今年の金曲賞に
ノミネートされています。

東冬。歌とかダンスじゃなく、
原住民の子供にテレビショッピング風に
奨学金のおすすめをしている映像。

アミ族のsumingが歌うこの映画主題歌は、
金曲賞で2016年の一番デカイ賞をとっています。
この部門に原住民語の曲が
ノミネートされただけでも大ごとだったので、
もう台湾の音楽史に新たな歴史が加わった感じです。

昨日は、みんな久辺三区(久志・豊原・辺野古)の
オジーオバーの家にそれぞれ
ウルルン滞在記をした模様。
今日は18:30から
辺野古コミュニティープラザで
伝統芸能交流会が見られます。

そのほか、台湾の原住民映画「太陽の子」の上映やライブ。
6月23日(金)@読谷村文化センター鳳ホール
6月24日(土)@宜野座村文化センターがらまんホール

原住民のコスプレ体験やランタンにお絵描きしたり、
野外ライブ。
6月25日(日)@沖縄県立博物館・美術館

H=花蓮(ホァーリェン)、
O=沖縄(オキナワ)、
T=台東(タイドン)のH.O.T。
この三箇所、音楽を切り口に
地に足つけた交流をゴマのような小さく始めて、
今年はスイカの種サイズになりました。
細く長くつづきますよう。

観光系の私もたまには文化系です。
ということで沖縄に来ています。

H.O.T Island Music Festival 詳しくはこちら


2016年の島嶼音楽季に生まれた曲。
アミ族の歌と沖縄の歌を合体させ、
それぞれの特徴を盛り込んで作った
ウィーアーザワールド風のもの。
歌は50秒くらいから始まります。


2017-06-21-WED
archives
  • 00
    台北で生ビールの
    時代が来た!
    2017-06-07
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その2
    2017-05-24
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その1
    2017-05-11
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好


このたび当店で扱っている
『正義餅行/花生酥』の価格を
1袋180元→1袋130元に値下げいたします。
内容量は同じです。
これまでは当店で詰め替えていたので
人件費や材料費等かかっていましたが、
メーカーの袋のまま販売可能になり
削減につながったので、
これまでよりお求めやすくなりました!
お土産にぜひどうぞ〜

くわしくはこちらをどうぞ。

■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook